DQN返し

    675 :名無しさん@HOME 2018/03/27(火) 17:05:15 0.net
    うちも出産時に押しかける義実家だったわ
    毎日のように来られて退院後夫に泣きながら愚痴ったら、二人目からは、落ち着いてた

    そんな義実家へのプチDQN返し
    初孫が生まれた時にフィーバーしたトメ
    上に書いたように病院に押しかけるわ、自分の飲みかけの飲み物飲まそうとするわ、抱っこしたら私の目の届かない所に行こうとするわ
    嬉しくて悪気無いのは分かるんだけど、ひとつひとつが重なってイライラしてた所に
    「ばぁばや、おばあちゃんなんて呼ばせないわ。なんて呼ばせようかしら?やっぱり〇〇(自分の名前)ちゃん?」
    とか言い出した
    これが、化粧やファッションにも気を使って綺麗な人だったり、新しい物が大好きなハイカラ婆さんならまだ分かるけど、
    今時パンチパーマで割烹着のようなチュニック着て、柿、レーズン、カボチャの煮物、蒸し芋が大好きで、
    スマホ?そんなのは使う気ないわ。な何処からどう見てもTHEおばあちゃんなトメ。
    ええ、呼んで差し上げてます、私が。
    子(孫)にはしっかり、ばぁばで教えこみました
    スーパーや出先で〇〇ちゃーん!みてみてー!って大きな声で呼ぶとなんとも言えない表情になるトメ
    夫は仲良しだと思ってるわ

    906 :名無しの心子知らず 2018/06/01(金) 14:07:44 ID:qx6PsqAc.net
    4年生放置子が忄生に興味持ちはじめたみたいで気持ち悪い。
    夕方5時に来てトイレ貸せだの喉かわいただの言ってきたけどじゃあ帰りなって相手にしなかったら
    「何だよ!女なんて股から赤ちゃん出すくせに!キモいw」
    って言うからじゃあ自分はどうやって産まれたと思ってんのって言ったら言葉に詰まって走って逃げたけど。
    キモいならもう来ないでねって後ろ姿に声かけたけど聞こえたかな

    649 :可愛い奥様 2018/07/04(水) 09:32:20 .net
    微ヱロ話注意です。

    昔付き合ってた彼氏が亭主関白様だった。
    女は尽くして当たり前って考えで、至らない部分があれば「指摘してやってるんだからありがたく思え」というスタンスで上から目線で罵倒。
    さっさと別れればよかったんだけど、絶対別れ話こじれるなと思うと面倒で、すんなり別れられるいい機会を伺ってた。

    そんな感じで過ごしていたら、ある時「乜ックスは女から誘うのが当たり前」みたいなことを言ってきた。
    「気持ちよくさせてやってるんだから、そっちがお願いしますと言ってこい」だそう。
    その日のうちに甲斐甲斐しくお願いしますと彼に言った。

    彼は大満足そうな顔して、しゃーねーなみたいな感じで乜ックス開始。
    私?一切喘がなかった。顔色もひとつも変えなかった。
    完全な冷凍マグロ。
    必タヒになってる彼に、それ痛いからやめて、と冷めた声で言い、
    途中でブチ切れた彼に、「気持ちよくしてくれるんじゃないの?なに?私のせいなの?逆ギレ?」と反論。

    ついでに「今までの乜ックスは全部演技。気を遣うの大変だったんだよw
    あ、不感症とか言うのはやめてね。元彼との乜ックスではちゃんとイッたことあるから。
    あと指の力強すぎてパソツ2枚だめになったことあるんだけど、あんなのあなたが初めてだから気をつけたほうがいいよ。」
    と言ったら愕然としてたw

    で、そのまま帰宅。
    こっちからなにも連絡せずにいたら、あっちもなにも連絡よこさず、そのまま自然消滅した。
    自信を喪失したのか、あんなこと言っちゃう女が嫌になったのか、どっちだかは知らないけど別れられたのでオールオッケー!

    167 :本当にあった怖い名無し 2009/09/05(土) 00:29:07 ID:2LqQXUyjQ
    たいした復讐ではありませんが

    小学生の頃自宅が山の中だったせいで、いじめっ子グループに「原始人」と呼ばれイジメられ続けました
    給食にミミズを入れられたり、「原始人は服着ないよね」と下着姿にされたり

    一生懸命仕返しを考えお年玉2万円を千円札にしてウルシの葉と一緒に透明なゴミ袋に投入、いじめっ子グループの遊び場で待ち伏せし彼女達が来た所で袋を置き隠れて様子見、帰った後でウルシを回収

    作戦は成功し、彼女達はしばらく学校を休みました

    462 :本当にあった怖い名無し 2013/05/28(火) 11:00:01 ID:xngNbrMN0
    きつい流産をして実家で療養していたら、地元の幼馴染のA子がお見舞いに来た。
    はじめは慰めてくれてたけど、
    うちの旦那が毎日花を持ってきてくれる話が出た途端、
    流産ぐらいたいしたことじゃないって話になっていき、
    「うちなんか母子家庭で、父親が最低で、養育費一銭も出さなかったから、
    本当につらい子ども時代だったよ。
    それに比べれば、流産なんか不幸のうちに入らないよ。
    病気でもないのに、大事に寝かされて、世の中舌氏めてる。
    私が小さい頃は、病気でも誰も面倒見てくれなかったのに、
    あんたは大人のくせに、なに甘やかされてんの。こういうのむかつく」
    と言われた。

    このページのトップヘ