衝撃的

    605 :名無しさん@HOME 2011/05/10(火) 15:13:25 0
    この夫捨てたい…。
    うちは都内住み結婚三年目。
    家は親の代に建てた二世帯住宅(玄関一つ風呂共有台所別内部ドアなし)
    そこに私の父・母・妹と私と夫で住んでいる。ちなみに小梨。
    こんな感じの家族構成。
    で、この家に夫が夫の妹を泊めたいと言ってきてる。
    夫の妹は大学生。
    うちが都内なので長期休暇とかに妹を泊めて鼠の国とかいろいろ行かせてあげたいらしい。
    妹だけで短期ならばまだいいんだけど、問題は夫の妹と、その友人数人も一緒に泊めたいとのこと。
    しかも期間は一週間や二週間希望。
    「大学生だから遊びたい盛り、でも東京のホテルは高いから学生には無理。でもこの家なら宿泊費タダじゃん」
    …と、いうのが夫の意見。
    うちは民宿じゃないんですが。

    725 :名無しさん@おーぷん 2014/11/04(火) 23:16:37 ID:???
    長文失礼。
    数年前、長女を出産した時の事。
    予定日より1ヶ月以上早く破水して、陣痛促進剤を使って4日がかりでの出産になったんだけど、赤ちゃんは小さいながらも無事に生まれてくれて、あー良かったーって安心したのもつかの間、胎盤がなかなか出て来なくて、助産師がお腹を押しつつ胎盤を引っ張った瞬間、激痛とざばーっと血が流れる音が。
    そこからは朦朧としてて時系列がはっきりしないんだけど、ダバダバ血を流しながら担架に乗せられて手術室に運ばれる途中、真っ青な顔で見送る旦那と目があったのだけは覚えてる。
    後で聞いたら、子宮内反っていう2万人に1人とかの珍しい症例だったらしい。
    胎盤に子宮がくっついたまま、裏返って外に出てきちゃってたんだって。
    痛みのショックとか、出血多量とかでタヒ亡する確率も高い状態で、処置に時間がかかると、子宮が戻せなくて全摘出になる可能性もあったらしいんだけど、手術は無事に成功して、今年二人目を出産しました。
    二人目の時は裏返らずに済んで良かったー。

    202 :名無しさん@HOME 2018/05/09(水) 10:42:39 0.net
    文章力ないのでわかりにくかったらごめんなさい
    我が家の長女の実の親は義兄夫婦
    ウトメが当時2歳前の長女がネグレクトでやせ細ってるのを発見して保護
    夫や単身赴任中の義兄へ連絡して、話し合いを拒否した義兄嫁を除いた家族会議に私も出席
    話し合いを通じてわかったのは、義兄も長女に無関心だったこと
    ウトメが引き取るのでまとまりかけたところに、私たち夫婦が待ったを
    ウトメは義兄出産時点で高齢出産だったため、当時すでに60を超えていて、長女が成人するまで健在かどうかわからない
    そして私は婚前に患った婦人系の病気で妊娠するのは低確率
    その後夫と散々話し合い、子供が欲しかった私たち夫婦は決心して我が家で引き取ることに
    その時点で義兄嫁は単身赴任中の義兄の元へ、養子にという話も関心がないらしく、好きなようにしてくれと
    義兄も引き取ってくれるならどうぞという姿勢
    手続きをして正式に我が家へ長女を迎えた
    育児は大変だった ネグレクトされていてもママが恋しくて泣く長女にこっちまで泣きそうになったり
    しかし途中で投げ出すくらいなら最初から引き取ってないと、ウトメの力を借りながら夫と必タヒに育てた
    何ヶ月もすると長女に実の親の記憶がなくなったのかママと泣かなくなり、言葉をきちんと話せるようになると私たちをパパママと呼ぶように
    数年後幸運にも長男に恵まれ家族4人幸せに暮らしていたのに
    先日義兄嫁が突然我が家に来た
    家は戸建てで住所が変わってなかったです
    15年音信不通だったので最初は誰かわからなかったが自己紹介されて何で今頃と
    長女に会いたい、ずっと忘れられなかったという義兄嫁に物凄く憤った
    長女は自分が養女だと知らないので、下手をうてば長女が傷付くと思い、長女は外出中で本人の意思を確認したい、時間をくれ、連絡はこちらからすると伝えて引き取ってもらった
    夫とまだ健在であるウトメへすぐ連絡、当然激怒
    長女は大学受験を控えていて義兄嫁のことを教えたくない
    時期が来たらいずれわかることなので話すつもりではあるが今ではないなと
    念のため弁護士を探しているが義兄嫁が凸してきて長女が傷つくんじゃないかと心配でならない
    それに母親なんだから会う権利があるの言葉にも本当に憤る

    36 :名無しさん@HOME 2004/10/25(月) 12:10:39
    母は私が小さい頃に他界したのだが、その後父に恋人ができた。
    幼心にも「あれ、この女の人、トーさんがいるときといないときとじゃ性格が
    違うなぁ」とは感じていた。その後父とは別れた。

    10年以上たった去年、たまたま父の知り合いに聞いたのだがあの女性は父に
    「あたしと結婚したいのなら、子供(私)をどっかに預けて。でないと結婚は無理」
    といったそうだ。そして結果おじゃん。

    未だに父は一人身。

    515 :可愛い奥様 2013/11/16(土) 08:49:31 ID:p28IrTiK0
    携帯が出始めの頃、同じキャリアから間違いメールが届いた。
    無視しても良かったが、
    「お間違えではありませんか?」
    と返信した事から遠距離の既婚男性とメル友になった。
    一年位、お互いの趣味や相方の事、子供の事等やり取りして、一番の友達みたいな錯覚をおこした。

    相手は30歳の大型車のドライバーだった。
    当時私は33歳だった。
    毎日早朝の私からの「おはよう。」から始まり、相手の昼休みと仕事終わる前の、相手の「じゃ又あした!」で終わっていた。

    ある日を境に突然、メールが途絶えた。
    単なるメル友だったけど、近々、真ん中辺り(大阪)でオフ会みたいなものでもしよう、と話していた頃だった。

    それから一年経った頃、突然、見知らぬ電話番号からメールが来た。
    「〇〇だよ。電話番号変えて無くて良かった。ごめんね、心配したかな?」
    との内容だったけど、以前と書き方が違う様な気がした。
    が、またメールをやり取りした。

    このページのトップヘ