職場

    21 :名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木) 23:38:26 ID:???
    いきなりだけど
    婆の職場に数年前に凄いイケメンが入ってきたの
    職場の周辺でも、ここにイケメンが居ると噂になるほどのレベル
    婆は若いイケメンで目の保養をしてたのだけど
    彼、20台のイケメンのわりには長いことフリーなのよ
    不思議に思ってたら、ある日彼女が出来たとのこと
    でもその後直ぐに振られたと聞いたのよ
    やっぱり不思議に思ってたわけだけど、
    このほどイケメン君と同じチームで仕事することになったの
    そしたらわかったわけよ
    彼、仕事できない、空気読めない、軽くワキガ
    同じチームだと激しく実害があったの
    そんな彼だけど、イケメンすぎるせいか、煙たがられたりまではしない
    同僚として皆そこそこ可愛いがってる
    けれど、彼女という濃ゆいお付き合いではやはり振られちゃうのね
    これが残念のイケメンって奴なのねと納得したわ

    345 :1/3 2015/10/09(金) 02:02:52 ID:7bW
    職場の元先輩がスレタイ。
    その人は中学生くらいから精神年齢がちっとも成長してないような人でした。
    この人をAとします。
    当時年齢で僕が25、Aが30くらいです。

    多少下品な表現と、多大に下品な男が登場しますので嫌な方はスルーお願いします。

    僕はちょっとあって、体をさらすのが大きなコンプレックスになっていて、
    昔から海水浴や温泉旅行の類には行かないようにしていました。
    社会人となってからは付き合いもあって行くことはあっても、
    例えば海なら、ビーチで遊ぶことはあっても泳ぐことはありませんし、
    温泉にも少なくとも仲間と一緒に入ると言うことはしていませんでした。

    あるとき、ちょっとした社員旅行のような行事があり、部署の全員で温泉旅行に行くことになりました。
    何度か同じ行事はありましたが、Aはその年転属で来たばかりだったのでその旅行で一緒になるのははじめてでした。

    このAと言う男はとにかくガサツで下品でして、
    道中のマイクロバスの中でも一人だけハイテンションで、
    お酒を飲みながらずっと運転手の女性.社員に絡んでました。
    温泉旅館に着いてからも、僕は仲間と軽く観光に出る予定だったのですが、Aに付き合わされるはめになりました。

    夕方までひとしきり(主にAが)騒いでさあ温泉となって、ようやく解放される……と思ったのですが、
    僕が一緒に行かないと知るやAが大暴れ…。
    定番の「ネ果の付き合い」から始まって「コンプレックスなど男らしくない」など、こちらの話などまるで聞きません。
    まあ、男らしくないコンプレックスと言うのは否定できないんですが、
    だからと言って嫌なものは嫌なので。

    結局その場は折よく観光から帰ってきた上司に説得されて行きました。

    1 :名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水) 20:45:42 ID:HtE
    ほんとに無理ですお腹痛いんで無理ですって言われたけど、
    嘘ついてるんだと思って思い切りグラス持って全部流し込んだんだ
    そしたらトイレ行ってくるって言って、
    トイレから出てこなかった
    しばらくして他の子が様子見に行ったら気絶してて、
    救急車呼ぶことになった。
    俺が無理矢理飲ませたからってことで同伴、俺だけじゃ不安だからって女の子2人同伴
    新人女が病室で意識戻ったから、親御さんか誰か呼ぶか聞いたら、
    近所に彼氏住んでるからって言われて女の子がスマホ借りて呼んでた。
    そんで彼氏来たんだけど、もうめちゃくちゃ怖いの
    なんでこんなおとなしそうな子がこんなでかい男と付き合ってんのってくらい、
    で、いきなり「酒飲ませたん誰?」
    開口一番これ

    852 :名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土) 16:02:50 ID:XHY
    数年前働いてた職場の話。

    その職場は若い人が少なくて、当時その部署で20代前半だったのは私とあと一人の先輩だけだった。
    私が新しく入ってから、周りの先輩方は私とその先輩(以下A先輩とします)を何かとカップルのように扱うようになった。
    例えば飲み会の時は隣に座らされたり、仕事中も「Aくんいま休憩行ったよ、一緒に行かなくていいの?(笑)」と言われたり、
    「社内恋愛多いらしいよこの会社」とわざとA先輩もいる場で私に言ったり、私の苗字をA先輩の苗字にしたり。

    私は長く付き合っている恋人もいたので、言われるたびに「彼氏がいるのでそれはない、A先輩も困るだろうのでやめてほしい」と言い否定してきた。
    が、A先輩は違ったようで、だんだんと休日に食事に誘ってきたり、仕事の休憩中や昼食の時に私と一緒に行動しようとする事が頻繁になっていった。
    もちろんA先輩も私に恋人がいるのは知っていたし、毎度毎度丁重に断ってきた。

    そんな中のとある日、彼氏とのデート中にA先輩と駅で鉢合わせした。
    こちらは何も悪いことはしていないけれど、逆恨みで暴れるケースなどがふっと頭によぎって冷や汗がだらだら出てきた。
    が、A先輩は思いのほか大人しく、「あ、それが言ってた彼氏さんなんだね」の一言でそのときは終わった。

    やっとわかってもらったんだ、これからは職場での冷やかしはともかくA先輩からのお誘いが減ってくるかな、と楽観視していたが、違った。
    次に出社した日のお昼休み、昼食を食べる私のところにA先輩がやってきて、私の手をとって「今の彼氏はあの人かもしれないけど…でも、僕らは公認だよね」と言った。

    はやし立てる周囲の人々や、それに少し照れたように首の後ろあたりを掻くA先輩に、マジかこいつら…と目眩がしてきた。
    いろいろな言葉が頭に浮かんできたけれど、「ない、ないです。本当にやめてください。迷惑です」と半泣きで繰り返すことしかできなかった。

    その様子を見ていた別部署の女の子から心配されて、「傍目から見ててもあれはやばい」と言われたので、やっぱりそうだよねと決心がつき、すっぱり会社を辞めた。
    元々遠方での就職だったので越してきていたが、アパートも解約して実家に戻った。
    辞めてすぐのときはA先輩や同じ部署だった人からショートメールがたくさん来たが、何も返信せず機種変した。

    なんであんなにA先輩と私をくっつけようとする空気があの部署にあったのか、いまだに謎。

    600 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/19(土) 21:13:03 ID:4JRHl1bW.net
    小さな企業のカスタマーサービス部署で働いている。
    この部署、ひとは10人に満たなくて、上司も現場にいないから
    クレーム電話があったら「たまたま」電話を受けたヒラが最後まで対応しなきゃいけない。
    離職率が高いから、入社1年ちょい、部署の中では2番目に新人の私が対応することもある。
    しかもお客さんは先生と呼ばれる職種の社会的な権威がある人たち。
    30代女性.ばかりのチームだから、たいてい「責任者を出せ」と拗れる。

    ちなみにクレーム対応マニュアルやスーパーバイザーシステムみたいなものはない。
    先輩たちは基本、ひたすら「すみませんでした…」と何十分も怒鳴られながら謝り「わかりませんすみません」と誤魔化す、というやり方をとってる。
    私はそのやり方も部分的に参考にはしつつ、クレーム対応を本やネットコースで独学中。

    さて、年末のクソ忙しい時期に私がたまたまものすごく悪質なクレーマーに当たった。
    たしかに我が社のミスで、すぐに対応したが
    「時間を返せ。ミスしたやつが謝罪に来い。謝罪文をかけ。御社はどういう体制なんだ」と怒り続けた。
    私(その案件には一切関わってない)は謝り続け、非を認め、聞かれた質問に回答し、
    過大な要求には丁重にお断りした。
    この間、一時間の電話を3件、メールのやり取り10通。上司にも状況を報告した。

    先輩たち(ミスした張本人も含む)は「大変そうですねー」と言いながら見てた。
    アドバイスや、対応を代わってくれるという話は皆無。

    それでも話をなんとかかんとかまとめてクレームは収束したが、ここからがひどい。
    ・1人の先輩(本人もクレーム対応は全然うまくない、私より5年この会社の先輩)が
    「(私)さんはお客様にこんな言葉遣いをしてました。あれはないと思います」上司(実際のやり取りは聞いてない)に報告
    ・真に受けた上司が、「ここはいけなかった」と私にダメ出し、
    その他、結果だけ見て対応のアラを探して注意

    たまたま運悪くクレーマー対応を引き受けて、
    先輩の対応を見ながら必タヒに頑張った若手をそういう風にいうか?
    流石に上司に抗議したし、チームへの不信感でいっぱいだわ

    このページのトップヘ