スカッとした

    602 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 20:57:00 ID:nIw0cFhu.net
    昨日の朝コンビニへ行ったら
    入るときにゴミ袋を持った店員さんとすれ違った
    そしてレジ待ちの列に並び私の順番が来るのを待っていたんだが
    「こちらへどうぞ」と呼ばれたので見てみれば先ほどの店員さん
    でも2回も3回も呼ばれたけど無視してやった
    そして4回目に言われたときに
    「おたくのゴミがどれほどキレイなのかは知らんけど
    ゴミを触って手も洗わんような奴にレジはしてほしくない」
    とはっきりと言ってやった

    店員さんはばつが悪そうに黙って手を洗ってたよ
    (しかも水道が私がレジしてもらっているカウンターを挟んで真ん前w)

    282 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:50:19 0
    セク八ラウトと良トメコトメと同居中。
    夕飯の支度中に被害に遭うのでその場で〆てくれるのがトメさんだけなのをいいことに日に日にエスカレート。
    旦那とコトメちゃんも知っていて〆てはくれているがあまり効果なし。
    私が昼から出かけなくてはならず夕飯の支度ができないのでコトメちゃんに交代してもらったある土曜日のこと。
    私とコトメちゃんは背格好や服の趣味が大変似通っているので台所で料理をしているのが私だと思い込んだウトはコトメちゃんのお尻をさわさわ鷲掴み。
    振り返ったコトメちゃんに「気持ち悪い…。」と真顔で言われてからはセク八ラはなくなった。
    生まれたときから蝶よ花よとそれはもう溺愛して育てた実の娘に気持ち悪いと言われたのは大変ショックだったようだ。
    セク八ラを除けば良ウトなので現在は快適な同居生活です。

    197 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:48:54 0
    義実家に行くと、コトメがつまらない事を根掘り葉掘り私から聞き出しては
    ケチを付けるのを楽しみにしている様子。
    例えば、鮭の皮は好きか?と聞かれて別に好きでも嫌いでもないと答えると、
    鮭の皮はこの世で最も美味しい食べ物だって言われているのに、嫌いだなんて変!
    信じられない!舌が貧乏だ!味覚がおかしいんじゃない!?
    ...と、それはそれは嬉しそうに絡んで来る。
    普段は夫かウトメの「煩い!」って一声で黙るんだけど、その日は大トメの
    「そんな油くさい物を食べなくても、生きて行けるだろうが。」
    というキツい一言で、コトメが固まった。
    おまけに、私を指差して
    「さっきから見とったけど、静江さんは奇麗に魚を食べている。野菜も残してない。」
    「お前みたいに好き嫌いの多い、箸も使えない女は、静江さんをよく見習え。」
    という事を、方言で淡々と述べてくれた。
    (大トメは私を孫の嫁だと認識できずに、静江さんという他人の名前で呼んでいる)
    大トメがコトメの事を憎々しく思っている事が伝わって、おばあちゃんっ子の
    コトメにはこれが堪えたみたいで、涙を浮かべて部屋にこもってしまった。

    619 :おさかなくわえた名無しさん 2018/01/11(木) 09:43:27 ID:CZQ2ngJH.net
    会社の先輩が糖尿病になった

    それから奥さんの愚痴が凄い
    飯の味が薄いのに 醤油を掛けさせてくれないだの
    ご飯のおかわりをさせてくれ無いだの
    禁酒させられただの毎日言ってる
    糖尿病なんだから当たり前の事なんだが 
    本人に自覚が無く 奥さん大変そうだなと思っていた

    ある日 いつものようにグチグチ言い始めたら 
    所長が先輩に 奥さんが言う事を聞く方法を教えてやると言いだした
    タヒ亡時に1億円出る保険に加入しろ そうすれば何でも食べさせてもらえる
    先輩は大激怒してたけど お前が言っている事はそう言う事だ タヒにたいんだろ?
    と言うと先輩は黙り込んで それからグチグチ言わなくなったので助かった

    自分の体なのにここまで言われなきゃ分からない先輩にスレタイ

    682 :名無しさん@HOME 2012/12/28(金) 18:47:18 O
    「嫁はこうすべきああすべき!!」
    と別居なのにわざわざ嫁いびりに我が家に来る姑に辟易していつかDQN返ししようと思ってたけど、
    既婚男性板のまとめサイトを見てふと思った。
    姑も同じ目にあっただけなんじゃないかと。

    だからこの前姑に「嫁は姑の言うことを何でも聞くものなの!!」と怒鳴られたとき、
    「お義母さんもそうしてきたんですか?それは大変でしたね」と返してみた。
    (まとめサイトと大体同じ台詞)
    振り上げた手を止める姑。
    いつもなら肩を叩かれるんだが、
    そのまま踵を返して帰ってった。
    次の日昼間にやってきた。
    いつもとは違う空気で思い詰めた表情の姑。
    促して座ってもらったら、昔話をぽつぽつとし始めた。
    真向かいに座ってたのにいつの間にか静かにすすり泣く姑の肩を抱きつつ頭を撫でていた。
    「こんなに話を聞いてもらったのは何十年ぶりだ」
    「誰にも聞いてもらえなかった」
    「ありがとう」
    と…すすり泣きながら感謝された。
    というか私も泣けた。
    あんまりな話だった。

    また次の日に姑は私の好きな食べ物を土産にもってきて、手をついて謝ってきた。
    それからはお互い気をつかいつつ、甘えつつ、いいかんじの距離。
    二人でお洒落なカフェ巡りしたりお花見したりしてる。

    ただ良い舅と思ってた舅が大嫌いになった。

    このページのトップヘ