黒い過去

    250 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 08:18:01 ID:mof837rG0.net
    私は、嘘つきだったから、きっとものすごい因果応報が起きそうだな
    実家が極貧で親もおそらく現在でいうところの発達障/害で酷かったので、
    金持ちの家の子だ嘘をいったりしてた。周りは私の嘘を見抜いていたし、
    みんなにからかわれても、やめられなかったんだよ。嘘をついていないと
    自分を支えられなかった。さらに弱いものイジメとか動物虐待とかも
    していたので、最低の屑なんだわ。
    どんな因果応報が起きるのだろう?
    覚悟はできているけど、やっぱり怖いな。

    355 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/30(金) 17:52:09 ID:O534/SfL.net
    職場にいても無能扱い
    ある日の月曜日、目覚ましかけてたけど起きれなかった
    時計見たら午前9時半(出社は8時)
    何もかもが嫌になってバックに着替え少しと通帳、携帯、保険証
    それだけ持って圏外逃亡した
    あとはどうなったか知らん

    997 :可愛い奥様 2013/05/16(木) 21:57:34 ID:LSLpLVGz0
    >>996乙!

    自分も梅がてら。
    昔からボーイッシュでよく男に間違われる。学生時代はそれが何故か嬉しくて、胸潰して普段から男装していた。元々何人かの女性.と付き合ったこともある。
    新宿でスカウトされてホストクラブで働いていたことが黒。勿論ホストとして。枕営業無しで添い寝営業wとかしていた。
    最終的にヒモとして年配の女性.に飼われかけたところで目が覚めた。

    今は当時の知り合いとは全て縁を切って、外見も随分変わったからもう誰にもバレないと思う。あのときの自分はちょっと狂ってた

    477 :可愛い奥様 2012/11/07(水) 09:02:18 ID:Z8lMVZT70
    3年前までブログをやっていたこと

    そこそこブログランキング上位にいたこともあって
    結構調子に乗っていたけど
    今振り返ってみれば家の中は荒れ放題で
    夫のことをATMとしてしか考えて無かった
    異常な生活だったと思う

    今はブログも辞めてアカウントも消して
    普通に暮らしてるつもり
    もうあんな悲惨な生活はするもんじゃないと思った

    167 :名無しさん@おーぷん 2016/09/26(月) 12:28:24 ID:yki
    二十代の時付き合ってた彼氏に「そろそろ結婚とか考えない?」と訊いたら、
    「結婚嫌、子供要らない、自分の稼ぎは自分に使う、でも○○(私)は料理も車の運転も上手いし別れたくない、
    どうしてもというなら結婚してもいいけど、家計はそれぞれ別で、家事は全部君、子供は君の稼ぎだけで自分独りで育てて」
    と言われ、
    「今までありがとう。さよなら早く氏ね」と伝えて別れた。

    別れたのに職場近辺に現れて「この前の冗談だよ」とかベチャベチャ話しかけてくるので、
    「もう付きまとわないでほしい」と言ったら、「もう30歳目前で後無いでしょ、強気だねー」とか付きまとって言う。

    困ったので、職場の後輩で、若くて可愛い系美人の彼氏募集中の子を紹介してあげた。
    後輩には「私の男友達。元彼だけど別れたのはすごい前。別れた原因は私の移り気で、彼は悪くない。
    彼の実家はすごいお金持ち」と伝えた。

    彼の実家はお金持ちではないが、田舎の農家で土地持ちだから、土地が売れるならまあ嘘ではない。
    彼も後輩がかなり気に入ったらしく、『君とは考えられなかった結婚も彼女とは考えられるかも、
    この前は彼女のご両親に会った、色々もてなしてくれた』とかアドレス変えてメール来たので、
    『良かったね。後輩ちゃんはすごい良い子だよ。幸せになって』と返事して再度着拒した。
    その後、後輩が元彼と出来ちゃった婚約したという所までは後輩から聞いたが、その後転職したのでよく知らない。

    後輩は本当に良い子。感じが良くて、オットリしてて男を立てるタイプで、熱心な信仰を持ってる。
    公安に睨まれてて、被害者救済会もあるようなカルト宗教の。
    後輩の両親も兄弟も親戚も入信してて、後輩も稼ぎのほとんどをお布施にして、休日はだいたい集まりに行くらしい。
    私も何度か折伏されかけたが、のらくらとかわしてた。

    今の元彼がどうなのか知るよしもないが、きっと案外幸せなんじゃないかと思ってる。
    元彼のご両親とかだけは申し訳ないかもしれない。

    このページのトップヘ