衝撃的

    787 :名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日) 12:45:11 ID:qSW
    両親が長らく海外赴任していたので、幼いころから祖母の家に預けられてた
    祖母は決して悪い人ではなく、むしろ私のことを溺愛してくれてたんだけど
    「せめて二重だったらねぇ」と不憫そうに私の顔を見て言うのが嫌だった
    両親も祖母も、亡くなった祖父も皆外人みたいなぱっちり二重だったから
    久しぶりに会えた両親にまで「せめて二重だったら」を言って
    しかも両親も「本当にねぇ」と気の毒そうに言うので泣きそうになった

    でも私が二重にすると言い出すと「親からもらった顔にメスを入れるなんて」と
    祖母・両親ともに大反対
    相変わらず「せめて二重なら」と言われ続けて自分の顔に自信が持てなくなり
    典型的な暗い喪ブスキャラになった

    就職して初めてお給料をもらった日に、祖母・両親にプレゼントを買うつもりで
    4人でデパートに行った
    店員さんが「あら、可愛らしいお孫さん」とお世辞を言ってくれたのに
    祖母・両親ともそろって「悪くはないんだけど、でも目がねぇ・・・」と残念顔

    これにプチンして、夏・冬のボーナスで二重の手術をした
    美容整形に行ったら「あなたの瞼は眼瞼下垂という病気。結構重症で、視力にも影響が
    出ていると思うので手術したほうがいい」と言われて超びっくりした
    病気だから保険が適用されて、両目併せて10万弱で二重になった

    帰宅して縫い目のある手術痕を祖母・両親に見せると激怒していたので、
    「あんたらが散々いじめてくれた一重は病気だったんだって
    誰のせいで今まで苦労したと思ってるんだ」と大暴れしてやった

    家を飛び出して、手術代で浮いたお金でビジホ借りて、そのまま一度も帰らずに
    社員寮に転居してやった
    会社では整形うんぬんでひそひそされたけど無視して、正義感の強い子にだけ
    眼瞼下垂のことを告白したら、その子がスピーカーになってくれて
    「病気の治療で二重になった人を整形扱いするのはどうなの?」という風潮になり
    いつの間にか沈静化した

    祖母・両親は今でもたまに手紙を寄越して帰ってこいだなんていうけど
    皆の希望通り「せめて二重」になったら人生が明るく開けたような気分になって
    彼氏もできて楽しいので絶対に帰ってやらない

    733 :名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月) 17:20:17 ID:QZx
    今朝も雪で事故があったからその度に思い出す修羅場。

    自分は車屋なんだけど、ある日出社すると社長から
    「お客様のAさんが追突事故を起こされて自走が出来ないから車を引き上げてきて」と。
    自分も「あー、昨日から降り続いてたしスリップ事故ですかね?」
    と、すぐに積載車に乗って教えられた現場へ。

    現場は国道の交差点。
    出勤ラッシュも少し落ち着いてきた時間だし20分程で現場到着。
    途中、救急車にすれ違ったから
    「人身事故か?車も積載車に簡単に積めれば良いな~」位に考えていたんだけど、何かいつもの事故現場と違ってパトカーが多い。

    引き上げる予定のAさんの車は追突した側。
    近くにいたお巡りさんに
    「A様の車を引き上げに来た○○自動車ですが~」と言ったら
    「ちょっと待ってくれ」と言われ
    「わかりました。引き上げOKなら呼んでください」とそのまま積載車で待機。
    その時点で追突したAさんも追突されたほうのドライバーも現場にはいなかったけど人身事故だとよくある事。

    それにしても、いくら国道とは言えこのパトカーの多さは何だろう?と、Aさんの車を見ると映画で見るような鑑識班みたいな人達が車内を調べている。
    「?」と思い、よく見たら交通課にはとても見えない私服の刑事っぽい人もいて雰囲気が重々しい。
    「朝から飲酒?もしかしてヤバイ薬を服用して運転!?いや、社長からは通勤途中に追突したような事も聞いたし…?」
    その後お巡りさんから引き上げOKもらったけど何故か事故車を警察署に運んでほしいと。
    自分も「わかりました」と言いながら内心は
    「やっぱり飲酒か薬に間違いないな」とその時は思ってた。
    警察署で車を降ろしてから会社に戻り社長に、これこれこんな現場でもしかして飲酒とかなら事故の保険がもめるかも?と話してから通常の業務へ。

    夕方Aさんの奥様が代理で引き上げ料金や自動車保険について来社され、色々と説明ついでに
    「飲酒の場合など通常以外では保険も~」
    と恐る恐る言ってみたところ、奥様の説明から朝の重々しい事故現場の雰囲気の原因が判明。

    話によるとAさんは雪とか関係なく前方不注意で赤信号で止まった前の車に衝突。
    すぐさま前の車に行ってドライバーに「すみません!」や「大丈夫ですか!?お怪我はありませんか!?」と言うつもりが、慌てたAさんが思わず出た言葉が、

    「どうでした!?」

    それを聞いたドライバーはわざと狙って追突してきたと思い、すぐさま携帯で
    「狙われてるんです!」「杀殳される!!」と110番。
    Aさんは「違うんです!そんなつもりじゃないんです!」とドライバーに説明しようとしていたらしいが、ドライバーが追突で首が痛むと救急車に乗ったため、警察に計画的事故と疑われながらの現場検証が真相でした。

    警察署でまったく面識のないドライバーさんとの交遊関係など色々と調べられたらしいAさんが修羅場だったと思うけど、この時期スリップによる追突事故を見ると今でも思い出します。

    長文失礼しましたm(__)m


    19 :名無しさん@おーぷん 2018/06/22(金) 18:05:13 ID:aXJ
    元彼と私はオタ系イベントで知り合った。
    3年付き合って結婚の話が出て、お互いの友達に紹介し合うようになったら元彼が変わってしまった。
    私の友達は非オタの、若手俳優とかバンドが好きなふつーの子が九割。
    元彼は「実はオタク女が嫌いだ」と衝撃のカミングアウトをし
    「やっぱり普通の子がいい。お前の友達の○○ちゃんを好きになった」と宣言。
    私を「ノーマルカップル好きのフリをしているけど腐女子なんだろう。オタク女は99%腐女子」と決めつけ
    「腐女子なのを隠して俺と付き合ったんだから、今後つきとまとったら結婚詐欺で訴える」と一方的に私はフラれました。
    その後○○ちゃん(LRay系コンサバフェミニン美人)に近づこうとしたけど着信拒否済で失敗。
    別の友達××ちゃん(nonno系カジュアルガーリー、カワイイ)に以下同文で
    「なんで?」と荒れてるらしいけどそりゃそうでしょ、そんな理由で友達をフった男に近寄りたがる女はいないよ…
    私がフラれた時点で○○を始め友達全員に注意喚起したし、むしろなぜそれをしないと思ったの?と言いたい。

    201 :おさかなくわえた名無しさん 2008/07/21(月) 13:00:47 ID:9IH1qosu
    私がテレビで見たのは、障害者夫婦が子供をほしがって、支援団体の支援もあり
    生むことができてよかったんだけど、もう一人ほしいって言い出した。
    さすがに支援団体も「一人いる状態でも支援が大変なのに、これ以上子供ができたら支援できない」
    って何度も説得したのに、勝手に作っちゃって、支援団体が手を引いた。

    「支援してもらえないと子供が育てられない」って泣く障害者夫婦。
    障害者夫婦でももちろん子供を持ちたいだろうし、支援があって可能なら、支援してmロ合って
    持つこともいいだろうけど、その支援を当然と思っちゃったのかな。
    「障害者は子供が一人でがまんしないといけないの?」て泣いてた気がするんだけど、
    経済的な面で一人であきらめた夫婦だっているんだし、なんとなく同情できなかった。

    615 :名無しさん@おーぷん 2016/10/15(土) 10:43:13 ID:QgU
    私は体型のせいで昔よく痴漢に遭ってた。
    ボン・キュッ・ボンならぬス…ッボン!!みたいな体型。
    顔は線四本と丸だけで顔が描けるくらい超地味顔なので、大人しそうに思われるのも原因だと思う。
    ただ顔に似合わず気が強かったので、触ってくる手を抓ってやったり手を掴んで捻ってやったりして反撃したりしてた。

    ある日電車に乗ると、満員ではなかったが座席は埋まっていたので立っていた。
    止まったある駅で、ひょろっとした三十代くらいの男が近づいてきていきなりお尻をむんずと掴まれた。
    あまりのことにびっくりして「ぁぐぇ!?」と変な声が出た。
    信じられないことに男は私のお尻を数回揉んでから私から離れ、その駅ですっと降りようとした。
    ちょうど見える位置に座っていた優しそうなおじさんが「お前何やってるんだ!」と言ってくれたし、入り口に立っていた高校生くらいの二人組の男の子がそいつを捕まえてくれた。
    そしたら男が
    「あんたこれ見て触らずにいられるかよ!?」とすごい勢いで怒鳴った。
    私もおじさんも男の子たちもそこにいる乗客たちもぽかーんとなってたと思う。
    「あなたは触られるために生まれてきたお尻なんだ!!」
    「俺はこれを触るために生きてきたんだー!!!」
    とかなんとかめちゃくちゃなことを叫んでた。

    結局その痴漢は駅員さんに引き渡されたんだけど、
    「あれ見たら!!触らないわけにはいかないでしょうが!!!そうでしょ!?」
    って唾飛ばして怒鳴ってて駅員さん困ってたし、あまりに力説されるものだからすごく注目されたような気がして恥ずかしかった。

    一緒に降りてくれたおじさんとその隣にいた女性(恐らく奥さん)に
    「変な人がいるね」
    「怖かったでしょう」と慰めてくれたのが救いだったけど、あんな痴漢は後にも先にもあれだけだった。

    当時付き合っていた彼氏(今の夫)に「こんなことがあって」というと
    「気持ちはわかる」と言ったのでちょっと喧嘩になった。

    このページのトップヘ