結婚

    454 :名無しさん@HOME 2016/08/12(金) 17:12:50 0.net
    来年結婚する彼に助けられた件を。

    私の両親は私が子供のときから二人とも不倫をしていて、親がほとんど家にいない生活だった。
    兄と違ってプレゼントやお年玉をもらえず、誕生日を一度も祝ってもらえなかった。
    女だからという理由で父方の祖母から虐待まがいのいじめを受けていた
    なんとか奨学金を得て専門へ進学したけど、奨学金を祖母に使い込まれてバイトしながら必タヒで卒業できた。

    社会人になったら、祖母はパチ代を毎月もってこいと言って
    数万円づつ、取り上げられていた。

    652 :名無しさん@おーぷん 2017/04/21(金) 15:59:48 ID:bvX
    前の結婚生活で姑の介護ほっぽりだして離婚して元旦那を退職させたこと
    元姑はまだらボケで、元夫の強い希望で私が仕事をやめて介護することになった
    それなのに元夫は私を寄生虫扱いしてきた
    仕事をしていたときは私のほうが給料高かったし楽しかったのかも
    寄生虫呼びに三回までは耐えて姑放って実家に帰った
    元夫は怒ってみたりなだめてみたり土下座してみたり忙しかったけど一年近くかかって離婚した
    元姑の介護で夫は仕事をやめて、未だに介護をしてるらしい
    人として最低のことをしたけど本当に逃げてよかったと思ってることも秘密

    322 :ゆっくり書き込んでく ◆OJ3RiK70H. 2012/04/11(水) 00:13:25
    人居ないみたいだし、マイペースに書き込んでいく。

    結婚したことを後悔してる。
    幼稚園に通う子供も生まれてるってのにな、嫁に似た男の子なんだが。

    嫁とは大学時代に合コンで知り合って、付き合って、結婚。
    派手系美人で、ぺちゃくちゃ話す。
    あまり頭がいい方ではなく、仕事したくない、楽して生きたいタイプ。
    専業主婦なんだが、家事・育児すら放棄しかけている。
    いっそ全部放棄してくれたら、と思うくらい愛想が尽きている。

    嫁は華やかな生活がしたいそうだ。
    確かに華やかだろうよ。俺がなまじ高収入だから、それを食いつぶしていくんだからな。
    金に不自由はしないだろうよ。

    768 :名無しさん@HOME 2013/06/03(月) 07:45:51 P
    彼からプロポーズされた時「料理が苦手どころか全然できないけどそれでもいいの?」って聞いた。
    でも彼は「俺と結婚してくれるなら毎日お茶漬けでもいい!」って言ってくれたので嬉しくてOKした。
    だからって本当に毎日お茶漬けだしてもいいなんて思ってなかったから、
    結納から結婚までの間に、ばあちゃんに教わりながら料理の特訓して
    一応、定番と言われるものぐらいは作れるようになって、ばあちゃんにもこれで大丈夫って言われた。
    そして結婚して一ヶ月も経たないうちに、想定外の事が起こった。
    彼の職場は独身の人以外は殆ど愛妻弁当らしい。
    思ったより料理できるんだから、自分も愛妻弁当を持っていきたいと言い出した。
    まだそこまでスキルが高くないし、出社時間が早いので(6時半)大変だなーと思ったけど
    毎日5時前に起きて頑張って作っていた。
    おかずはだいたい3品から4品で、1品は必ず卵焼きを入れていた。
    お弁当には卵焼きだと勝手に信じていた。
    3ヶ月ぐらい経ったころ、帰宅してお弁当箱を出しながら彼が
    「おまえなー、卵焼きって言ったってもうちょっと工夫できない?」と言った。
    それでスーパーの惣菜コーナーで見て回ったら、浅葱をを刻んだようなものを混ぜてるのがあったので
    次の日、それをやってみた。

    946 :名無しさん@HOME 2010/03/06(土) 18:16:00 0
    全然DQじゃないし私自身も微妙なんでスカッとしなくて悪い。
    ほとんどフェイクなしだけど、、、

    同居義実家はウトメもコウト君(旦那弟)も旦那に似てのほほんとした人ばかり。
    コトメ(旦那妹)ちゃんだけは悪い子じゃないんだけどいつも肩肘の張ったイライラしている感じの子。
    たまに嫌味を言われたりするけどお互い仕事があって忙しいし、
    無駄に大きな家なので敷地内別居みたいなもんなので実害がない限りほっておいた。

    ある日帰宅するとコトメちゃんが号泣していてトメさんが慰めている。
    会社の派閥争いみたいなものに巻き込まれて転勤を断ったら閑職にまわされたらしい。
    「もう嫌だ!私から仕事とったら何も残らない!このまま恋愛も結婚もせずに処女のままタヒぬんだ!」
    (↑本当にこう言った)
    「そんなことないよ、コトメちゃん美人だし(実際結構美人)、若いし(当時28)、頭良いし」
    って私も慰めたんだけど、
    「なら嫁美ちゃん、男の人紹介して!」
    って訳の分からないとばっちりがきた。
    ちなみに私の職場は研究職で、若い子は実績がないから給料が安いし、
    30過ぎである程度余裕のある連中は既婚かオタクか変人しかいない。
    そう言ったんだけど、それからコトメちゃんは妙な方向に突進し始めた。

    このページのトップヘ