家族

    572 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 15:52:46 ID:Kg7CK+5v.net
    ちょっと下注意

    まだ私が小学生で家族と一緒に寝てた時、うちの家は父が一番先に起きその次に母、そして子供だった。平日は父は母を起こした後犬の散歩に行くんだけど休日だと朝アニメ見たさに子供のほうが早く起きる。
    んで私が朝起きると大抵父は寝る体勢が上下逆になっていた。寝るときは家族皆頭揃えて寝てるんだけど朝父の頭がなぜか母の足にある感じ。父は寝相が悪いんだと言ってて私もそうだと思っていた。
    高校の時、調べ物で父のパソコンを使う用事があった。用事はすぐに終わりなんとなく父のパソコンの履歴を開いてみた。エ□サイトだったら母にチクっちゃえと思ってたら履歴には足裏画像をまとめたサイトがびっしり表示されていた。
    ネ果とかじゃないただ足裏をまとめたサイトがあってびっくりしすぎた私は母に思わず言ってしまったんだけど母は「男はなにか一つくらいフェチがあるもの」と一蹴されてしまい逆に勝手に履歴を見た私は母に叱られてしまった。
    今思えば父は朝早く起きて母の足裏を見てたんだな、とわかるけどまさかの足裏フェチだったとはわからなくて衝撃的な体験でした。
    高校の時はまさかのフェチに父にドン引きしてしまったけど数年たって私もそれなりに恋人ができた今母の「男はなにか一つくらいフェチがあるもの」って言葉がわかるようになってきました・・・。
    大したことないけど私の衝撃的な体験でした

    617 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/08/22(火) 00:36:44 ID:pnwDzXRK.net
    急な仕事があり、実母に子供を預かってもらえないか頼んだ。
    妹が毎日のように預けてるの知ってたし、
    正直一日だけだったし、快諾してもらえると思ってた。
    …ら、一日託児料金5千円を請求された。
    確かにお金は払うつもりだったけど、
    保育所の一時預かりの倍額以上だったし、妹はお金なんて払ってない。
    母は近居の妹には世話になってるし、
    遊びとか、つまりお金の発生しない理由
    だから、妹からは金は取らないという。
    理由には納得できたけど、
    なんとなく寂しくなり預けるのはやめた。
    元々、保育所の一時預かりを頼むのが
    ちょっと不安という、私の単なる我儘だったし。
    でももやもやする。
    同じだけ、図々しかったんだな、という恥ずかしさがある。

    133 :名無しさん@HOME 2015/01/17(土) 11:36:13 0.net
    母に捨てられた時。
    うちは母子家庭だった。僕と妹は6歳違いの兄妹。
    父を早くに亡くし、母は僕達を養うために昼夜問わず必タヒに働いていた。母は父を本当に愛していて、僕達が寝る前にはいつも父の思い出話をしてくれていた。僕達も父性に飢えていたから父の話を聞くのが楽しみだった。
    一方で母は父が亡くなった後から色んな男の人と付き合うようになっていた。僕達がその男の人達と鉢合うことはなかったけれど、外からそういうことを聞かされていたからある程度は知っていた。

    ある日を境に母は家に帰ってこなくなった。

    619 :名無しさん@おーぷん 2017/10/29(日) 09:57:36 ID:Mq0
    お風呂から出ようと浴槽を跨いだ時に、足を滑らせて浴槽の淵に股間を強打してしまった。
    私、「あがっ」という悲鳴をあげた後、うずくまって悶絶。

    その悲鳴を聞いた父親が駆けつけてきて、外から「どうした?」と言ってるんだけど、私は痛みで呻くしかできなかった。
    返事のない私に、これは只事ではないと思ったのか今度は母親もやって来て、十円玉で鍵を開けようとした。

    年頃だったから(当時高二)、親に裸なんて見せたくなかったが、痛みでどうする事も出来ずに開けられてしまった。
    両親は、股間を押さえてうずくまる私を見て怪訝そうに「え…どうしたの??」と聞いてきた。
    私は力ない声で「淵にぶつけた…」とだけ言っておいた。

    その後の夕食では、この事件が話の中心になって、「姉ちゃん男じゃなくて良かったなw」って弟に笑われた。
    女だって十二分に痛いつーの。

    淵に股間ぶつけるわ、親に裸見られるわで災難な一日だった。
    あの日からというものお風呂の淵を跨ぐのが怖くなって、股間を押さえてそろそろと入るようになってしまった。

    598 :名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火) 14:46:52 ID:3Ve
    親があるスポーツのプロやってた
    巨人の星じゃないが、私と弟もそのスポーツを幼少時からみっちりやらされた
    でも小学校の低学年で私は身体能力ないと判断され、お役目御免になった
    家では全く話しかけられず、話し掛けても生返事で目は合わない
    いつも両親は弟と、弟のトレーニングとか遠征とかの話ばかり
    私もスポーツ得意ならなあと思いながら、ひたすらテレビ観てた

    テレビドラマではいつも喧嘩しつつも仲良しな家族がいて、
    ドラマはいいなあ、私も会話してくれる親が欲しかったなと憧れて観てた

    私は結婚しないだろうと思ってたが、良い人がいて縁があり、結婚出来た
    弟は成人後に統失を発症してプロはやめたらしい
    事情を知ってる仲良しのコトメは「ざまあ」と笑ってくれたが、
    ざまあと思う以上にあんなに私の幸福まで犠牲にして三人が頑張ったことが、
    何も実を結ばず何にもならなかったことが、ひたすら虚しい

    このページのトップヘ