家族

    761 :1/2 2018/03/08(木) 08:43:41 ID:2A3bxXRi0.net
    叔母がいわゆる統合失調症患者で旦那に離婚されて子供も取り上げられ、
    父が引き取って面倒を見ていた時期があったんだ。
    基本、問題ばかり起こしていた叔母だが、
    当時小学生で叔母の長男と同じ年齢だった俺は妙に可愛がられてた。
    でも、やっぱりどこかちょっとおかしくて、近所の人とトラブルを起こしたり
    俺に対しても物凄く怒鳴りつけたり、泣き出したり、メチャクチャだった。

    ある日、叔母はうちの斜向かいにすんでいたIさんとちょっとしたトラブルを起こした。
    ただ、叔母にしては珍しくIさんを怒鳴りつけたりしなかった。
    後から叔母は「あいつはどうせ屋根から落ちてタヒぬから、いいんだよ」と言っていた。
    叔母はそういう妄想と現実の区別がつかないことがよくあった。
    兄のことは「トラックとトラックにはさまれてタヒぬ」と言い
    母については「頭の癌でタヒぬ」といい、父は「海で溺れてタヒぬ」と言っていた。
    叔母に「自分はどうやってタヒぬの?」と聞いたら「私は首つってタヒぬ」と言った。
    それからしばらくして、叔母は実際に首をつって自杀殳をした。
    その頃には、叔母はかなり荒んでいて、お風呂にも入らず異臭を放っていたり
    包丁やハサミを持ち出して近隣の人を脅したり、勝手に庭に穴を掘って警察を呼ばれたりしていたので
    正直言うと自杀殳したときはホッとした。

    33 :名無しさん@おーぷん 2018/01/25(木) 11:10:51 ID:zr5
    小さい頃からずっと、父親は酔っ払って車に轢かれて氏んだんだと聞かされていた
    当時父親と母親は別居して新幹線の距離だったらしく、母親がその事を知ったのは全て終わった後だったそうだけど私が物心つく前の事で父親の顔も知らないし、面と向かって根掘り葉掘り聞き辛い事なので私個人としては(そうなのか)程度の認識。

    しばらく疎遠気味だった父親の姉から、諸事情で父方の祖母の家を引き払うので形見分けをしたいと今朝連絡があった。
    その話の流れで実は父親が私達に保険金を残す為の自●だった事、そしてそれぞれに7桁半ばの保険金があった事を知った。
    お金の事はいい。
    そりゃ残っていれば欲しいけど、女手ひとつで仕事に育児家事の全てを担うのはさぞ大変だっただろうから残ってるとは思ってない。
    もしかしたら母親も自●だったとは知らなかったのかもしれないけど、今も言いようのない気持ちで内心ザワザワしてる。

    81 :名無しさん@HOME 2013/01/07(月) 15:33:38 0
    別のスレに投下してしまったので、こちらに再投下します

    兄が結婚相手として韓国人の彼女をつれてきた時が修羅場だった
    付き合っていること自体知らなかったので、彼女のおもてなしもそこそこに母が兄を台所の隅に引っ張っていった

    母の実家は引き揚げとかですごい苦労をしたそうで、祖父母は中国朝鮮(特に韓国)のことをすごく嫌っていた
    その感情は母にも受け継がれていて、すごい言葉を使いながら兄を詰っていた
    韓国人に父母がどんなことをされたかとか、あの国は泥棒と犯罪者しかいないとか、諸々
    横でミカン食べながら聞いていたけど、普段の母からは想像できないようなことを言いまくっていた

    彼女さんは留学生で日本語はあまりできなかったけど、穏やかそうで可愛い子だった
    ただ兄を呼びに台所まできちゃって、それで話を微妙に聞いていたらしく、
    「トイレかしてください」と言って我が家のトイレにこもったきりずっと出てこなかった
    うんこにいけなくて辛かったのを覚えてる

    彼女さんが帰った後も家族会議みたいなのが続いた
    あいにく父も韓国人相手で以前詐欺あっていて、「みんな悪いわけじゃないが、悪い人間が多い気がする。
    親戚付き合いとかをしていると面倒くさいとこもあるだろう」と、消極的。
    母はとにかく、「関わりを持つこと自体汚らわしい。うちの家に韓国人の血をいれたくない」
    一方、兄は「結婚したい。二人だけで生きる」の一点張り
    人種差別だの国際理解だの、微妙にスケールの大きいところにまで話が広がっていっていた
    挙句に、母と兄がつかみ合いの喧嘩。いいかげんにしろ、とふて寝する父。

    その後、兄の幼馴染の女の子が兄に急接近してきて、韓国人彼女とは自然消滅、幼馴染と結婚した
    幼馴染と母はものすごく仲がいい。私と母の関係よりも。
    一瞬勘繰ったりしてしまったけど、今が幸せそうだからいいかな、と思っている
    あと今思うと、韓国語のできないはずの兄とどうやってコミュニケーションをとっていたのかが気になる
    あの時のことは完全にアンタッチャブルな話題になっていて、怖くてネタにはできないけど

    142 :名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土) 14:54:05 ID:z5w
    長文嫌いはスルーして下さい。

    父、母、弟の4人家族だけど、実は私だけ血の繋がりがない。
    子宝に恵まれなかった両親が子供を諦めて施設から私を引き取ってくれた。
    当時の記憶は全くないが、私が2歳の時らしい。
    ところがその2年後に弟が生まれた。
    母の浮気とかそんなんじゃないよ。念のためね。
    ストレスから解放されて妊娠しやすくなったとか、そういうことなんだろうな。
    よく分かんないけど。

    小5の時、たまたま母と叔母が話をしてるのを聞いてしまい
    自分が養女だってことを知った。
    私が友達ともう遊びに出掛けたと思い込んでたらしい。
    その流れで「(母)こんな事なら養子を貰うなんて考えなきゃ良かった」
    「(叔母)でも私ちゃんのおかげで授かれたのかも知れないよ」
    「(母)そうなんだろうけど、やっぱり早まったって思っちゃう」
    なんてことも聞こえてきて、目の前が真っ暗になった。
    実はそれまでにも父も母も私より弟の方が可愛いんだなって思うことはあった。
    でも小さい方に手を掛けるのは当たり前なんだろうと思うことにしていた。
    そういうことだったのかと思うと悲しくて悲しくて
    近所にある鉄橋の下で思いっきり泣いたの覚えてる。
    その後私にとって一番怖かったのは、父と母が本気で私に飽きて
    放り出されることだった。
    それ以来、母の手伝いをこれでもかってぐらいした。
    母はそれを喜んでくれた。
    父の方は、仕事から帰ってくると肩叩きをしようとしたら断わられて
    「疲れてるんだから寄ってくるな」みたいに言われて
    以来なるべく近づかないようにしてた。
    弟は可愛かった。
    何も知らずに懐いてくれるのが嬉しかった。
    そんな感じで表面上はそれまで通りの家族として過ごした。

    494 :名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月) 11:19:54 ID:???
    父の修羅場
    父は無精/子症。しかし結婚一年目にして母が妊娠
    父「」母「相性が良かったのね」

    「出来無くも無いけど、出来無いかもしれない」
    婚約中、自然妊娠は極めて難しいという診断結果を
    若干オブラートに包んでみた結果
    「出来なくてもいいよ。二人で仲良くやっていこう」
    と大らかに笑ってくれた女である

    検査が間違っていたのかもしれないと
    とりあえず別の病院に行ってみた。結果変わらず

    父は相当葛藤したらしい
    母が浮気なんてするはずがない!
    もし仮に話せない事情があるなら暴くことは母を悲しませるだけではないか
    というか別れたくない。絶対に別れたくないでござる!
    生まれてみれば母に似て可愛いし、どうせ子どもなんて出来ないんだ、
    仮に自分の子じゃなくても養子をとったと思えばいい!
    いやいや実際奇跡が起きたのかも、その場合別人の子でもいいなんて、
    家族にとってなんてひどい言いぐさなんだ等々

    結局ある日プッツンとして私は父の子として脳内決着
    そしてそんなことなど忘れるようにして過ごした15年後
    母「また出来ちゃった。今度は男の子よ」父「」

    このページのトップヘ