秘密

    460 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 18:58:04 0.net
    黒い過去ってわけでもないけど
    自分でも不釣り合いだって分かるくらいのイケメンに独身時代告られてつきあった
    どうして付き合えたかというと胸が大きかったからなはず
    中2の時ませた男子に「お前顔普通なのにお〇ぱいでかいよな」って言われてたから顔で選ばれるはずない
    「○○のお〇ぱいほんとおっきいよね~何カップ?」とか友達には弄られて揉まれた
    イケメンに告られて舞い上がってしまいその日のうちに処/女卒業
    以降何百回求められて応じたかわかんない

    ・・・・・・・なのに夫との初Hで処/女のフリした
    ごめん夫
    DTだったから気づいてない・・・・・・・よね?

    313 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 00:12:14 0.net
    夫と付き合ってから結婚するまでに10人以上と関係を持ってしまった。
    10代後半で初めて彼氏ができてそのまま結婚するまでに8年費やしたんだけど、4年目辺りから「このまま結婚したら男性経験1人になってしまう」と思って色んな人とワンナイトラブ()を楽しみました。
    基本的に来る者拒まずだけど、学校や職場ではバレそうだと思ってアプリで出会いを見つけてた。
    映像制作に携わる人とか、社長とか、ゲーム作ってる人とか、緊縛師とか色々な人と関わることが楽しかったし、今も反省はしていない。
    婚約した時点でスッパリその様な事はやめて、現在は普通の妻で普通の母をやってるのでこの過去は口が裂けても誰にも言えない。

    651 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/03/03(土) 13:58:14 ID:vbc9+Hwa00303.net
    最近嫁の秘密の楽しみを知ってしまって、やめるように言うべきか迷ってる。

    まず前提として、嫁30代前半、私40代。5年前結婚したけど私の仕事柄転勤が多くて、嫁には専業主婦をしてもらってる。
    仕事が忙しくて、家の事は全面サポートしてもらいたいのと、なかなか子供ができない為、通院したりする時間がいるため。
    不妊の原因は検査の結果、私の種不足。0ではないが可能性はまあ低いとのこと。

    451 :本当にあった怖い名無し 2013/11/06(水) 01:34:35 ID:SyCBI9UlI
    447です
    余りスカットしないと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです
    分割投下になります
    前提
    私 元の名前をA、現在の本名はB
    Aとbの名前は全く別
    山田太郎と藤子不二雄くらいに違う

    元親 
    金への執着心が凄く、唯我独尊
    「本当にやりたいと思ったなら、どんな事があってもやる!」
    が口癖
    自分で責任を取るのが嫌で、人を壊れるまで追い詰めて自分の思った通りにさせる
    一番嫌なのが、自分で付けた名前を蔑んだり馬鹿にする
    (○太郎なら、バカ太郎とかデコ太郎などと呼んで怒る
    名前を否定されたりされるのは、子どもにはかなり辛い)

    子供の頃から思い込みが激しく、精神的に人をこ○してまで追い詰め、影響下に置こうとするんで
    私と姉は完全に壊れた
    (例:祖父の形見と同じものがお宝鑑定番組に出て、高額鑑定される
    =金になる!と売るように迫る
    断っても断ってもしつこく迫る
    終いには私を育てるのに幾らかかったか、私がそれを持つ事は許されないと四六時中騒ぎ、根負けするか、マインドコントロールされて、手放すまで追い詰める
    で、自主的に手放したんだから私は悪くないと言う感覚)
    とにかく、自分の思った通りに行動しないと、しつこく追い詰め、結論は自分でやったんでしょ?私は知らない、責任は自分の繰り返し

    774 :おさかなくわえた名無しさん 2009/04/19(日) 18:55:33 ID:q11taj77
    先日、いわゆる「汚部屋」を初めて見た。
    玄関から部屋までの通路はゴミ(ほとんどカップ麺の容器とペットボトル、ジュースの紙パック)に占拠され、本気で足の踏み場が無かった。
    脱いだ靴を置く場所も無い。そもそも玄関がゴミに邪魔されて完全に閉まらない。
    一応タンスはあったが、服も下着も床に放置されてゴミと混ざってた。
    怖いもの見たさに炊飯器開けたら中は腐海だった。
    何故そんな部屋に入ったかというと、そこの家主である後輩が大学で倒れて救急車→そのまま入院し、着替えや荷物を持ってきて欲しいと頼まれたから。
    倒れた事も納得できる惨状だった。

    このページのトップヘ