離婚

    425 :愛とタヒの名無しさん 2016/09/11(日) 11:41:52 ID:R9XsHMnJ.net
    私も元旦那とは2月に出会って同年11月に結婚した
    5回目のデートくらいでプロポーズされて、
    毎週土日は式の用意、親の顔合わせ、衣装選び、新居探しと殆どデートができない状態でトントン拍子で結婚
    元旦那色白の田原俊彦似の商社勤務で営業成績1位。33才で年収800万。親は公務員だったので、老後の金の心配はない。
    私の親も黒字経営の個人経営者、私は百貨店勤務の28歳だった。
    この上ない最高の式挙げました~ 一緒に暮らし始めました~
    義母メンヘラ~ 義父ギャンブルで3000マン以上の借金まみれ~~
    我が親に金を貸してくれてと請求~ 親ブチ切れ~ 親同士絶縁~ それでもなんとか2人はやって行こうと13年の月日が過ぎ~
    私の母が亡くなり父が一人暮らし~ 私、父宅に料理洗濯で仕事帰りに毎日足を運ぶ 旦那嫉妬する~
    俺かお父さんかどちらかを選べ!! 父は施設に入ります、今探しているので待って下さい
    あかん~ 今すぐ選べ!! 非人道すぎます!あなたが出ていかれてはどうですか?! 離婚届けを置いて出ていきましたとさ。

    本当に二人だけの事であれば、続いていたのかもしれないですが、
    トントン拍子で結婚しても、蓋を開けたら色んなものが出て来る

    結婚して、まったく何もなく、幸せな家庭なんて見た事がないわw

    そうとわかっていても男性.は女性.を求め、
    女性.は男性.を求めてしまう…

    913 :1/2 2011/10/14(金) 14:31:48 0
    待ちの間に数年前の話。でっかいフェイク入れてるのでつじつま合わなかったらごめんなさい。
    登場人物にはすべて元がつきます。エ□話でグロくもあるので注意。

    結婚後、自営を手伝うと言うことで即同居。私も従業員になりました。
    義父鬼籍、義母はバイクで旅に出るのが趣味という人で、経営してるのは義姉。
    なので同居と言っても暮らしてるのは義姉・夫・私。
    そして、義姉には院生の婚約者がいて、卒業後に結婚する予定でした。
    その院生さんはよく家に晩御飯を食べに来て時々泊まっていました。
    感じのいい人だったし、生活費も義姉を通じてもらっていたので特に気にせず。
    ある日、義姉と夫が出かけていない休日、院生さんが家に訪ねてきました。
    普段は外で会ってから一緒に来るので珍しいなと思いつつ、義姉の不在を告げると「(私)さんに話がある」と。
    居間にあがってもらうと、院生さんはレコーダーを出しました。
    続きます。

    600 :名無しさんといつまでも一緒 2018/03/27(火) 12:52:42 0.net
    元嫁が、元嫁が務める会社の同僚に孕まされてた。
    突然、元嫁の調子が悪くなり、寝込む様になった。
    それが悪阻だと分かって喜んでたが、元嫁からの告白で真実がわかった。
    直ぐに考えればわかる事だが俺は避妊してたし。
    嫁の向こうへ行きたいと言う意思が強く別れることにしてやった。
    もう5年も前の話。

    875 :愛とタヒの名無しさん 2008/12/02(火) 01:02:14
    従兄弟の披露宴に出席した時の話です。

    披露宴にて、久々に親類一同が集合したので会話に花が咲き
    「せっかくだし、披露宴の後でどっかの居酒屋に行って飲もう」なんて話になっていました。
    そんな私らの会話を、近くを歩いていた新婦の親族が聞いたらしいのですが
    何がどう間違ったのか
    「新郎の親類一族が、二次会の会場に全員で行くらしい」と誤解されてしまったようです。

    ちなみに二次会は、新郎新婦の友人や同僚のような若者が中心で企画されているようなので
    両家の親族は参加しないし、そもそも、招待すらされていません。
    幹事が誰かも知りません。

    しかし、この勘違いが、お色直しで席を外していた新婦の耳に入ってしまったんです。
    一緒に席を外した新婦の母が言ったらしいのですが、新婦が激怒。

    お色直しを済ませて入場した新婦は、とてつもない不機嫌な表情をして
    大袈裟に肩を上下させて溜息を吐いたり、わざと細目でカメラを睨んだり
    新郎をヒールで蹴ったり肘でこづいたり。
    新郎親類だけでなく、招待客全体が「新婦が変…?」と微妙な空気に包まれたまま披露宴がお開きに。

    招待客のお見送りのために、入り口の金屏風前に立った新婦が
    新婦友人と顔を合わせた途端
    「あーーーーーあーーー!!ってか!!アレか!!こりゃ離婚っすかねーーー!!」と
    明るく絶叫し、新郎も慌てるし両家両親もワタワタするしで
    ものすごく微妙な状態で披露宴が終わりました。

    私ら親族は、なんか変だなーと言いながらも近所の居酒屋に移動。
    何時間か楽しくおしゃべりしてオヒラキにしたので、その夜は楽しい気分のまま眠れました。

    538 :名無しさん@HOME 2010/04/10(土) 00:58:22 0
    規制解除されたので、投稿してみる。
    数年前に離婚した夫の話。登場人物には全て元がつきます。

    夫、私ともに20代半ば、一年半付き合い、結婚して一年半くらいでした。
    ウトメさん50代近距離別居、義弟遠方住み、コトメちゃん新社会人
    嫁が姑にいびられて欲しかった夫の話。

    1、夫がウトメさん、コトメちゃんに私の悪口を吹き込む。
    2、私を義実家に派遣する。
    3、私苛められる。
    が、夫の描いたストーリーだった。

    しかし、義実家は、
    1、また夫婦喧嘩?夫婦は喧嘩するくらいが丁度いいのよ~
    2、嫁子ちゃんいらっしゃい~今日は何して遊ぶ??
    3、さらに仲良くなる。
    となり、私は全く苛められる事なく、普通に仲良くしてた。
    自分でも良い義家族にめぐり合えて幸せだって思ってたし、うちの両親も喜んでた。

    夫は、
    ・俺は家族に苛められてた。
    ・コトメばかり優遇してた。
    ・自分の代わりのサンドバック=嫁を差し出せば自分も家族の一員になれる。
    と思い込んでた。

    このページのトップヘ