家族

    306 :名無しさん@おーぷん 2018/03/15(木) 01:30:12 ID:hGY
    W不倫して家族を捨てた母親に、ずっと見知らぬ姉と比較されて育った。

    クソみたいな家庭で育ったので、わかりやすく書いたつもりだけどわかりにくかったらごめんなさい。
    ほぼ根暗な自分語りです。

    私の両親はそれぞれ×1の再婚組。
    W不倫が妊娠で発覚して、それぞれの家族を捨てて再婚した夫婦。
    その時仕込まれた子が私。

    うちは貧乏だった。理由は慰謝料やら養育費だと思う。
    父親は元の家族のことは一切口に出さなかった
    母親は毎月のように支払いが焦げ付いたとヒステリーを起こしていた。
    あくまで想像だけど、W不倫してあっさり元の家族を捨てるような両親が支払いから逃げなかったのは法的にきちんと拘束されていたからだと思う。
    母親は呪詛のように元の旦那さんや、父親の元の奥さんのことを罵っていた。

    両家の祖父母や親戚の風当たりの強さから、
    私は物心がつく頃には自分の出生が汚いものだと漠然と理解していた。
    ツラの皮が厚い母親は、近隣に住む祖父母宅に顔を出しては金の無心をしていたし、誰も呼んでいないのに親戚の集まりには真っ先に駆け付ける人物で、その際に決まって私を連れて行ったから嫌でも察した。

    周囲の大人の会話から父方に兄二人、母方に姉二人がいると知っていて、
    見知らぬ兄姉に対する情めいたものを抱いた(一人っ子の憧れに近いと思う)ことはあったけど、自分がこの人たちに恨まれる身の上だってことも肌で察していて、小学校にあがる頃には一日中塞ぎ込んでいる暗い子になっていた。
    今にして思えば、自分の出生を責めたところで私にはどうしようもないことなんだけど、割り切ってしまえるほど強かな子でもなかったから小学校3年生から学生時代はずっと胃潰瘍と付き合っていた。

    何よりのストレスは母親の言動だった。
    「姉子ちゃん二人は頭がよかったのに、どうしてこんな簡単な問題もわからないの?」
    「姉子ちゃんたちはその年には何でもできたのに」
    「姉子ちゃんたちは活発で足も速かったのに、私子は誰に似たの?」
    母親はいつも私と姉二人を比較して、私を責めた。
    母親からすれば自慢の娘二人と、不出来な末娘なんだろうけど、
    その自慢の娘二人を裏切って最低な形で捨てたのは母親本人。
    母親の思考回路が理解できなかったことと、
    不倫の結果生まれたのが私だと言う事実が板挟みでいつも何かに生まれてきてごめんなさいって謝っていた。
    そんな根暗な子だから友だちもいなくていつも一人だった。
    家にも学校にも居場所を作れなくて保健室で寝てばかりいた。

    151 :名無しさん@おーぷん 2014/09/17(水) 10:27:08 ID:pcrmdQnvM
    私は有料の老人ホームで働いてる。
    入所者さんの中に、穏やかで可愛い感じのお婆ちゃんがいる。
    仮にAさんとするが、Aさんには一人息子がいて、孫も二人。
    ホームからそれほど遠くない所に住んでいるのだが、
    息子さんは仕事が忙しくて、年に何回かしか面会に来ない。
    孫は正月だけ、お年玉をもらいに来る。
    Aさんは家族を恋しがって、面会をす首を長くして待っており
    その様子を見るのが辛い。

    ある時、Aさんの容態が悪くなり、家族に連絡したが
    息子さんは「救急搬送するなら、意思確認書を出してあるからいいだろう。
    これから大事な会議があるから行かれない」と言う。
    それでも生活相談員が「とにかく家族と一度お話したいので」説得し、ようやく面会に来てくれた。

    私はAさんの介護のため付き添っており、息子さんが来た時もその様子を見ていた
    待ちわびていた我が子の顔を見たAさんは、ボロボロ涙をこぼし
    「私ももう先が長くない。短い余生の大事な時間なのだから
    時々顔を見せてくれないか。孫にも会いたい」と、拝むようにして頼んでいた。
    生活相談員も、「お忙しいのは分るのですが、実のお母様なのですし、もっと面会にいらしては」と、
    ちょっと諭すように言った。





    159 :おさかなくわえた名無しさん 2004/11/18(木) 22:23:03 ID:xdNRSPcB
    初めてバイトした時の事。

    何故かレジで、しかも器用にも立ったまま眠ってしまい。
    怒鳴り声がして起きたらエプロンに涎は垂れてるは店長は凄い表情をしてるはお客はくすくす笑ってるはで
    地獄のような光景が私の前に広がっていました。
    恥ずかしさに手と膝をがくがく震わせて、顔を真っ赤にして会計をすませたら
    そこで店長が一言「もうこなくていいよ」とクビ
    私は涙声で返事して、速攻家に帰って布団に籠もってちょっと泣きました。

    急にバイトを辞めた事を家族は不審に思ってるようでしたが、硬く口を閉ざし、私は真相を闇に葬り去りました。

    ところが暫くしてから何故か弟がその事をニヤニヤしながら言ってきて
    「何で知ってんの?!!」と驚いたら、件の店で弟も働こうとして履歴書を持ち込んだら聞かされたとの事。
    「あんまりうちの名前で恥ずかしい事すんなヨナー」と両手を変な風にパタパタさせながら言われましたが
    非が有る私は何も言い返せませんでした。
    しかしこの一件、これだけでは終わりませんでした。

    何と、弟までまったく同じ風にレジで居眠りをしてクビになってしまったのです。
    しかも、一緒にバイトを始めていた弟の友人から噂は広がり
    うちら姉弟のバカっぷりをいつの間にか母親までが知っていました。

    一応、弟は急に私が店を辞めたのは、店長に何か性的な悪戯でもされたんじゃないかと疑っていて
    それも有って店をバイト先に選んだそうですが…今となってはどうでもいい事です。

    以来、うちら家族は恥ずかしさの余りその本屋の前を通る事すらしていません;
    何も知らない父親だけが通ったり、利用したりしてます。

    923 :名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 11:45:33 0
    自分が実家から離れて東京の大学に行ってた頃の話。
    夜の11時に母から電話があって、「妹が壊れたよww」とハイテンションな
    電話がかかってきた。数時間前、その当時家で母と妹に介護されていた祖母が風呂に入って
    いて、浴槽の中で立ち上がれなくなってしまったらしく、母と妹で抱えだそう
    としたができず、父に加勢を求めたが「自分の母親のネ果を見たくない」と拒否。
    バスローブを着せても拒否され、とうとう近所の親戚の方を呼んでなんとか抱えだした。
    父は親戚にヘラヘラ礼を言って早々に奥に引っ込んだ。と見せかけて出かけてた(飲みに行った。)
    あきれ返って母が脱力していると妹が米袋をもって目の前を通っていった。
    すぐゴンゴン音が聞こえていってみると、父の部屋でテーブルに米袋を置いて
    上からハンマーでたたいていた。瀬戸物のコレクションが入っている飾り棚は戸が全開。
    おばあちゃん寝てるから静かにね。と声をかけ、そして私に電話が来た。
    深夜ほろ酔いで帰ってきた父は、部屋から戻ると階段に座ってうなだれていたそうです。
    母曰くこのことがあって、ようやく祖母を施設に入れる決心がついた。らしい
    祖母の3回忌なのでカキコ

    146 :名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木) 15:31:25 ID:Nfd
    話切ってしまって大丈夫かな?
    敬老の日にちょっとしんみりしたこと。

    大正生まれの祖母は、昔気質の祖父と二人で働き詰めの人生で
    出かけたり遊んだりということがほとんどなかったんだけど、
    祖父が亡くなったあと、地元のお寺がお年寄りを集めて
    御詠歌歌ったり食事したり体操したりという、デイサービスのはしりの
    ような事業を始め、そこに通うようになって、友達も増え、
    日曜とかにもおばあさんたちで出かけたりするようになった。

    午前中にミニハイキングやお寺の奉仕活動で体を動かし、
    昼食をとりお茶飲んで駄弁って帰るということが多く、
    祖母はそれまでほとんど経験のなかったランチや喫茶店に
    すっかりはまってしまった。

    でも、ひとりで行くのは気恥しかったのか、よく私が誘われて
    一緒に行った。たぶん「孫にせがまれて来ている」風にしたかったんだろう。

    ちょうどその時期に私の地元も開発が進み、チェーン店のお店が
    進出してき初めた時期だった。目新しい店ができると、おばあさんたちで
    行ってみたりしたらしい。
    でも、横文字が苦手な祖母は、新しいお店の名前を覚えられず、独自解釈していた。

    763 :名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 22:48:56 0.net
    夫婦間なのか、嫁姑間なのかわからんのでもしスレチなら誘導お願い。
    家の母の話。
    わが母は普通にお風呂に入れない人。湯船に入ると無条件で寝てしまうらしい。
    ちなみに母の母つまり俺の祖母が言っていたのだが、生まれて間もない頃から
    湯船に入れると無条件且つ一発で寝落ちしていたようで
    余りに寝るので結婚前は祖母か、叔母が大人になっても毎日一緒に入浴していたようだ。
    結婚してもその悪癖は直らず、俺を風呂に入れるのは父の仕事で
    冬とか風呂で寝て朝まで浸かってるとか余裕。
    まあ日常生活に支障はないので一種の病気だと思って諦めていた。

    しかし、俺と父が、あれは病気だで済ませている事でも
    嫁は違う。あのままでは溺タヒすると主張する。
    まだ春、夏、秋は湯船に浸からないから良いのだが(それでも寝てしまって
    バランス崩してタンコブを頭に作った事が何度かあるが)
    冬は5時間入浴が普通で、嫁はどうしてもそれが気になるようで
    遂に「どうしても気になるからこれから毎日私がお義母さんと一緒に入浴します。」
    と言い出して聞かない。
    母はさすがに血のつながりもない嫁と入るのは嫌がってるが
    嫁も折れない。これはどうするべきでしょう?

    451 :おさかなくわえた名無しさん 2010/11/25(木) 23:03:52 ID:ZMF8STAo
    つき合っている彼氏と結婚する事になり、両親に「あって欲しい人がいる」と言ったら
    空気を読んだ両親から「私たちも話しておきたい事がある」と言われた。
    父親が実の父ではなかった(実父はタヒ亡)。
    むしろ自分は父親似だと思っていたので(養父方の祖母が若い頃に激似)息が出来なくなるほどショックだった。
    両親と血液型が合わないので、二人の子で無いのは察していたが、母が継母だと思っていた。
    でも家族仲は良いし、改めて養父に感謝した。
    両親は私が察していたことは知らなかった。

    彼氏に事情を話し、お互いの両親を交えて食事会をした。
    会うなり固まる養父と彼母。
    彼は養父の実子でした。
    彼母が再婚したので、名字が変わっていたのと20年会ってなかったので分からなかったらしい。
    彼と私に血縁は無いので結婚するつもりですが、人生であんなに驚いたのは最初で最後だと思う。

    父は離婚後5年ほど養育費を送っていたそうですが、彼母が再婚して彼養父が
    父からの送金を嫌がったため、縁が切れた(彼が彼養父に懐いていたため面会も拒否)。
    彼養父と私養父は面識無し。

    私の妹は養父の実子なので、彼の異母妹。ややこしや。

    890 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 14:36:04 0.net
    認知症の祖父を助けなかったこと。
    母親と二人で見てたけど言うことも聞けなくなるし失禁や徘徊などがあってあまり記憶がないけど大変だった。
    真夜中に庭を徘徊する祖父を見たときは本当におかしくなってしまったのだととてもショックだった。
    祖父が風邪を引いてしまったとき、体調のせいか特にグズついて母親が困ってた。
    その日の夜中、祖父の部屋から苦しんでいるような声が聞こえた。
    私はうっすら命の危険があると気づいていたけど何もしなかった。
    次の日の朝、母親がうろたえて祖父が息をしてないというようなことを報告しに来た。驚いたけど心のどこかでやはり…と思った。救急車や警察が来て亡くなったと確認された。
    母親はもっと何かしてあげてれば…と後悔して泣いていたけど私は少し安心してしまった。
    今でもあのときの判断は人には言えないけど間違ってはいなかったと思うし、長年介護で疲弊している人には適当に風邪でも引かせて放っておいても良いのではと思っていること。

    322 :名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金) 09:09:43 ID:znA
    愚痴というか相談というか…。

    わたしは周りの人に、本名を言っていません。
    在○とかでもないし、苗字が少し難読ではあるけど、普通の名前です。
    では何故本名を言わないか。
    うちは両親が離婚していて、わたしは父に引き取られました。
    小学生の頃に父にに彼女ができ 4年生のとき、父とわたしと彼女の3人で旅行に行きました。
    キャンピングカーに泊まって3人で川の字になって寝てたんだけど、父と彼女がセクロスしはじめて。
    車の揺れで目が覚めました。
    何となく「何してるの?」なんて言える感じじゃないって察して、寝たふりし続けました。
    そしたら、彼女が喘ぎながら、わたしの名前を言ったんです。
    「○○ちゃんが気付いちゃう」「○○ちゃんが起きちゃう」って、喘ぎながら。
    その夜だけではなく、そういうことが何度もありました。
    それ以来、30歳になった今も、自分の名前が嫌で仕方ないです。
    名前を呼ばれると、その夜のことを思い出すんです。
    でも、実生活で本名じゃない名前を使い続けるのって難しくて…。
    付き合いそうになったときに、本名じゃない件とその事情とを話しますが、怪訝な顔をされます。
    なんであの彼女さんは、わたしの名前を喘いだのか…。
    改名も考えたけれど、精神的トラウマでも可能なのか…。
    いらない枷をつけられた感じで、なんとも生きにくいです。

    298 :名無しさん@HOME 2017/08/29(火) 23:42:59 0.net
    義父が夫に用事があるのに、義父ー義母ー私ー夫ー私ー義母ー義父と連絡をとってた。
    地元出身じゃないので地名もよくわからないし、遠い親戚の事とかはさっぱり。
    伝言ゲーム状態で話しが噛み合わない事もあるし、とにかく面倒くさい。
    何度か夫にお願いして今は直接になった。でも義母だけは相変わらずで、夫が出張ついでに義実家による時など、何時に来るの?何食べたい?等と何度も連絡してくる。そんなに嫁を介入させたいのかな?

    791 :名無しさん@おーぷん 2016/01/07(木) 21:56:33 ID:nBR
    始めて書き込みます。

    ある年子の姉妹の話。
    今はもう四十路になっています。
    長いうえに鬱な内容です。
    人によっては胸糞と感じられるかもしれません。
    説明不足な点やわかりにくい点も多々あると思います。
    鬱陶しい、不快だと感じられたらスルーでお願いします。

    その家の両親は「しからない教育」でコドモたちの自立性を養うとか言っていた。実際、子供が何をしても叱ったことがない。
    遊んだあとの玩具を出しっぱなしにしていても、友達とケンカをして相手に怪我をさせてしまっても。
    何をしても「いいのよ」とにこにこ母親は笑っていたし、子供がほしいと言えば玩具でも何でも買ってあげていた。小学5年生のクリスマスに姉はティ○ァニーのピアスをねだり、デパートまでいっしょに買いに行った。
    大金持ちというわけではなかったけれど、何万もするものを買い与えてしまう程度には家は裕福だった。
    両親の感覚が世間一般からズレているのはピアスの一件でわかると思う。
    まともな感覚を持っている親は小学生にピアスを開けさせたりはしない。開けたがっても止めるだろう。
    自分の親がおかしいと、先に気づいたのは妹の方だった。

    妹はこの世にはやっていいこと悪いことがあって、社会には社会のマナーというものがあると中学で運動部に入ったことで学ぶことができた。
    違反した場合、それなりにペナルティがあるということも。
    事実、姉はせっかく姉妹で合格した私立中学を「ピアス・毛染め禁止」という校則を掲げる学校側がいくど注意しても改めず、一年の終わりを待たずに退学になった。
    両親や姉は「どうしてそのくらいで退学になるのか」と訴えていたけれど、それがルールだからだ。
    そもそもこの世にマナーがあるから、街には信号や歩道があって安心して歩けるわけだ。

    一つおかしいと思う点が見つかれば、自分のおかしさはいくらでも見つかった。
    妹は箸の持ち方がおかしかった。食べものが口に入っているときに喋っていた。家族が全員そうだったから、それが普通だと思っていた。
    家の普通は普通じゃない。そう気づいてから妹は自分の感覚を普通にする努力をした。
    家の感覚を正そうと両親と姉に何度も会話を試みたが、実ることはなかった。
    私立中学を退学になった姉は地元の中学に転入したが、そのころから思い通りにならないとヒステリーを起こすようになった。
    妹が相変わらず私立中学に通っていたこともヒステリーを育てることになった原因だろう。
    子供に甘い両親は、相変わらず姉の言うことを聞き続けた。
    姉が「妹子だけあの中学に通っているのはおかしい!私が退学になったんだから妹子も辞めるべきだ!」と主張すると「そうだね。姉ちゃんがかわいそうだもんね」と言い、妹を転校させようとした。
    妹は一週間ハンストして転校を回避した。
    「姉ちゃんがかわいそうだから」を振りかざす両親に「転校させるなら餓タヒしてやる」と水だけで過ごした。
    病院送りになった妹を見て、両親は転校を撤回した。
    それから姉妹の仲は険悪になり、姉は何かあると「ハンスト」をするようになったが、食べないのは家の中だけで外ではしっかり食べていたようなので姉が体調を崩すことはなかった。

    34 :名無しさん@HOME 2013/06/26(水) 13:05:08 0
    知人の話なのでスレチでごめんなさい。

    先日実母が実母の友人とした会話の話をしていた。
    実母の友人がトメの立場で息子夫婦の事を話していたらしい。
    実母「○○さん(母友人)がね、お嫁さんのいる時にサ プ ラ イ ズで遊びに行ってあげようとしたらしいのよ~!
    そしたらそれを知った息子さんがね、『嫁子ちゃんに無断で勝手な事しないで!無断で人ん家行くとか失礼だよ!
    嫁子ちゃんに嫌われるような事しないでよ!!』(本当にこんな口調で、息子さんをバカにした言い方だった)って言ったんだって~。
    お嫁さんはかまわないって言ってるらしいのに情けないわよね~」と。
    息子さんの言っている事は至極真っ当だし、お嫁さんは誰にも角が立たない、素晴らしい息子さんだと言ったら不服そうだった。
    実母がクソトメ脳だった事も軽く衝撃だったが、クソトメ達にとってアポ無し凸はサプライズしてあげてる認識だってのも衝撃だった。
    更にそれに立ち向かう息子は「まだまだ私にも嫁にも甘えん坊なムチュコタン☆ミ」らしい。
    嫁に敵意はなさそうだったので本当に悪気が無い=質の悪い無神経だなぁと思った。

    131 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/07/29(土) 22:03:23 ID:xdM55WZp.net
    訳あって実家に帰ってきてるんだけど、実父に本当にイライラする。
    朝から晩までずーーーっと子供向けテレビをエンドレスで流し続けて、一日中、時間関係なくお菓子食べさせる。
    子が絵本読んでって言うから読んであげてたら、すかさず昔話のDVDつけてくる。
    本人は「絵本よりこっちのほうが喜ぶだろう」と思ってやってるんだけど、全てが的外れ。
    3ヶ月の下の子にまで「テレビが観えるように向きを変えようねー」ってテレビ観せようとする始末。
    3歳の上の子は、寝る前のお話が好きなんだけど、それを話したら寝室にまでポータブルのDVDプレイヤー運んできて「寝る前はこれで観れるよ」だって。
    そういう事じゃなくて、寝る前の絵本やお母さんから聞くお話が好きなんだけど…
    テレビつけてあげて、お菓子あげるだけで「優しいおじいちゃん」のつもりなんだろうけど、そんな事するよりも遊び相手してくれたほうがよっぽど助かる。
    私が子供の時、育児は母に任せっきりだったし可愛がり方が分からないんだろうな。
    「テレビ漬け」って言葉知ってる?って言いたい。
    小さい時から、父とろくに話してないせいで、やめてって言えない自分にも腹が立つ。
    早く帰りたい

    61 :名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月) 14:33:24 ID:RGx
    >>15さんを見ていて思い出した、神経わからん話。

    理系の大学の4年生だった時のゼミの担当教授の神経わからん話。
    私は一人っ子で大学のある町で一人暮らしで父は単身赴任をしていた。
    そんなときに電車で2時間の距離で実家に住んでいた母ががんであることが判明した。
    4年で就活も終盤、卒研も忙しい時期だったけれども
    手術や投薬治療を一人でがんばっている母をなんとか支えようと、
    担当教授に話をしてできる限り週末は実家に帰りたい、と相談したところ、
    「俺の嫁も同じガンになったが、5年経ってもピンピンしている。
    ちょっとガンになったくらいで休むとか怠慢だ。お前に紹介した会社の内定を辞退させるぞ」
    と怒鳴って脅された。
    (当時、私の通っていた大学は教授に紹介された企業に入社する、というようなものが多かった)

    それでも母のことが心配で教授の言うことを無視して実家に帰っていたところ、
    いつのまにか、就職先の話はなくなっていたし、その後行われるゼミの情報もシャットアウトされ、
    危うく卒業できなくなりそうなところだった。
    幸い、卒研を見ていてくれた助教授が好意的な方で、なんとか論文は出すことができて卒業できたけど、
    未だに出身大学の名前を見ると、その教授のことを思い出してうんざりするし、
    正直出身だとは言いたくないし、子供にも行かせたくない。
    自分の経験していないことは絶対にありえない、って考える人間は本当に滅びてほしい。

    ちなみに、母は予後があまり良くない乳がんだったため、大学を出た次の年に亡くなった。
    (乳がんと診断されてから1年半でした)
    母の病気で今で言う「アカハラ」みたいな被害に遭うことになったけれども
    母の看病をしたことは後悔はしていない。

    218 :名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金) 07:17:28 ID:9Ww
    ・弟と私でお小遣いの額が違った
    ・父に殴られても弟は庇われるのに私は庇われなかった
    ・弟は制服が破れた時に何も言われなかったのに私はお小遣いとバイト代から差し引かれた
    ・門限に遅れると私は締め出されたのに弟は無罪放免
    ・私は小学校の時から皿洗いをさせられたのに弟は高校まで家事を免除されていた
    ・私だったら怒鳴られてたことが弟はお小言だけ
    ・弟が私のものを取っていくのはスルー。私が弟のものを使うと発狂

    とまぁ一つ一つは端から見れば細々したことなんだろうけど、昔から弟と差別されていた
    高校の頃に一度だけ母に泣きながら訴えたことがあるけど
    「違う子供なんだから育て方が違って当然」
    と言われ
    「それならむしろ私より成績も素行も悪い弟に厳しくすべきなんじゃないの」
    と言ったら
    「弟はあんたと違って愛される。あんたは勉強と家事しかできないから勉強と家事させてる」
    と言われたので
    「それはお母さんが今に至るまでそうなるように育ててきたからでしょう。これはむしろ貴方の差別の証拠でしょう」
    って言い返したら殴られたw

    まぁ当然自立してからは疎遠になるよね
    それでも最低限の付き合いはあったよ。正月には実家に帰ったし夫もちゃんと紹介したし
    夫と私が子供産まないってことで合意してる~って話したら「楽をするな!」って怒鳴られて、夫の給料が私より少ないことを馬鹿にされてからは最低限の付き合いもなくなったけど

    そんな母とこの前十数年ぶりに再会した。
    母に遊びに誘われて、冥土の土産に仲良し母娘ごっこさせてやろうかな~って感じ
    いつの間にか母は車いすになってすっかり老け込んでいた。
    付き添いで義妹が来てくれた。眉間のシワが印象的な人だった
    ご飯食べたり観光地を案内したりしてブラブラ。3人とも心の中では楽しんでなかったと思う
    レストランで晩御飯を食べてる時、義妹が電話するっていって席を外した隙に母が怯えるように私に相談してきた
    簡単にまとめるとトイレの付き添いが面倒だからって一日に一食しか与えられてないらしい
    諸々の介助も耳元でブツブツ嫌味言われながら行われるらしい
    流石に殴る蹴るみたいなわかりやすい暴力はないけど機嫌が悪いと太腿をひねられるとかなんとか

    「違う人間なんだから運命が違って当然」
    って言ってやったw
    母は自分が言ったことを覚えてないみたいでポカンとしてた。それだけがちょっと心残り
    母は義妹の押す車いすに乗って帰っていった
    ちらっちらっと私の方を何度も向いてきて面白かったわ

    888 :おさかなくわえた名無しさん 2010/12/07(火) 19:50:22 ID:T5joIKp8
    仕事先の人に連れて行かれたオカマバーで、十年ほど前から行方をくらませていた兄と再会した。
    お互い目が点になったが、兄には兄の事情があるんだろうし、
    向こうも
    「もう一生会えないと思ってたわ!こんな所で会えるなんて!」
    とか喜んでたから良かった。
    お店のオカマのお姉さん達とも仲良くなって、一気に姉が沢山出来た気分。

    756 :名無しさん@HOME 2008/04/02(水) 14:54:02 0
    実弟がエネ夫で、それがきっかけで私は実家と絶縁してる。
    実母は元々息子ラヴ!な人だけど、弟は昔からそんな母の言動をウザがってると思ってたから話を聞いてその豹変ぷりにびっくり。
    たぶん義妹ちゃんがSOS出してくれなかったら全然気づかなかったと思う。

    弟が結婚したのは4年前。
    結婚式もこじんまりとやって、最初は別居。母親が定年退職したら(もしくは弟夫婦に子供が出来たら)同居、ってことで話がまとまっていたらしい。
    実家は古い木造住宅だからいずれはリフォームして2世帯住宅ね~なんて母親が話してるのはチラッと聞いたことがある。
    (あー、帰ってくるなってことだな・・・って思った)

    家族同士で連絡を取り合うことなんて滅多になかったのに、ある日義妹ちゃんから携帯に何度も着信があった。
    「今から会いに行ってもいいですか?ご相談したいことがあって・・・。」新幹線と飛行機乗り継いで3時間以上かかるのに。
    よくよく話を聞いたらもう飛行機降りてこっちに向かってる、もうすぐ着くという。
    一足先に待ち合わせ場所に着いてた義妹ちゃんを見てびっくり。
    ちょっとふくよかな感じだったのが見る影もなくやつれて、しかも真冬なのにコートなし。足元サンダル。
    持ち物も少し大きめのハンドバッグ1個。どう見ても計画した泊まりの格好じゃない。

    つづきます

    950 :名無しさん@おーぷん 2018/05/01(火) 14:04:29 ID:RCO
    俺の兄の体験した修羅場

    深夜いきなり寝ていた俺が起き出して
    寝ている兄を揺すり起こし
    「○○!!扇風機!!扇風機が来る!!逃げるぞ!!」
    と叫び寝るという事をしたらしい
    朝番で明朝に起きないといけなかったのに
    寝言の内容が気になって寝れなかったそうだ

    ごめんよ...

    593 :1/2 2013/09/14(土) 00:51:04 ID:recbYG3q
    足の痛みの原因が、骨が多かったってことだ!
    最初に痛んだ時期が成長期で親に「成長痛」だと言われ納得してた。
    でも一人じゃ立てなくなって、整形外科へ。

    レントゲン写真見て、お笑いする医者。
    「あなたねw 普通の人より骨多いんだよwww
    ほらここww(レントゲン写真指して)薬出すからww塗ればいいよw」
    で、サロメチールみたいの処方されて終わり。
    母に「何だったの?」と聞かれ、「ここの骨が多いんだって」と
    自分の痛む部位を指したら、母にもあった。
    帰宅後、家族全員にそのことを告げたが、みんなその骨あるのw
    でも、痛むのは私だけ。
    当時はネットも無かったし、それ以上調べるにも「家庭の医学」が限度。
    とりあえずサロメチール塗って安静に。
    そのうち痛まなくなったが、度々ぶり返すたびアイシングなどしていた。

    このページのトップヘ