友人

    643 :名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土) 10:29:11 ID:J4A
    友人のA子、結婚と同時に仕事を辞めて専業主婦だった。
    シフトがあって勤務時間が不規則な旦那さんの希望だったそうで、
    彼女自身も専業主婦希望だったからwin-win(最早タヒ語w)。
    ある時友達同士で家計のやりくりの話になったとき
    A子のところは何もかも旦那さんがやってるとの事だった。
    A子は月々10万渡されて、そこから食事を作り日用品を買い、
    残った分はお小遣いになるそうだ。
    家賃や公共料金の支払いも車や保険や税金等、
    とにかく日々のこと以外は全て旦那さんが管理してるらしい。
    聞けばお給料いくらもらってるか、年収いくらかも知らないと言う。
    だからもちろん貯金がいくらあるかも知らないし、
    どれぐらいの保険に入ってるかも知らない。
    「それって不安じゃない?」「せめて年収と貯金額ぐらい知らないと不味くない?」と聞いても
    旦那さんは家庭をものすごく大事にする人で
    しかも頭がいいので全て任せて大丈夫!
    私(A子)は数字とか苦手だし、保険とか税金とか分からないから
    今のやり方が楽だからいいの!との事。
    まぁ本人がいいなら回りがどうこう言うことじゃないし。
    が、それから10年ぐらい経って、旦那さんが突然タヒ。
    社会人一年生の時に加入した生命保険はまだ受取人が母親のままだった。
    夫婦の貯金はやっと7ケタ。
    亡くなった旦那さんが生前友人に語っていたらしいが、
    旦那さんの実家がかなり裕福で、そんなにカツカツに暮らして貯金しなくても
    いずれ大金入って来るから今は貯金はあまり考えていないと言ってたらしい。
    相続するまで生きていれば予定通りだったんだろうけど
    捕らぬ狸の皮算用もいいとこで、しかもA子希望の小梨だったので
    わずかな貯金も一部義父母に持っていかれそうになったそうな。
    最終的には、A子がほとんど無一文で未亡人になったのが気の毒で
    放棄してくれたらしいが、義母とは折り合いが悪かったので
    放棄と引き換えに思いっきり嫌味を炸裂されたらしいが。

    一段落して又みんなで集まって、
    それまでの経緯を泣きながら愚痴をこぼされた時
    大変だったね、これから頑張ってね、と声を掛ける一方で
    だから言わんこっちゃない感も半端なかった。

    503 :名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水) 17:42:25 ID:???
    この間、婆のお友達数人とおしゃべりしてて、牛丼の話になったのね。
    それでどこの牛丼が美味しい、どこの牛丼が好き、って色々話してたの。
    そしたらね、ある婆さまが「M屋が一番好き。Y野家とすK家はケチだから嫌い」って言うの。
    婆を含めその場にいた他の婆さまたちみんな、頭の上ででっかい「?」マーク乗っけて
    「ケチって???」って聞いたの。
    そしたらその婆さまが言うには、M屋では
    うどんとごはんを注文して、ごはんに牛丼のつゆをかけてくれって言ったらかけてくれるらしいの。
    でもY野家とすK家は断られるんだって。
    そんなこと店員さんにお願いしようって考えたことすらなかったわ。
    っていうか、それってケチなんじゃなくて店員さんがルールを守ってるだけじゃないかしら。
    と思ったけど、普通のお店でも勝手にメニューをカスタマイズして注文する人をたまに見かけるからアリなのかしら?
    婆には出来ないわ。なんか恥ずかしいというか、みっともないって思っちゃう。
    これも“やったもん勝ち”なのかしらね。

    46 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/15(月) 21:23:20 ID:P5SwtDr6.net
    かなり昔の話だが、あと沖縄の人には先に謝っておく
    元友人と、夏に旅行しよう、行き先は北海道か沖縄どっちがいい?っていう話になった(お互い関西在住だった)
    かなり迷った末に元友人の「南国の青い海が見たい!」が決定打になって沖縄を選んだはいいが、いざ現地で文句垂れまくり
    「こっちの料理、チャンプルー系の油ものか炭水化物の塊の沖縄そばばっかりで太りそうだわ…
    同じ油ものや麺類でも、イタリアンのパスタ三昧とかならまだ耐えられたんだけどな~」
    終いには「もう本土にあるようなチェーンのファミレスとかでいいよ」とかぬかすから
    不馴れな土地で車を走らせてファミレス探したことが今となっては一番記憶に残っている
    もしも北海道選んでたらこの理由で絶縁することは無かったのかもしれんが、歴史にifはないよな

    214 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/24(土) 19:53:07
    今日、友達宅の汚宅清掃に行ってきた。
    あまりに気持ち悪くて一回吐いてしまったよ。
    うちも昔は汚宅だったがまだ初級レベルだったようだ。
    今日だけでは片付かず明日も手伝うことになった。
    友達も友達嫁も身なりは小綺麗なんだかなぁ。
    ニュースに出てくる汚宅みたいだったよ。
    変なスライムやネズミの即身仏とか珍品ごろごろしてたし。

    665 :名無しさん@おーぷん 2015/10/23(金) 14:24:52 ID:p4x
    長年の友達と縁を切った話をする。
    A…俺と小中高と一緒だった。部活も同じ
    A嫁…俺嫁と同じ大学。当時彼女がいないAに俺嫁が紹介した。
    登場人物は当時全員30代。

    A夫婦と俺夫婦は20代後半で結婚し、30代半ばになっても子ができなかった。
    4人で食事会などすることが多く、A夫婦は「俺夫婦もまだ子がいないんだしいいか」
    俺夫婦は「A夫婦もまだ子がいないんだしいいか」とお互い思っていたフシがある。

    そしてある日、A嫁が妊娠した。
    先を越されたなという気持ちはなくもなかったが、当然嫁とお祝いを包んだ。
    妊娠4~5ヶ月くらいまでは普通に友達付き合いが続いていた。

    ある日俺が仕事を終えて帰宅し、留守電を聞くとAから罵詈雑言のメッセージが入っていた。
    詳しくは書きたくないが、欠陥夫婦、もうA夫婦に近づくな、というような内容だった。
    嫁には聞かせたくなかったので消去した。
    夜になってAに電話しようと思ったが、向こうから縁切りしたがっているものを
    俺から連絡とってやる必要はないかと思い、やめた。
    その後嫁から「最近Aさん来ないね」と言われたが「向こうは嫁の妊娠で忙しいらしいから」
    と言ってごまかした。
    A嫁とうちの嫁は変わらず連絡をとっているようなので何も言わずにおいた。

    このページのトップヘ