黒い過去

    167 :名無しさん@おーぷん 2016/09/26(月) 12:28:24 ID:yki
    二十代の時付き合ってた彼氏に「そろそろ結婚とか考えない?」と訊いたら、
    「結婚嫌、子供要らない、自分の稼ぎは自分に使う、でも○○(私)は料理も車の運転も上手いし別れたくない、
    どうしてもというなら結婚してもいいけど、家計はそれぞれ別で、家事は全部君、子供は君の稼ぎだけで自分独りで育てて」
    と言われ、
    「今までありがとう。さよなら早く氏ね」と伝えて別れた。

    別れたのに職場近辺に現れて「この前の冗談だよ」とかベチャベチャ話しかけてくるので、
    「もう付きまとわないでほしい」と言ったら、「もう30歳目前で後無いでしょ、強気だねー」とか付きまとって言う。

    困ったので、職場の後輩で、若くて可愛い系美人の彼氏募集中の子を紹介してあげた。
    後輩には「私の男友達。元彼だけど別れたのはすごい前。別れた原因は私の移り気で、彼は悪くない。
    彼の実家はすごいお金持ち」と伝えた。

    彼の実家はお金持ちではないが、田舎の農家で土地持ちだから、土地が売れるならまあ嘘ではない。
    彼も後輩がかなり気に入ったらしく、『君とは考えられなかった結婚も彼女とは考えられるかも、
    この前は彼女のご両親に会った、色々もてなしてくれた』とかアドレス変えてメール来たので、
    『良かったね。後輩ちゃんはすごい良い子だよ。幸せになって』と返事して再度着拒した。
    その後、後輩が元彼と出来ちゃった婚約したという所までは後輩から聞いたが、その後転職したのでよく知らない。

    後輩は本当に良い子。感じが良くて、オットリしてて男を立てるタイプで、熱心な信仰を持ってる。
    公安に睨まれてて、被害者救済会もあるようなカルト宗教の。
    後輩の両親も兄弟も親戚も入信してて、後輩も稼ぎのほとんどをお布施にして、休日はだいたい集まりに行くらしい。
    私も何度か折伏されかけたが、のらくらとかわしてた。

    今の元彼がどうなのか知るよしもないが、きっと案外幸せなんじゃないかと思ってる。
    元彼のご両親とかだけは申し訳ないかもしれない。

    210 :可愛い奥様 2013/05/16(木) 21:44:27 ID:AGpkPdwa0
    前科があること。
    去年の夏に執行猶予が終わったのでひと安心した。
    拘置所から保釈されて執行猶予の判決もらうまでのゴタゴタも忘れられない

    853 :名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火) 13:14:52 ID:0cG
    15年前パクられて前科持ちになったことが修羅場、若干フェイクです
    昨日久々夢に出てきたので厄落としに…長くてすみません

    私の家は超貧乏なのに親父が見栄っ張りの毒親だった
    私を箱入り娘にしたかったのはいいんだけど、方向性.の間違った過保護

    小中学校はまだいいとして、高校でも門限が5時
    貧乏なので本やCDすら買ってもらえなく、TVも電気代うんぬんで見せてもらえず
    5時に帰っては家でじっとしてないと殴るような人だった

    バイトは許可されていたけど、シフトを親にも提出しないとだめで
    少しでも遅れると殴る蹴るの暴行
    で、バイトでためたお金で女友達と卒業旅行に東京へ行きたくてお願いしたけどダメ
    友達みんなでお願いしてくれたのに「どうせ男と行くんだろ!!」という理由から

    18歳になり大学いきたくても奨学金が下りず(親が借金のブラックリスト)
    社会人になったのはいいけど、門限が6時にのびただけ
    残業なんかしたら速攻職場に来ては暴れる
    そして6時に帰って家でじっとしてないと殴る
    家に入れる金が少ないとキレる


    続きます

    866 :1/3 2016/06/08(水) 14:09:46 ID:nq5
    旦那との出会いが偶然が重なった運命的な出会いではなく作られた演出だったこと
    まとめたら長くなった上、文章が下手なので苦手な方はスルーしてください

    旦那の存在を知ったキッカケはA子
    A子は職場の同僚で見た目が派手なギャル系
    休憩中はいつも他のギャル系女子社員たちと男の話をしていた
    私は地味だったのでA子たちのグループには加わらず、遠くからA子たちの話を
    聞くともなしに聞きながらボーっと休憩時間を過ごしていた
    ある日、A子が「見た目そこそこ、有名企業の研究職で高収入
    リストラの心配も少ない好条件な男を紹介してもらったが
    真面目で面白味がない。とりあえずキープして他を探す」と話しているのが聞こえてきた
    面食いのA子が「そこそこ」と言うのだからなかなかのイケメンなんだと思った
    彼は私の理想の男性像そのものだった
    なぜかその日から見たこともない有名企業の彼が気になって仕方がなくなった
    でも、他人が欲しがる物を欲しがるタイプのA子に彼を紹介してとお願いするのは
    自分で自分の首を糸交める行為にしかならない
    私は結局、A子の口から時々出てくる彼の話をこっそり盗み聞きすることしか出来なかった
    A子は彼からのアプローチを上手く交わし、生かさず杀殳さずの絶妙なサジ加減でキープしつつ
    他の男と不倫しながら婚活にも精を出していた
    彼を雑に扱うくらいなら私に頂戴!と言いたくなるのをグッと我慢して
    諦めるしかない、私にはどうにも出来ないと自分に言い聞かせること半年
    ついに我慢の限界が来た私は思い切ってA子に
    「彼は私の理想の男性像そのもの。A子さえ良ければ彼を紹介して欲しい」と言ってみた
    A子は最初驚いた様子だったが、すぐに「彼に聞いてみる」と言った
    翌日A子は「彼に紹介したい子がいると言ったら前向きな返事が返ってきた。
    とりあえず写メを送ることになったから撮らせて」と言って私の写メを撮った
    最初の心配が嘘のようにA子は協力的で「写メを見せたら彼が可愛いって言ってたよ!彼も是非会いたいって」と
    A子に相談してから数日で彼と会う日が決まった
    A子は「彼はギャル系が好きらしいよ」と服装のアドバイスもしてくれた

    361 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 12:32:42 ID:cEuX9glS0.net
    高校の時、暴●団の組長と同棲してたことは誰にも言えない秘密だ。

    このページのトップヘ