DQN返し

    790 :名無しさん@HOME 2009/03/09(月) 09:32:35 O
    流れ読まずに長文失礼します
    スレ違いだったらごめんなさい

    結婚三年目
    義実家は大トメ、ウト、ウト弟家族の三世帯?同居
    盆暮れ正月程度に顔を見せに行く感じ

    トメは離婚しているので、うちのわりと近所に別住まい
    良トメで冴えない夫に援護射撃してくれたり、なんだかんだと頻繁に会っている

    なぜかウト弟がそれを気にくわないらしく、
    察して風にこちらにももっと顔をだすべきとか、夫を立てるのが妻の仕事でしょうとか何度も何度も何度も私に言ってくる

    それだけならいいが、酒に酔ってんだか自分に酔ってんだか
    ヤマなしオチなしの家系自慢や、どうも胸タッチを狙って、いきなり上着を着させようとしてきたり

    初めて会ったときから距離なしというか次男はっちゃけというか癖の強い人で、
    夫に訴えても私の自意識過剰だとか言われて余計むかついてしまい
    ウトは空気で大トメは顔をしかめる程度にたまに諫め、
    ウト弟家族は呆れて放置→あとで謝罪
    たまーにしか会わないし仕方ないかと、適当にあしらっていたのだが

    つい先日、機会があったのでおとなしい嫁の皮脱いでみました

    771 :名無しさん@HOME 2010/02/14(日) 22:13:08 0
    若干スレチですが。
    つい最近実話系漫画で漫画家が友達の家のやってる
    温泉旅館に卒業旅行で泊まりに行ったら、皆で入浴中
    そこの父親が突撃してきて風呂の湯まで飲んで女子高生との
    混浴を楽しんだという体験談を書いていたのだが、
    私もよく似た被害に遭ったことがある。
    高校生の時友人が4~5人泊まりに来た際、敷地内別居だったのだが
    祖父が「うちの方が風呂が広いから使いなさい」と言い、
    実際祖父母宅の風呂は5、6人入ってもOKな位の広さで
    何ひとつ怪しむことなく普通にそちらへと向かった。
    のんびり入浴中、ニタニタした顔で飛び込んで来た祖父と叔父。
    勿論全ネ果。あまりのことに悲鳴をあげることはおろか、
    湯から出てネ果を見られる怖さから動けもしない私達。
    ニタニタしながら2人は湯船へと向かって来る。
    ここで自分のせいで友達が!!何とかしなきゃと
    咄嗟に風呂のフタ(特大)を放り投げて、下敷きになったところを
    ガシガシ踏みつけまくった。途中から友達も参加。騒ぎで母やってくる。
    この事件で祖父と叔父の10数年に渡る母へのセク八ラ行為が発覚。
    私にだけは手を出させまいと堪え続けていた母の思いに泣いた。
    父もセク八ラを止めなかったらしい。これがきっかけとなり離婚。
    その頃の友達で繋がっている子とも、今は笑い話になってるが
    風呂の床が叔父だか祖父の鼻血で染まっていくさまは今でも忘れられない。

    3 :名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木) 09:12:24 ID:R6F
    フェイクありますが、それ以外は全部事実です
    なんかおかしくね?と感じた部分はフェイクだと思ってください

    去年の電車での出来事。
    満員ってほどじゃないが立ち人がちらほらいる程度の込み具合。
    私は3駅ほどで降りるので、扉付近に立っていた。
    電車に乗る人なら知ってると思うけど、立っている人間にとって、扉付近は落ち着くんだよね。
    そんなわけで私だけでなく、その車両の扉の両端の手すりには全て誰かが立っていた。

    んで私が乗った駅の次の駅でのこと。
    私の目の前で開いたドアから高校生くらいのミニスカ女が乗ってきた。
    このミニスカ女、スマホをいじりながら当たり前みたいに勢いで私を押し退け扉の前をキープ。
    「はぁ?」と小さい声で言ったらこちらをチラッと見て、無視。
    身長160なくてガリ女だから弱そうだと思ったんだと思う
    女はデブではないけど170はあった。
    かなり頭に来たので反撃を決意。

    559 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/27(水) 13:38:40 ID:t5Yg0jvv
    武勇伝になるか分からないけど、今から約5年ほど前にたまたま一人の女友達に
    「誰か女の子紹介して!」って頼んだらOKってコトで
    後日4人(俺、女友達、女友達の彼氏(俺も知り合い)紹介相手)で会う事になって
    その日はまぁ4人で飯食いに行って終了って感じで終わって、それから始めて2人で
    会う事になった時の話。
    その日は仕事の関係で俺は全然寝てなくて2人で飯食ってる時でも睡魔に襲われるコト数度
    さすがに限界を感じてきて「じゃあボチボチ帰りますか?」って事になって
    2人共、電車(地下鉄)だったから地下通路を切符売り場に向かって歩いてたのね
    そしたら突然、肩に「ドーーン!!」っていう衝撃が走って最初「痛っ!何!?」って思って
    パッて彼女の方見たら彼女が尻餅着いて倒れてた、で、結局何が起きたかっていうと
    俺達2人が並んで歩いてる間をメガネブタのリーマン親父がワザと物凄い勢いで突進してぶつかってきてた
    地下通路って凄い広くて2人並んで歩いてても何の邪魔にもならないから故意なのは明らか
    で、俺は倒れてる彼女の姿を見たのと寝てないのもあって冷静になれず完全にブチギレ!
    だって俺ですらカナリの衝撃あったのに、その彼女は華奢だったから相当な衝撃だったハズ。
    で、そのまま通り過ぎて行こうとする親父に向かってケツキック!
    そしたら親父は3、4歩進んでからこっちに振り返って「なんじゃ!お前ぇぇぇ!!」って叫びやがった
    普通、逆だろ!で、俺はあんまり背が高くないのに対し親父はブタゴリラって感じの体格だったから
    その3、4歩の距離を走って親父の顔面目掛けて無謀にも飛び蹴りwww当たる訳ねー!
    でも、こういうショーモナイことする親父は所詮、見た目だけの木偶の坊なんだろうな、見事にヒットしたww

    547 :名無しさん@おーぷん 2019/10/25(金) 11:50:52 ID:mZD
    四ヶ月前にこのスレに書き込もうとして途中でやめたテキスト発見。
    続きを書いてみる。

    結婚してから即同居。義母は専業主婦、私は在宅仕事。
    ずっと家にいる私がうざいらしく(仕事部屋にずっとこもってるしPCしか使ってないから静かなんだけど)
    しょーもない用事で何度も呼び出して仕事を中断させたり、共同の水まわりを使うたび「居候が増えて水道代が増えた」という意味のイヤミを毎回言われたり
    近所への示威行動なのか人目があるところでわざと重い荷物を運ばされたり、仕事用具を「ゴミかと思った」と捨てられたり
    PC使ってる最中いきなりブレーカー落とされたり色々ちまちまやられてきた。
    ある日義母と一階で顔を合わせた時「辛気くさい顔ね」って言われた。正確な発音としては「辛気くさい顔ねぇ~~ん」って感じのねっとりした言い方。
    なんとなく「辛気くさい顔ねぇ~~ん」ってそのままオウム返しにして、義母をじろじろ見てやったら、驚いた顔して逃げて行った。
    その日以来面白くなって、義母に「デブね」とか「このへんの空気臭い」とか言われるたび、オウム返しにしてじろじろ見返してやってる。
    そのたび逃げていくのが面白い。

    と、ここまで書いたのが四ヶ月前。
    書きながら「うわーしょぼい仕返し。アホくさ。なんで私こんなことしてんだろ」と思ったから、スレに書き込むのをやめて、
    PCと身の回りの物をまとめてビジホに移動した。
    ビジホは静かでルームサービスもあって、誰にも邪魔されず仕事がとても捗った。
    結婚前は夫>>自分だったから同居したけど、冷静に考えたら今の息子返りした夫に対しては愛情ガタ減りだ。
    自分>>仕事>>>>>>>夫くらいになってると気づいた。
    四ヶ月前は夫のこと一行も書いてないのも笑える。
    その後は締め切り日にデータ送付終了までビジホにいて、レオパレスに移動。
    レオパで暮らしながらアパートを探し、心療内科を受診し、現在に至る。

    在宅仕事だからPCと椅子さえあればどこでも稼げるし、義親に払ってた家賃+光熱費+食費が浮けば一人暮らしなんか余裕。
    嫁イビリについては日記つけてたし、SNSで毎日こっそり吐き出してたからそれも証拠になるだろうし
    心療内科から軽度欝との診断書ももらった。
    その旨夫に連絡し「離婚しましょう。いやなら調停」と申し出た。
    夫の返事は「なんで?急にどうして?」「帰ってきて!お金入れて!!」
    義母はご近所に「お嫁さんの姿が最近見えないけど?」と聞かれるたび汗ダラダラで「風邪なんです!」と言ってるらしい。
    四ヶ月も風邪引き続けてる嫁か。どう考えてもご近所は気づいてるでしょう。
    私が毎月入れてた金は入ってこないし奴隷自慢できないし、重い荷物を持つ人もいなくなって苦労してるようだ。
    空気な義父からスマホに「居所だけでも教えるように」と命令口調な留守電が入ってたが、無視した。
    税理士さんから紹介してもらった弁護士さんからさらに紹介で、離婚に強い弁護士さんを雇えそうなので気持ちに余裕が出来、
    フォルダ整理してたら四ヶ月前のテキストが見つかったので、今度こそ書き込み。

    このページのトップヘ