360 :名無しさん@おーぷん 2019/11/09(土) 12:53:52 ID:QD.yi.L4
    母方祖父母の家になぜか児童相談所の職員が来たらしい。通報があったんだって。
    でも高齢の祖父母しか住んでおらず、子供なんていないのでその旨伝え「間違い電話では?」と帰ってもらった。
    その後も何度も通報があったようで、電話確認があったり来訪があったり。
    意味不明だったんだけど、父(DV野郎。両親は離婚済み)から「ざまあみろ、逮捕されろ!」みたいな内容の電話が来て、通報者が父だと判明した。
    父は児童相談所に「妻が浮気して家を出ていった。娘を無断で連れて行ったので誘拐だ」と電話したらしい。
    「右も左もわからない年端もいかない子を誘拐して洗脳する気だ。浮気相手にきっと虐待されてる」とか色々吹きまくったようで
    母が逮捕され、娘を取り戻せる、ざまぁwwと勝利宣言していた。
    でも上にも書いた通り、両親が離婚したのは父のDV。
    母は再婚してるが浮気したからじゃなく、離婚後六年経ってから同僚と再婚しただけ。
    この再婚話を聞きつけて、「浮気だ、娘が虐待される!」の電話に繋がった模様。
    でも娘=私は右も左もわからない年端もいかない子じゃなく、現在二十一歳の大学生です。左右わかるし善悪もわかる。ていうか法学部だ。
    大体、離婚した時だって決して「年端もいかない子」じゃなかったよ。神経わからん。

    312 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/08(金) 14:41:10 .net
    流れを読めていなかったらすみません
    23歳でデキ婚をしたのですが、最近になってそれが夫による計画的なものだということが判明し動揺しています
    夫への愛情は変わりませんが気持ちの落としどころが分かりません
    どう気持ちを切り替えれば良いでしょうか?

    716 :名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日) 09:09:21 ID:EFD
    犬の散歩をしていたら、柵に絡ませた蔓に小っちゃいスイカみたいな模様の実がたくさん生ったお宅があった。
    スイカと違って緑だけでなく赤いのや黄色っぽいのもあって、かわいい実だなと思って見ていたら
    その家のご主人らしい人が立ち上がって(しゃがんで作業してたの気付かなかった)「なに?」みたいな顔されたので
    「すいません、この実が可愛いからちょっと見てました」って言ったのね。
    怪しいものではないですってこと伝えたくて。
    そしたらその男性が「ああ、これ。サッと洗って齧ってみ?甘くておいしいんだよ」って言って
    ブチブチブチッって3個ちぎってくれたの。
    「え?食べられるんですか?」って聞いたら「皮のままでいいんだ。すごい甘いから」って。
    お礼を言って帰ってきたんだけど、やっぱり知らないものを口にするの怖かったからネットで調べてみた。
    “スイカみたいな模様の実”って検索しただけで直ぐに出てきた。
    そしたら毒があるから絶対食べないようにって書いてあってgkbl。
    あの男性、何かと混同して育ててるんだろうか。まさか冗談で知ってて食えって言ったんじゃないよね。

    278 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/01(日) 19:51:16 ID:OJET3nR4
    付き合いたての彼女が同棲をしたいと言ってきた
    まだ付き合いたてだし早いんじゃないかと言ったが
    同棲したい理由が「俺の事を本当に好きで将来結婚したい」
    そして「親が病気だから家賃節約して仕送りしてあげたい」
    親思いで俺と結婚したいと思ってくれてる事が嬉しくて部屋を探すことにした

    部屋が決まって引越しの日
    俺の方は午前中で彼女が午後に荷物を入れる手配だったのに
    いくら待っても彼女と荷物がこない
    携帯は電源が切れてる
    まさか事故じゃないだろうなと心配になり業者に問い合わせると
    3日前に彼女の分だけキャンセル入ってたorz

    半年後男と歩いてる彼女を見つけた
    振られたのはいいけど一言言ってやらないと気が済まなかった
    俺「おい早百合」
    彼女「どちらさまですか?」
    俺「どちらさまじゃねえだろうがお前が同棲したいっつうから部屋借りたのにどうしてくれんだよ」
    彼女「どなたかとお間違えでは?」
    俺「間違えるわけねえだろうが!」
    男はえ?っえ?って顔してる

    1 :托卵奥 2014/06/27(金) 15:04:57 ID:QVQPqn8Vc
    同じような奥様いる?
    全然バレてないんだけどwww

    このページのトップヘ