家族

    840 :名無しさん@おーぷん 2016/03/23(水) 16:34:25 ID:mNl
    私が1才の頃に両親離婚、それ以来父親には会ったことがなかった
    父方の祖父が亡くなり、遺言で私に遺産相続があったので、相続会議のために
    両親離婚後初めて父方実家に行き、そこで父一族に会ってきた
    ほぼ初対面に近い父も「大きくなったなー」と優しくしてくれた

    びっくりしたのが父の妹が私にそっくりだったこと
    叔母も「私の若い頃と同じ顔だわ」と驚いて若い頃の写真を見せてもらったけど本当にそのまんま
    私は父似だと聞いていて、父と叔母は兄妹だから似ていて当然なので
    結果的に私と叔母が似ていても不思議ではないが、それにしても生き写しみたいだった

    会議の終わった後の食事会でも私と叔母のそっくりぶりで盛り上がった
    が、そこで両親の離婚理由が「父が極端なシスコン」だったと酔った親戚の口から判明
    話を聞く限り叔母は兄をどうとも思っていなかったらしいが、父は年の離れた妹が可愛くてしかたなく
    母の私物を勝手に妹にあげてしまったり、妹の誕生日だからと臨月の母を置いて出かけたり
    やりたい放題だったらしい
    それに母が腹を立てて離婚を申し立て、父も「妹と会うのを邪魔する嫁などいらん」と応じたそうだ
    叔母は幼少期から兄のシスコンぶりに引いていて、なんとか距離をとろうとしたそうだが
    どんなに逃げても追いすがってくるので諦めきっていて、多分そのせいで今も独身
    両親離婚時には叔母が母に土下座して謝罪していたそうだ(親戚が目撃していて、笑い話みたいに言われた)

    それを聞いてから、父の優しさの理由がわかってドン引き
    日帰りの予定だったのを泊まっていけとしつこく引き止められたけど逃げ帰ってきた
    うっかり電話番号を交換してしまったので着信が大量にあるが、無視してたら
    会いたいだの愛してるだの、気持ちの悪いSMSが送られてきててさらにドン引き
    叔母からも「ごめんなさい、なんとか止める」とSMSがきてた

    母が離婚理由をかたくなに言わなかったわけがよくわかった
    母に相続会議に同伴してもらわなくて本当によかった

    69 :名無しさん@HOME 2017/09/20(水) 15:09:23 0.net
    うちは実父がDV野郎で、殴られても耐えてる母が可哀想だった
    私が何度も離婚してと頼んでも耐えてるだけだった母が
    職場の上司(女性)が動いてくれて離婚したのが私が小学5年の時
    ようやく平和な日が来る、これから私と弟が母を守らなきゃ!と思ってたのに
    離婚後半年もたたないうちに男を連れてきて「今日からあんたたちのお父さんよ」
    これに怒った女性上司ににらまれて居づらくなって会社を辞めて
    その後母は再婚妊娠出産
    育児は放棄気味で新しい男と出掛けてばかり、私と弟で赤ん坊(妹)の面倒を見た
    見かねたご近所さんが児相に連絡してくれたら
    新しい男が私だけ残して2人は施設に預けると言いだした
    これは犯されるか杀殳されるかのどちらかだと思って実父の所に逃げた
    それから25年
    母がタヒんだと今朝連絡が来た
    顔を見に行くべきか行かざるべきかそれが問題だ

    429 :おさかなくわえた名無しさん 2010/01/18(月) 20:42:04 ID:EmZfb+mm
    うちの父は仕事帰りに甘い物を買うのが趣味らしく、
    しょっちゅうプリンやらケーキやら大福やらを買ってくる。
    うちで甘い物が好きなのは父だけなのに、
    1個だけ買うことはなく、なぜかいつも家族の人数分。
    「自分が食べる分だけ買いなさいよ」と言っても全然きかない。
    夕食後に買ってきた物を冷蔵庫から取り出す時も1個じゃなく複数個。
    「みんな食べないんだから自分の分だけでいいよ」と言っても、
    「別に食べなくていい。僕が食べるから出してるだけ」と言う。
    でも食べるのは毎回1個。
    残りはしばらく食卓に出てて、あとで誰かが冷蔵庫にしまう。

    という生活がずいぶん長かったんだけど、
    最近は私がデザートのお相伴にあずかるようになった。
    一度気が向いて「もらっていい?」と聞いたら
    「いいよ!」って声があまりにもうれしそうで逆らえなくなった。
    ダイエットとは無縁だったのに、笑顔に負けて肉が増えた・・・・

    811 :名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月) 11:46:59 ID:BzP
    私には年の離れた姉がいるんだけど、他の家族とは系統の違う顔立ちをしている。
    不細工というわけではなくむしろ端正。美人までは行かずとも整った顔をしている。
    キリッとした目鼻立ちだとか薄い唇だとか二重とか二重とか、子供の頃は羨ましくて駄々をこねたりしたけど、今となってはそれぞれのパーツが誰由来なのか不思議。
    だって母にも父にも似ていない。
    母方父方の親族にも似ていない。
    でも先日、母と姉と出かける機会があって偶々姉の容姿の話になった時、長年の疑問が氷解した。
    姉、父に激似だった…。
    それも小中学生の頃の父に。
    後から母に子供の頃の父の写真を見せてもらったけれど、何も言われなければ姉の昔の写真と勘違いするレベルでそっくり。
    今の父の姿からは想像もできないくらい端正な男の子が写っていた。
    聞けば、姉は幼馴染の女の子に告白まがいのことをされたり、同級生の子に「なんで男に生まれなかった」と惜しまれたことがあるそう。
    謎が解けてスッキリしたのはいいけど、あの父が昔は中々のイケメンだったことの方が衝撃的で何も考えられない…。

    865 :名無しさん@おーぷん 2017/08/06(日) 21:46:26 ID:UjO
    投稿には慣れてないのですが、友人からここに吐き出したらと勧められ、書いてみました。書いたらすごく長くなってしまいました。
    しかも、親に復讐した話なので、不快になられたらごめんなさい。

    私は二人姉妹の姉で、母からは妹と差をつけられて育ちました
    といっても、虐待やネグレクトというわけではなく、単に相性の問題なのですが
    妹とはいわゆるピーナツ母娘で、いつも賑やかにキャッキャしてるけど、
    私とはソリが合わないという感じ。
    私が二人が話しているところに加わろうとすると、
    「え?」という表情で二人で顔を見合わせて黙り込んだり、
    二人が出かける時に、母は一応私も誘うのだけど、
    「行く」と言うとあからさまに迷惑そうにしたり という具合でした。
    母と妹はよく一緒に出かけて、そのたびに妹は服とか色々買ってもらってましたが、
    私が何か買ってもらうことはありませんでした。
    それを不憫に思った父が私に何か買ってきてくれると、妹は「贔屓だ」と泣き、
    母は「お前は姉なのに、妹がかわいそうじゃないのね。
    あんたはそういう子だから…」と嫌味グジグジ。

    188 :名無しさん@おーぷん 2018/03/26(月) 17:36:39 ID:flR
    母の口癖は「普段の行いが悪いから」
    学生時代、私が部活や体育の日で突き指、捻挫、打ち身などしても「普段の行いが悪いからそうなる」
    春先のちょうどこの時期、体調を崩しやすいんだけど、それも「普段の行いが悪いから」
    中学の期末テストで先生が設問を間違えて、大多数の生徒がその問題に答えられなかった時も「あんたの普段の行いが悪いせいで皆に迷惑をかけるなんて」と言われたし
    私が中学に上がる年からジャージのデザインが変わって、姉のお下がり(旧デザイン)が使えなくなったのも「私の普段の行いが悪いせい」で余計な出費が増えたそうだ

    そんな母も還暦を超えた
    50代の半ばにヘルニアを発症し、生まれつき腰の骨が足りないとか何とかのせいで色んな合併症を起こして、5時間を超える大手術に
    手術自体は成功したが、ピークに比べれば軽減したものの残る足腰の強い痛み
    おそらく生涯痛みがなくなることはない、痛み止めは体がいくらでも慣れてしまうから処方するだけ無駄、と言われて痛み止めを飲むことはできない
    冬は冷えるため特に痛みが強くなるらしく、この辺りは豪雪地帯だけあって、東京を基準にすると冬が来るのは早く、春が来るのは遅い
    元々生理が重くて、酷いときは痛すぎて嘔吐したことも気絶したこともあり、閉経してホッとした数年後のことだった
    さらに40代後半から発症した花粉症で、この時期は鼻水やくしゃみが止まらず、くしゃみをすれば足腰の痛みに響く

    その人に訪れる悪い出来事が「普段の行いのせい」ならば、母はどんな悪行を積んできたのだろう
    生涯治ることのない痛みと花粉症に悩まされながら、どうか長生きしてほしい

    307 :名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水) 11:35:36 ID:fbT
    家族で夕飯食べてたら、弟がいきなり立ち上がって
    「ごめんなさい。大学行けなくていいから100万円貸してください」
    と親に向かって泣いて頭下げた時。

    事の起こりは、当時中1だった弟が家のPCでこっそりアダ○トサイトを見ようとしたことからだった。
    弟はリンクで飛ばされてるうちに架空請求のページを踏んでしまった。
    当時はまだ架空請求が流行り始めた頃で、中高校生の間じゃそんなにメジャーではなかった。
    弟はどんどん膨れ上がる金額に恐怖し、叔父に相談した。
    叔父は父の弟で、かなり歳が離れていて当時まだ20代だった。
    叔父甥というよりイトコのような間柄だった。
    親には恥ずかしくて言えないけど、叔父になら…と相談したんだと思う。
    叔父は「俺にまかせろ」と言い、数日後
    「なんとか業者と話をつけてやったけど、100万もかかった」
    と弟に言った。
    それ以後、弟は叔父のパシリになった。
    最初は「何々買ってこい」とかたわいない内容だったんだけど、段々エスカレートして
    ついに「クラスメイトの女の子を斡旋しろ」と叔父は言い出した。
    弟は「さすがにそれは…でも100万円の借り…」と思い悩んだ末、
    親に打ち明けて借金を返してもらうしかない!と決心し、夕飯中に告白したのだった。

    150 :名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火) 16:42:26 ID:k4a
    同居の祖母の神経がわからん。
    私と祖母以外働いてるか学生やってる。
    私はちょっと厄介な病気持ちでフルタイムでの就職が厳しいから父の扶養の範囲に収まるくらいの時短勤務で働いてる(週4で9時から15時、休憩1時間だから実質週20時間勤務)
    祖母は定年退職してから悠々自適の年金暮らし。
    他の家族より働いてる時間も家に入れるお金も少ないから家事は私と祖母で分担。
    私→朝食&弁当作り、洗濯、洗濯干し、家の掃除、夕食の片付け、ゴミ出し
    祖母→お風呂掃除、洗濯取り込み、洗濯畳み、夕食の準備
    祖母ももう腰痛やら腱鞘炎やらって身体にガタが来てるから基本重労働系は私がやるようにしてるのと仕事との兼ね合いでこんな分担。
    他の人も休みのときには手伝ってくれるしそのことに不満はお互いない。
    けど、何日かに1回祖母が自分の担当の家事を私にやらせようと画策してくる。それはまあ別にいい。
    身体がしんどいときもあるだろうし私も自分が持病の治療で通院しないといけない日は祖母に交代頼んだりするし。
    でも頼み方が気に食わない。できない(やりたくない)なら素直に「○○代わってくれる?」とか頼めばいいのに
    「私ちゃん、今日お風呂はいるよね…?
    入るなら洗わなきゃだよね…あーきついなあ。昨日洗ったから今日洗わなくていいかなあ。でもきついなー。私ちゃんやるやろ?」
    素直に頼めよ。一事が万事全部こんな調子で頼んでくるから腹が立つ。微妙に察してちゃんな言い回しで言ってくる癖に最後は「やるやろ?」ってさも代わって当然な感じで言ってくるのが腹が立つ。
    しかも代わってもお礼も言わないし。
    私頼むときいっつも頭下げて頼んで恩着せがましくネチネチ言われてお礼まできっちり言ってるし別日に代わったりして穴埋めしてるのになー。
    物の頼み方知らないのかなー。
    ほんと、神経わからん。


    133名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)16:02:38 ID:???
    神経わからんし意味わからんな話
    光GENJIのやつが託卵されたってワイドショーで騒いでた時嫁とテレビ観ながら
    うちもDNA検査やってみたほうがいいなーってシャレで言ったのよ
    そしたら嫁真っ青になって発狂
    これはあやしいとピンときて嫁の反対を押し切って検査した

    そしたらシロで息子は俺の子だった
    めでたしめでたしなのに嫁は怒ったままで別居

    シロなのに顔面蒼白になって発狂した嫁がイミフすぎてやっぱり身に覚えがあるに違いないと
    母にグチったら泣かれてああ親不孝したなと思ったよ
    変な嫁もらってごめんかーちゃん 

    520 :名無しさん@おーぷん 2018/03/03(土) 23:52:13 ID:X8t
    私の一個上の姉が当たり悪すぎて衝撃
    日ごろ家で「あんなことがあった」と不安を話してて、それが普通ならありえないだろってことばかりで
    家族からずっと「大げさ」「被害妄想でしょ」と言われてたんだけど
    母方の法事→父方の従姉妹の結婚式のハシゴで姉と5日行動を共にして、姉の普段の愚痴が被害妄想でも誇張表現でもないことが判明した

    例えば、ホテルのバイキングで食事をしようとしたら、走り回ってた子供にトマトソースを飛ばされべっとり(姉は座って食べてただけ)
    レストランで2000円のランチを注文したら、冷たいハンバーグと硬いチーズの載ったチーズハンバーグが出てきた(ホールの人が新人で、オーブンに入れ忘れたのを気づかなかったらしい)
    ソース飛ばされた服の代わりにセットものを購入したら、付属品ががっつり忘れられてた
    夜のレストランでディナーセットを頼んだら、姉だけメインディッシュ忘れられてる
    お願いして持ってきてもらったら、違うものが届く
    時間が無いので姉がそのまま食べていたら、隣の席のオバサンに「食べ方が汚い」と絡まれる
    (全員食べ終わってからメインディッシュが来たので、電車の時間もあり5分で流すように食べてた)
    帰りの電車、姉の指定席に知らない子供が座って自分の席だと主張

    一番衝撃だったのは、姉がどれもヘラッと受け流してたこと
    姉はいつも楽天的でニコニコしてて、世界は幸せで溢れてますってくらい能天気な人だったんだけど
    逆に姉くらい世の中の小さな幸せを見つけられる人じゃないと、とうに病んでるんじゃないかと思う
    でもなんで姉だけこんなに当たりが悪いんだろう
    よく「不幸そうな人は自分から不幸を呼び込んでる」というけど、姉は家族以外こんな不幸体質だと知らないくらい楽天的なのに
    てか姉くらい幸せそうによく笑う人を他に知らないわ

    オカルト好きな人が「姉は妹たち(四人姉妹)と家族の不幸を吸い取ってるんじゃないの」と言ってたけどそんなことあるのかな
    確かに姉は小学生の頃に高熱で右耳が聞こえなくて
    中学生の頃トイレが鮮血で染まるくらいの血便で入院してタヒにかけて
    高校生の頃は入試前に車に轢かれて脳髄漏れたこともあったけど
    私達のせいなのか・・・

    274 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 04:40:46 ID:0QjNNbKK.net
    学生時代からトラブルを起こす、女は取っ替え引っ替え、卒業後も定職にも就かずぶらぶらしてた弟が、地元では相当有名な公衆便所とあだ名のつくようなDQNと結婚した
    正直すぐ離婚だろうだと思ってたが、数年後久々に再会したら見事なまでにまともになってた
    弟は正社員になり髪も短く、言葉を知らないことはあっても言葉使いはまとも、物凄い数つけてたピアスも外し猫背が直ってた
    弟嫁は結婚の挨拶にジャージとサンダルで来てたのが、今回はジーンズにTシャツを着て出迎えられ「こんな格好でごめんなさい」
    いつの間にか産まれてた子供には意味も字も綺麗な名前をつけ、まだ3歳なのに自分の名前が漢字で書ける子供は今そろばんに興味津々らしい
    弟は「俺そろばんなんてマラカスにして遊んだことしかないからやり方覚えなきゃ」と言っている

    失礼ながら頭の中で「マイマイがプラって習ったよなぁ」と思ってしまった
    それくらい衝撃的だった

    798 :名無しさん@おーぷん 2018/02/20(火) 12:26:49 ID:OSM
    個人的衝撃体験
    今年弟の成人式があった。私と弟は16歳歳が離れており、母親が38歳の時に弟が生まれた
    そんな弟が成人式のお祝いの時に一言
    「俺、小学校6年の時まで、姉ちゃんが母ちゃんだと思ってたんだよね」

    こいつアホだと思ってたけど、マジか…
    いや、確かにそのくらいの時期私は無職で母親は普通に働いていたから学校行事とかでてたけどさ

    838 :名無しさん@おーぷん 2018/02/03(土) 12:13:26 ID:WRO
    私の父は精神科医。
    人の心理を分析するのは得意だけど、人の気持ちに寄り添うことはできない。
    例えば昔映画を観に行った時、ポケ◯ンの攻撃を受けて倒れた主人公に黄色いネズミが縋り付くシーンで号泣するわたしの横から、
    「泣くところ?」
    とツッコミを入れる程度には無神経だった。
    でも、私が大学生になってある男からつきまといを受けるようになり、心底参っていたら相談に乗ってくれた。
    男の口調、電話やラインの内容、私から見た男の性格、男の交友関係などなど、根掘り葉掘り聞いては
    スラスラ紙に書きつけている様子だった。
    しばらくしたら父は「おそらく自閉症のグレーゾーンだと思う」と言った。
    そのまま父は私にいくつかのアドバイスをくれた。
    曰く、男に刺激を与えないようにFOするには段階を踏まないといけないとのこと。
    詳細は省くけど、例えばラインをブロックしたいのならストレートに「ラインしないで」と送るとか。
    相手は他人の気持ちに鈍感なので、いくら私が"何故ラインをしたくないのか"を説明したところで理解できない。
    逆にスッパリ断った方が「そっか」となるらしい。
    こんな感じで私は徐々に男から距離を置くことに成功している。
    相変わらず父は無神経な言動で母を苛つかせているけれど、私は少し見直した。
    人間関係に悩んでる人がいたらカウンセラーや精神科医に相談してみるのもいい手かもしれない。

    545 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/10(日) 09:50:09 ID:edeGOxng
    最近のホテルの不祥事なんかを見ると思い出すガキの頃の出来事。

    当時は景気も良くて、月一ぐらいの頻度で家族で通うステーキ屋があった。
    ある日、いつものように食事していると、いつものように給仕長が
    挨拶に来て「お味はいかがでしょうか?」と聞いた。
    オヤジとかは普通に返してたんだけど、俺はボソッと
    「いつもよりちょっとかたいかも」って言っちゃったんだよね。
    そしたらいつも笑顔の給仕長の顔からすっと表情が消えて、
    「ちょっと失礼します」というと、テーブルの上の俺が食べてる
    ステーキを一切れ食べちゃった。
    そして、びっくりして固まってる俺ら家族に
    「そのままもうしばらくお待ちいただけますか?」と言って
    足早に厨房に入っていた。

    分けます

    786 :名無しさん@おーぷん 2018/02/14(水) 16:20:39 ID:zyH
    中学生の頃、物知りな父親に「ボブカットはどうしてボブカットと言うのか」と聞いたところ
    「ボブマリーが由来だよ」と答えられた。当時、ボブマリーを知らなかったが、「そうなんだ」と父の言う事を信じ込んだ。
    ここ最近になって、ネットも発達して初めてボブマリーの姿形を目にする事になった。
    全然、ボブカットにかすってもいない髪形をしていた人物だったw
    20年以上、騙されていたよ。???

    486 :名無しさん@おーぷん 2018/01/26(金) 01:29:29 ID:qgS
    認知症15年選手で90超えた祖父が去年あたりから体を壊して度々入院するようになった
    親が同居していて祖父は主に母が面倒を見ており、孫である私達(三姉妹)は皆遠方にいるけど入院のたびに必ず駆けつけてた
    文字も絵も書けない、身内の誰の顔も認識できない祖父が、孫達を見るとハッとしてすごく喜ぶし、それで回復してるような兆しさえあったから
    「やっぱり実の孫はどこかでわかるのね!こんなに嬉しそうなおじいさんは久しぶり、元気になってくれて嬉しい」
    と祖母も両親も喜んでた。孫パワーすごい!みたいな
    でも年末にまた肺炎で入院した祖父の元に駆けつけた時、祖父が孫をみて元気になってたのは単純に若い娘に興奮してただけだとわかった
    私の手から腕から嬉しそうに触ってきて、綺麗だなあと連呼、弱々しく覚束無い細腕で私の服を脱がせたいような素振り
    また、年配の看護師さんには無反応なのに、20代くらいの可愛い看護師さんにあれこれされてるとすごくニコニコして元気そう
    当初は喜んでた母も薄々感づいてきて「あんたたちみたいな若い娘がくるとおじいさんも元気になるからまた来てやって…」と力無い一言

    祖父はお国から勲章を頂いたような人で、人格者だし誠実な人だった
    祖母のことも大事にしてたし、周りの人間みんなに敬愛されてた
    紳士的な祖父が格好良くて大好きだったし、色々な人から慕われていたのに
    母はシモの世話までつきっきりでしているにも関わらず、祖父は無反応
    おしめも替えられない、ただ数日顔を出すだけの孫の私達や、身内でもない若い看護師さんにニコニコして元気になる祖父を見てたら
    なんだかものすごく遣る瀬無くなった。男の本能ってこんなもんなんだなって
    心から尊敬してた祖父だけど、結局オスの生存本能って若い女に尽きるのかと思ったらとても悲しくなった
    今の旦那も私のことを物凄く大事にしてくれるけど、老いて態度が変わったり、結局は若い女の子がいいような素振りが見えたら
    正直母のように甲斐甲斐しく介護したり、介護まで行かずとも心から支えようという気にはなれないと思う
    どこかで仕方ないとは思いつつ、男の性根というか本能的な部分に心底がっかりしてしまった

    153 :名無しさん@おーぷん 2018/01/19(金) 21:34:51 ID:CX1
    スーパーで半額になっていた生ワカメを買った。
    今まで乾燥か塩蔵のしか使った事が無かったけど、生のはスゴい磯の香りがするのね。
    懐かしい海の匂い。故郷を思い出した。
    田舎の港町で生まれ育ったけど、家庭環境があまりよろしく無かったので
    家族の手料理や地元の海の幸を食べた記憶はない。
    でも小学校の夏休みに、一人でテトラポットに座って菓子パンを食べながら
    海に夕日が沈んでいくの見るのが好きだったのを思い出した。
    朱色の空が、藍色の絵の具を水で薄めた時の色に変わるのが大好きだった。
    水平線が暗くて見えなくなると、家に帰った。
    夜8時くらいまで女の子供1人で今考えると物騒だけど、20年前の田舎では珍しい事では無かった。
    同じ様な仲間もいたし、隣の校区の子供たちと縄張り争いもした。
    地元は嫌いだし親と絶縁して10年近く経つけど、悪い思い出だけでも無かったんだなー。
    大鍋一杯のワカメの味噌汁を、1人でどうやって消費しようか。



    1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:51:06 ID:OICxeYSW.net
    書き留めていないので遅くなります。
    身バレが怖いので若干のフェイクを入れさせていただきます。
    御了承ください。

    763 :名無しさん@おーぷん 2018/01/13(土) 08:27:16 ID:Bzm
    弟が高二の時、家にA子ちゃんという女の子を連れてくるようになった。
    お、彼女が出来たか? と思ったが、ただの友達だそうだ。
    でもA子ちゃんは全身からラブラブオーラを出してるし、弟も一緒にいて楽しそう
    だったので、きっとすぐに付き合いだすだろうな、と思った。
    A子ちゃんの家が近くだったのもあって(自転車で10分くらいだそうだ)、A子ちゃんは
    ちょくちょく家に遊びに来た。
    でも結局弟とA子ちゃんは友達同士のまま高校を卒業した。
    弟は家から通える大学に進学したけれど、A子ちゃんは他県の大学に進学して一人暮らし
    になり、うちに遊びに来ることもなくなった。


    高校を卒業してから弟はやたらとスマホを気にするようになった。
    友達と離れて寂しいのかな、くらいに思っていた。

    その年のゴールデンウイークが終わった後、一週間くらいして弟が騒ぎ出した。
    A子ちゃんはゴールデンウイークに実家に戻っていたのだけれど、弟は完全にスル―して
    いたのだそうだ。
    「散々人のこと好きだ好きだとか言っておいて、もう俺のことを忘れたのか。女は冷たい」
    と喚く弟から、詳しく話を聞いてみた。

    A子ちゃんは高校生時代、何度も弟に告白していたそうだ。
    しかし弟は「恋愛とかよく分からないし―、お前のこともよく知らないし―」と、
    はぐらかしていた。
    さらに卒業式の日にもA子ちゃんは弟に告白したそうだが、弟は
    「俺もお前のことが好きだよ! ……友達としてw」と言いやがったそうだ。
    そりゃあA子ちゃんも心が折れるわ。


    先日弟がどこかからA子ちゃんに彼氏が出来た聞いてきて、「女は冷たい! あんなに
    好きだ好きだと言っていたくせに!」
    と喚いていてうっとうしいので吐き出し。

    399 :名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水) 10:09:40 ID:ULw
    新年早々気分が悪い
    私には姉がいて、コイツが非常に厄介なヤツ
    顔はまあ美人だと思うけど性格が凄い。本当に凄い
    口を開けば自分の自慢話か人のコンプレックスを嘲笑いいじり倒す。私が親戚に髪を褒められれば「いや、ボサボサじゃんw私ななんて毎月トリートメントしてるからw」と必ず自分の自慢話に持っていくタイプ
    高校大学と私立で持ち上がりのため受験で苦労した事もなく、就職も親のコネでサクッと決定
    親もそんな姉を溺愛しているのか、私が酷いこと言われ訴えてもスルーかあいつは運のいいヤツだから。と言うだけ
    そんな姉のいる実家に夫と共に帰った時に事件が起こった
    親戚一同が集まる中、私が話題の中心になったことない気に入らないのか姉はデカイ声で「いや、お前整形してんじゃんwww」
    親戚の空気が凍った。私は重い一重がコンプレックスで整形していたけど夫も親も了承済みだったけどこんな大勢の親戚の前で暴露した姉に猛烈に怒りが湧いてきた
    「いくらなんでもありえないわ」
    「なんで?w事実じゃんw」
    「お前なんでいつも喧嘩売ってくるの?」
    「は?wうってねーしw何怒ってんのw」
    ヘラヘラ笑う姉にブチ切れてそのまま夫と家を出た
    親戚、両親共になんのフォローもないまま。むしろ、妹なんだからあんまりお姉ちゃんに楯突くな、と怒られた
    もう二度と帰省しません。疲れました

    このページのトップヘ