無神経

    93 :名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火) 13:25:11 ID:6pr
    我が家の子供達は男男女の順の3兄妹。
    長男と次男は年の離れた妹が可愛くて可愛くて仕方ないらしく、接し方はまさにお姫様扱いといった感じw
    毎日2人で「今日は僕がお世話する!」「いや、今日は僕だ!」とお世話係を奪い合ってる。
    (ちなみに長男8歳、次男6歳、長女1歳。)
    そんなうちの子達を自分の子供にしたがる義兄嫁がウザい。
    私や旦那に会う度、「お願い…。私を子供達のママにさせて下さい…。ちゃんと必ず幸せにしますから…。」と泣き縋るんだ。
    なんでも、我が家の子供達が理想そのままなんだとさ。
    3兄妹という所も、男男女という順番も、妹を奪い合うお兄ちゃん達って姿も、とにかく何から何まで理想通りなんだって。
    子供の事に関しては同情するけど、だからと言って自分の大事な子供をはい、どーぞであげる訳ないでしょうよ…。
    子供が作れないなら作れないで諦めるか養子でもとりゃいいのに。

    520 :名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火) 18:31:07 ID:doL
    主人と口論になりました。冷静な意見をいただければと思います。

    主人42、私が37の結婚6年目、専業主婦です。主人は子供を欲しがっていましたが、
    私が子供をそんなに好きではないのと、なんとなく怖いのもあって拒否していて、
    主人もそれに理解を示してくれ、今まで子供を持たずにいました。
    その後、夫婦生活が段々減ってきたのと、先日旧友にあったときに、
    その子供を抱かせて貰って、子供を持つのも悪くないなと思い始めました。

    その後、その気持ちを主人に話したところ、そんな話を今更されても困る。
    子供を作る為の貯金やプランをしていなかった。
    子供を作りたい気持ちはあるが、現実的ではないので、もう諦めなさいと言われました。

    主人に反対されるとは思っていなかったので、とても驚いて、そこから喧嘩になってしまいました。
    主人を説得できる言葉などがあれば、教えてください。

    543 :恋人は名無しさん 2018/03/14(水) 23:53:00 ID:9h9gzpzG0.net
    今から帰ったわ~→お疲れ様~→いや別に疲れてないけどね?
    今から帰るわ~→そうなんだ、気をつけてね→気をつけるようなことなんかないけどね
    今夜はまだ冷えるな~→そうだね、少し肌寒いね→別に寒くはないですけど?
    映画見に行くわ→そうなんだ、楽しんでね~→別にそこまで見たくもないんだけどね

    なんかHPがじわじわと減っていくのを感じる

    592 :名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木) 10:28:18 ID:???
    ゼミの奴にイタ電されたこと。

    恥ずかしい話だが俺はまだ内定がない。
    だから企業からかかってくる非通知の電話に神経質になっている。

    こないだ志望度の高い企業の面接を受けた翌日に非通知でかかってきた。
    しかし電話をしてきたのは大手の内定を複数持っているAだった。
    「企業からだと思ったっしょ?まだ内定無いって頭大丈夫か?」だってよ。

    なんか怒りよりも自分の無力感の方が大きい。
    Aが社会の底辺と馬鹿にしている介護や外食だって雇ってくれれば俺は真面目に働くのに内定はもらえない。

    とりあえず自分は他人を傷付けるような真似は絶対にしないと思ったよ。

    291 :名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日) 18:14:26 ID:QWD
    たぶん叩かれるだろうなーと思いつつ書く。
    俺30代後半。
    友人が若い女と結婚するらしく、評判になっていた。
    友人の会社に新卒で入ってきた子つまり23らしい。
    当然皆スゲースゲーの大合唱で、正直かなり期待していたのは否定できない
    今思うと勝手な期待なんだが。
    でも23歳!若い、ピチピチ!って言われたら
    やはりアイドルみたいな子を想像してしまうのは仕方ないよな?
    実際会ってみたら
    顔面吹き出物だらけのデブスだった。
    なんでも鑑定団のレポーターに松尾伴内?とかいう奴がいるじゃん
    あんな感じの汚い肌。
    体重は80キロ以下ではありえない体型。
    俺達が「ああ…うん……」みたいな反応になったのを見て
    友人嫁(予定)は泣いて帰り、友人は激怒。
    確かに俺達にも落ち度はあったと思う。
    だが100%悪いってことはないと思うんだ…

    このページのトップヘ