いい話

    311 :名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土) 02:35:31 ID:0N7
    因果応報かわからないけどこちらに。
    このあたりはちょっと田舎なもんで、近所には同じ幼稚園に通う子供が多かった。
    その中に母親(Aさん)が17の時に産まれた子(A息子)がいた。
    Aさん妊娠結婚と同時に旦那の実家で同居。
    そんなAさんは自分で元ヤンと言うだけあって口が悪い悪いw
    でも口は悪いけど人の悪口は絶対に言わない。聞いたことない。
    同居してる姑と全力でぶつかるけど「ばーちゃん(姑)と私は口から産まれたんかっちゅーくらい口が減らんw」「ばーちゃん!夕飯は筑前煮にしてー、筑前煮はばーちゃんの方がうまいから!」ってな仲。
    姑さんも「まったく…若いから口が回るのも早いわ!」と言いながら息子家族を見守る感じ。
    私はそんなAさんやその家族が好きだったし、A息子もいつもニコニコしてるいい子だったから仲良くしてくれて感謝すらしてた。
    でもやはり若くして結婚出産に元ヤンという理由でAさんを避ける人はけっこういた。
    付き合うのやめなと言ってくる人すらいたし、Aさんは言わなかったけど、直接Aさんにあれこれ言ってくる人もいたみたい。
    子供が言葉を理解しだす前にと自分の言葉づかいを意識し始めたAさんがある時「息子が他の子と違う気がする」と言ってきた。
    「やたらと没頭しすぎる」「友達とうまく遊んでない!」「言葉や理解が遅い!」と。
    姑さんに相談すると「他人が言ってくれる「大丈夫」よりも母親が感じるほんの少しの違和感を信じろ」と言われ、電車で一時間近くかかる都心の病院に何度も足を運び、その結果は発達障害。
    今みたいに各地域に発達支援のデイサービスなんてなかったから、毎週のように療育に通ってた。
    療育がない日は変わらずうちの子とも遊んでくれた。
    それを知った意地悪ママの悪子さんが「A息子くんは数字わかるの?うちはもう漢数字も読めるよ!あ、なんかごめ~ん」みたいな言い方。
    私が思わず「だから何なのさw何に対するごめんなのか意味不明ww」と言った記憶がある。
    AさんはそんなのスルーでA息子から得意分野である電車について真剣に学ぶw

    718 :名無しさん@HOME 2008/05/05(月) 21:02:43 0
    ちょっと長い話ですけど書かせてください。
    色々と職業の事がありますので、フェイクをかなり入れます。
    私のトメ(以後お母さんと書かせてください)は物凄く良トメ。
    勿論、そんなトメを生んだ大トメ(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。
    ウトはもう他界しています。
    私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために
    「風イ谷で働け!」
    っていわれて、お風呂屋さん系の風イ谷で働いていました。
    夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、私のリップサービスに真剣になりました。
    最初は「カモだわ」なんて私も悪い心で考えていたんですが、夫はとてもなんと言うか純粋で、私の話に直ぐに同情しちゃっていました。
    いつの間にか私は彼をカモではなく、「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」になってしまいました。
    そして、彼は私にプロポーズ。
    でも借金がある為に、何度か拒否していました。
    嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。
    しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、じゃあ食事だけ…じゃあドライブだけ…と何度かお付き合いをし、同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。
    彼は、「親に紹介したい」と言うので、躊躇いながらもお会いしました。
    勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。
    実は以前もそういうこと何度もあったので「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」なんて思いながら彼の家へ行きました。
    お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。
    おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、丁寧におもてなししてくれました。
    「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。
    お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。
    「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」
    とおっしゃってくれました。
    涙がボロッボロこぼれました。

    927 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/28(火) 10:37:19
    うちの奥さんはこの前夏風邪をこじらせて寝込んでいた。
    仕事から帰ったら飯も作れないくらい衰弱してたから、冷蔵庫にあるもので野菜炒めを作ってやった。
    二人でおかゆと野菜炒めをつついたが、料理のできない俺が作ったから味はやばかった。
    そしたら奥さんは涙をポロポロ流しながら「私の為にありがとう」だって。何か胸がいっぱいになって抱きしめたよ。
    今ではすっかり元気になって毎日おいしいご飯を作ってくれる。
    やっぱり、俺にはこいつしかいねー!!って思った。今日の帰りに奥さんの大好きなケーキでも買って帰るかな。

    100 :名無しさん@HOME 2015/10/31(土) 19:52:42.29 O.net
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性と結婚した
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
    そんなある日

    376 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/13(水) 18:15:28.33 .net
    良いスレだ。
    うちの息子も自慢させてください。

    社会人3年目になるひとり息子が言った。『父さんと母さんに会わせたい人がいる。』うちの子ももうそんな歳になったか〜と感慨深く感じながらも二つ返事で快諾。
    恥ずかしそうに連れてきた女性(以下A)は、少し内気ながらもピンと伸ばした背筋で正座をしていた。そして、息子に良く似て優しい顔をしていた。

    一旦切ります。

    395 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 12:07:37.51 ID:Nt05Q8Bm.net
    愚痴る
    午前中3歳とマドレーヌ作った
    手伝いや料理に興味津々な子でたまには向き合ってやってみようと思ってやってみた
    作って焼くところまでは順調だった
    でも焼きあがって冷ましてる時、子は冷めて食べられるのを待ち遠しかったようでずっとキッチンで眺めてたんだけど、私がトイレ行って戻ってきたら何を思ったのか冷まし中のマドレーヌな上に台布巾(濡らして絞って置いといたやつ)が広げて掛けてあった…
    思わず何やってんの!?って大きい声あげて子はビクッとして大泣き
    何でこんなことしたのか聞いたら「早く食べたくて早く冷まそうとした」かったからだと
    気持ちはわかるけどせっかくここまで楽しくできてたのに台無しにされた感で腹立つやら悲しいやら呆れたやらで気持ちのやり場が無かった
    マドレーヌは全部ゴミ箱へ
    子は放置してたら泣き疲れてコタツで寝てる
    なんでこうなるかな…
    やり慣れないことはやるもんじゃないわ
    起きたらどうフォローすればいいのかってかする気もしないもうやだ

    353 :名無しさん@おーぷん
    昨年義父が亡くなった時、写真嫌いで堅物な義父だったから
    免許証みたいなしかめっ面の写真しか残ってなかった。
    笑顔の写真なんてひとつもなくて遺影にするには・・・って夫と義弟が写真選びに迷ってた時、
    私が「これがいいと思う」ってある写真を見せたら夫も義弟もそれを見て涙を流した。即決だった。
    亡くなる3年ぐらい前の事だけど、義父に犬とのツーショットを撮ってほしいって携帯を渡されたことがあった。
    義父はうちで飼ってた犬にだけはデレデレで、待ち受け画面にしたいんだって。
    この家に嫁いできて同居して20年近くになるけど、写真撮ってくれなんて言われたの初めて。
    最初は犬を抱いてしかめっ面だったのを、なんとか笑わそうと色々仕掛けたものの上手くいかず
    「もー、お義父さんもうちょっと笑ってよ」って言ったら同意するように犬が「わん!」って。
    それで義父の顔がほころんだ。そこを撮った。
    預かっていた義父の携帯、その待ち受け画像を夫と義弟に見せたわけ。
    それを引き伸ばしたら少し粗くなったけど、それでも義父の笑顔に参列下さったみなさんが
    顔をほころばせて「いい笑顔だわー」って言って下さった。嬉しかった。
    義父にはとてもお世話になったし、最後に義父の為にこんな小さなことでも出来たことが嬉しかった。

    231 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/12(火) 15:49:01.33 .net
    昨日の出来事

    うちの嫁は娘が2歳のときに亡くなったんだが、
    居間でソファに座ってTV見てたら、後ろを嫁が歩く気配がした。
    ハッとして振り向いたら高2になる娘がいた。
    あんまり勢いよく振り返ったんで娘もびっくししてた。

    そこで気づいた。娘の匂いが嫁だった。
    シャンプーと洗濯用洗剤とボディークリームが混ざったような匂い。

    匂いって不思議だよな。匂いで鮮明に記憶が呼び出されるんだよ。
    それでつい、涙が出てしまってな。
    娘も心配して「大丈夫?」とこっちに来た。

    俺「いや、大丈夫。それよりお前、いい匂いするな」
    娘「なにいきなり。キモい(笑いながら)最近ボディークリーム変えたから、それ?」

    それが嫁と同じだった。
    よく見たらシャンプーも同じだった。

    どうしてそれ選んだのかと聞いたら
    いい匂いで、なんだか安心するんだと。

    2歳でも母親の匂いは記憶に残ってるんだなと思ったらもうダメだった。
    妻を失った悲しさもだけど、娘が無意識に母親を求めているのが可愛そうで
    涙が止まらなくなってしまった。
    いい年した親父が娘の胸でおいおい泣いてしまった。

    それはママの匂いだよ。と教えると、娘はちょっとビックリしてから微笑んで、そっかって言った。
    今でも嫁を愛してる。
    最近嫁にますます似てきた娘に、今度、ゆっくりと母親の話をしてやろうと思う。

    このページのトップヘ