家族

    165 :名無しさん 2014/03/26(水) 17:42:05 ID:3d81ShL2B
    157です。出掛けていて遅くなってしまいました。

    軽くフェイクありますが、ほとんど実話です。
    私の家族は元々母方の祖父母・父・母・兄・私の6人家族でした。
    確か小学校1年生前後は母は働いていて幼稚園や学校から帰ってきたら祖父母と過ごしていました。
    祖父は植物に詳しくて庭の手入れも良くしていました。私はそんな祖父の事が自慢で好きでした。
    小学校のクラスにある植物に虫がついたときも祖父が虫を取るための薬をくれて学校に持って行ったりしてました。
    その頃祖母の事をどう思っていたかあまり覚えていません。ただ、「おばあちゃん大好き!」って感じじゃなかったように思います。
    そして、小学生高学年のときだったかに1つ目の修羅場がありました。
    それは祖父母の離婚です。原因は祖父の浮気と言われました。
    それが分かる数ヶ月前からよく祖父母が怒鳴り合う声が聞こえていました。
    そういう時私は2階にいて、そんなに深刻な事になってると知らなかったのでうるさいと文句を言ったりしたときもありました。
    離婚すると告げられる数日前に祖父が使っていた部屋が空になっているのを見て「ああ離婚するんだなあ」と冷静に思った記憶があります。
    そしてある日2階にいるときに呼ばれて下に行くと祖父を除く家族が揃っていて「お爺ちゃんとお婆ちゃん別れたから。いいよね?」と言われました。
    その時私は何も言わず2階に戻り、暫くの間泣きました。
    今でも「いいよね?って、なんで答えのない質問をしたんだろう。もう答えは出てるじゃないか」とたまに思います。

    それから前に増して祖母が嫌いになっていったように思います。
    祖母は離婚のショックだとかで体調を崩していきました。私は正直どうでも良かった。
    そして中学生の時に入院してある時入院していた病院から救急車で大きい病院に運ばれました。これが2つ目の修羅場です。
    ここだけの話、入院してるときは祖母が家にいないためストレスが少なくなり一人で喜んでいました。
    運ばれたとき母も付き添っており、母は運ばれたその日から亡くなるまでの2ヶ月間ずっと病院に寝泊りしていました。
    父がたまには家に帰ったら?といってもずっと付き添っていました。多分離婚したショックで倒れた自分の親が心配だったんですかね。
    週一回病院に見舞いにいってましたが正直祖母よりも母のほうが心配でした。
    母は病院の簡易ベッドで過ごす為に顔が凄くむくんだり体調を崩したりしていました。
    母が病院で寝泊りしている間、私は父と2人で過ごしました。(兄は大学に行くために離れて暮らしていました)
    母がいないので色々と大変でした。肋間神経痛になったり髪がいっぱい抜けたりしました。
    そんな状況でもちゃんと朝食や夕食を作り洗濯等をしてくれた父には本当に感謝しています。父が出張の時に面倒を見てくれた親戚の人にも感謝でいっぱいです。
    そんな生活にも終わりが来ました。祖母がタヒんだからです。
    夜中に父に電話が来て、2人で病院にいきました。真夜中の病院って初めて見るなあなんて頭の隅で考えていました。
    それからはどたばたと時間が過ぎていきました。学校側から一週間も忌引きを貰ってそんなに貰えるのかとびっくりしました。(友人にも1週間休んだので色々と心配されました)
    祖母は外面はよかったので友人という人がいっぱい来ました。
    ほとんど泣きませんでした。泣いたのは祖母が亡くなった時と葬式の時に母に育ててもらったお礼を言えといわれたときだけですね。だって、好きじゃない、嫌いな人がタヒんだから。
    初七日とかも終わって落ち着いた頃に思ったのは「ああやっとみんな解放された。」でした。
    これでまた母と暮らせると思うと嬉しかったです。

    長いと怒られたので切ります。

    431 :名無しさん 2014/04/18(金) 14:46:49 ID:yYnZV7xGe
    私の修羅場。今でも泣きたくなる。年齢は私の修羅場当時のもの

    私→10歳 小学校4年生
    妹→7歳 小学校1年生
    母→28歳
    父→35歳 イギリス人。

    母は高校生のときにイギリス人の父と出会った。小さな美術館で父が母に一目ぼれして、程なくして二人は交際に発展。
    母の両親(以下、母祖父母)は本当に頑固で厳しく、裕福な家庭では無かったがまるでお嬢様にセレブのしきたりを教え込むような躾をしてきた。
    そんなんだから母は彼氏ができたことは両親に一切言わなかった。祖父母が厳しく選定し別れさせられるのがわかっていたから。
    とある日、母は17という若さで私を妊娠。1週間に2度たったの1時間の逢瀬で私を孕んでしまった。
    もちろん祖父母は大激怒。父の両親(こちらも私の祖父母。以下父祖父母)に抗議しようとしたが、イギリス本土に住んでいるし英語ができないので断念。
    母は勘当された。父は母を連れて駆け落ちした。 ここまでが前提。

    752 :名無しさん@HOME 2016/04/25(月) 23:16:25 0.net
    嫁に離婚されそう
    でも全く俺は悪くないんだ

    2週間前会社での命令で出張があった
    俺と部下(♀)の2人で嫁の実家のあるエリアまで泊まり出張
    そりゃ2人で出張行けばさ、晩飯くらい一緒に食べるよね?
    晩飯と言ってもただの回転寿司で1人3000円くらいのもんだったけど
    それで泊まる所はホテルは一緒だったよ
    安いビジネスホテルで会社のお勧めだったから
    もちろん部屋は別だよ
    当然それだけで何も無い

    でも一緒にメシ食って、同じホテルに入っていく所を
    嫁の友人に見られていたらしい
    嫁は一方的に浮氣だと決めつけて実家に帰ってしまった
    これってどうすれば誤解が解けるんだろう?

    330 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 01:05:25 ID:l3BfWDFA.net
    スーっとするの、わしだけだったら申し訳ないのだが吐き出させてくれ。

    おじさん、遅くしてできた一人娘がいるんだが、赤子の頃に母㲗を一切飲めなかったからか、はたまたミルクが飲めなくて二ヶ月成長がとまったからか、とても体の小さい病弱な子だった。
    お金もなくて小さい頃に治療させてやれんかったせいで、大人になった今とても苦労をしとる。

    そんな娘が立派に成人式迎えた年、おじさんの務める会社が結構な黒字をだしてな、感謝祭を開くことになった。
    感謝祭は家族を呼んで会社の土地使ってお祭りみたいな事をする。娘は成人したし興味無いかと思っとんだが、お父さんの職場見てみたいって言ってくれてな。祭りに来てくれた。

    その時にな、うちの社長と仲の良い、取引先の社長とその跡継ぎのぼっちゃんに鉢合わせして挨拶しとったのよ。
    おじさんの娘は病弱なせいか、いっつも中学生に間違えられるくらい小柄で、それがコンプレックスだったのよ。
    でも、ぼっちゃんはうちの娘をたいそう気に入ってくれて、周りからはお前んところの娘は子ども産めるんかとか馬廘にされとったんだが、なんとうちの会社の社長通じて、見合いを申し込まれた。

    ぼっちゃんの年齢を聞くと30過ぎとったし、断る気満々だったのが、周りの圧力もあってぼっちゃんと娘をあわせることになった。

    相手方の社長はええ人なんだが、ぼっちゃん、一人息子で甘やかされたのか、娘に対して背は小さいのに胸がでかいとか、ええ㲗が出そうとか、失礼な冗談言い出して、わし、もう握りしめた手が震えとった。
    でも、俺と付き合えば平社員のお父さんの仕事も口聞きますよなんて言われて、立つ瀬がない。
    たしかにわし、平社員よ。でも前の職場で忙しすぎて娘の入園式にも出られんかったのを悔やんで、今の職場で平社員しとんのよ。
    この時はとにかく悔しかった。

    261 :おさかなくわえた名無しさん 2018/01/25(木) 21:18:42 ID:4HsojAo7.net
    祖父(91)が萌え絵を描き始めたこと。
    83の時に祖母(がっつり認知症だったので老老介護状態だった)を看取ってからは第二の人生を謳歌してる。
    85から突然PCデビュー(ネットは未接続)、そして去年からスマホデビューした祖父だけど
    スマホでネットサーフィンしてるうちに視野が広がったらしい。
    電気屋に行きたいというから同行したら、店員さんに確認しながらペンタブを購入。
    お世辞にも上手くないし萌えとは遠いんだけど、結月ゆかりを頑張って描いてた。
    難病持ってるし毎日通院やデイに通ってるけど、段々若返ってるような気もする…。

    このページのトップヘ