いい話

    26 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 04:48:42 ID:NFI68F2L0.net
    10年くらい前に、近所で火事かあった。
    夜中だったけど、サイレンの音で起こされてベランダから見ていたら、類焼の恐れがあるからって避難させられた。

    焼け跡から、教員定年後に自宅で個人塾を開いていた爺さんの遺体が見つかり、火元は爺さんの寝煙草だった。
    それから数年、爺さん宅の焼け跡は小さな公園として遺族が整備し、解放してある。
    所詮は個人宅の跡地、大した広さはなく、小学生が数人で遊べるレベル。

    町内会の掃除の時に子供から聞いたのだが、この公園には爺さんの幽霊が出るらしい。
    普通の爺さんの格好で、「勉強で分からない所はないか?」と聞いてくるという。
    教科書とノートをベンチに広げて爺さんに教えて貰い、勉強に夢中になっているうちに、いつの間にか居なくなっているらしい。
    それで実際に、落ちこぼれ児が勉強得意になったと言うから驚く。
    その子が道徳の時間に「公園の掃除をしたい」と言って、学級全員で大掃除をしたこともあるらしい。

    経営していた個人塾で、不登校児を更正させたり、家庭環境の悪い子の勉強の場として解放したり、夫婦喧嘩が始まった時の避難先に使わせていたり、勉強より世話上手で知られていたが。
    タヒんで何も無くなっても、知識は財産だよ、って爺さん幽霊がそう言ってたーと無邪気に笑う子供が眩しかった。
    そういえば、公園のすみで一人でエグエグ泣いてる女の子とか、ベンチにノート広げて勉強してる子とか、たまに見る気がする。

    爺さん・・・生きているうちから凄い人だったらしいけど、タヒんでからも凄いよ。
    タヒ後10年経ってもまだ、爺さんに頼る子供が居るんだからね。

    553 :名無しさん@おーぷん 2015/09/12(土) 13:00:21 ID:5Nq
    決意表明しにきた。

    小学生の頃、名前の由来の話題が仲間内ででた。
    優しい子になって欲しいから優子とか
    背筋を伸ばして美しい姿勢で人生を歩んで欲しいから歩美とか。

    私は夕方の夕で、ゆうって名前なんだけど、
    「ゆうちゃんはなんでその名前なの?」って聞かれた時に
    そのまま「夕方に生まれたから」って答えた。
    親からもそう聞いていたし。

    そしたら
    「そのまんまじゃん」
    「適当につけられたの?」
    「意味のない名前ならカタカナのタでいーじゃん!これからはターちゃんね!」
    など散々な言われようで、その日から名前でからかわれることが多くなった。

    特にカタカナのターちゃん呼びが浸透してしまって、それ関連のからかいはかなり辛かった。
    (同名のアニメキャラがちょっと下品で、私もそういうキャラにされた)

    嫌だと思いつつも嫌われるのが怖くて拒否もできず、
    ただ曖昧に流すだけだったけど、ある日たまりかねて母に なんでもっとちゃんとした名前をつけなかったと怒りをぶつけまくった。

    しかし母は
    「別に名前自体にこうなれ~ああなれ~なんて願いなんてこめなくてもええやないの。毎日元気ならそれでええの。」
    とあっけらかんとしていた。

    納得出来ずにぐずつくと
    「あんたが生まれて、ホッと一息ついた時が夕方で、そん時にこの子を絶対に幸せにするって決めたん。
    別にどおっちゅことない夕焼けやったけどな、その時の夕焼けは今でも記憶に残っとるし、お母さんにとっての夕方は、今もあの時の夕方なん。
    あんたは体重もあんまり増えんし夜泣きもひどーて、
    そらもう大変やったけど、夕焼け見る度に幸せにするぞーって何回も思った大事な名前なんやから、あんまり細かいことは考えんでよろしい」
    って言われた。

    それがもう、とにかく嬉しくって、自分の名前が大好きになって、夕焼けを見ると幸せな気持ちになるようになった。

    そうすると特に意識したわけでもないのに、わりとはっきりと自分の意見も言えるようになってきて、
    いつの間にかからかいもなくなってた。


    あれから私も縁あって子供ができ、
    母と同じような感じで、特にこうなって欲しいなんて意味はないけれど、幸せにする決意表明みたいな名前をつけた。
    お母さんにもらった幸せは、倍返しにしてこの子に返そうと思う。

    40 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 13:12:39 ID:vxKbUI58.net
    初恋の人と握手できたこと。
    20年以上前にそこそこ売れていた芸能人で
    当時まだ小学生の私の初恋がその人だった。
    今はもう芸能活動はやっていないんだけど
    その人以上に好きな人が見つけられなくて
    兄がタヒんで辛かった時とか、同じ病気を何度も繰返して
    長時間の手術を4回やった時も、彼が心の支えだった。

    縁合ってその人に会うことができた時はものすごく嬉しかった。
    ただ、もう今は芸能人ではないし、ファンです、なんて言うのは失礼かな、と思ったんだけど
    一緒にいた友人が「この子、20年間ずっと貴方のファンなんですよ」と言ってくれて
    彼も驚いた顔して「もうファンなんて一人もいないと思ってましたよ。凄くうれしいです。ありがとう」と握手してくれて
    色んな感情がこみ上げてきて、思わず泣いてしまった。
    これからもずっと好きだと思う。

    357 :名無しさん@おーぷん 2015/09/21(月) 00:57:51 ID:5uf
    箸休めに
    結婚届けを勝手に提出したこと。

    と言っても結婚届けを偽造した訳じゃない。

    付き合って2年限定の同棲を始めたとき、彼氏(現旦那)がお金を貸してくれと言われて家族以外に金を貸さない主義だと言ったら「好きなときに出して」と記入ずみの婚姻届けを借用書代わりに渡された。

    結局お金を返して貰えたがある日大きな喧嘩をして「子供が出来るまで結婚する気はない!今どきデキコンなんて当たり前だろ古くさい。」(付き合う前から、結婚して数年は二人でいたいと話していたのに)
    「お前はババア(26)だけど俺(29)は男だからもっと若い女と出会えるけど、お前は俺に捨てられたら終わりだな(笑)」にカッチーン。

    その時インフルだったけど市役所までいって届けを出してやった。

    数日後、届けが家に来て彼氏は暴れたが「×にちに(酔っぱらった時)に結婚するぞー!届けをいますぐ出せ~!って騒いで、わざわざ夜に市役所までいったじゃん」で押し通したw
    飲むと奇行はげしく、記憶が曖昧になる人で良かったわw
    義・私実家を含めた回りも「やっと結婚したか」って感じで安心してくれた。10代から付き合ってたから長すぎるw

    あれから6年たつけど、あれ以来喧嘩もなく、離婚危機もなく楽しくやってます。

    反省したのか家庭を持って落ち着いたのか酒飲まなくなったし良いことずくめ。

    399 :おさかなくわえた名無しさん 2017/10/31(火) 20:49:08 ID:Mc5y9RmD.net
    鬼のように強気な妹が号泣したのを初めて見た時。
    私は兄と、5才下に妹がいるんだけど
    妹は気が強くて頑固、小さい時から泣く時も悔しい時限定。
    歯を食いしばって母や祖母のエプロンに隠れて泣いていたので
    私は妹の泣き顔を見た記憶がほぼない。
    妹は学生時代はビーチバレーとバスケ部長。クラス委員と生徒会も幅広くやっていた。
    当時、妹はアメリカンカールと言う猫を飼いたいと熱望していて、両親に話して許しを貰い
    兄が運転し、私と妹3人でペットショップにアメカを見に行った。
    ホムセン内のショップには、アメカやペルシャの子猫の中に生後10ヶ月のアビシニアンが
    場違いな感じで丸くなっており半額以下になっているのを見た妹が
    「あのこ、売れなかったらどうなるん?」と一緒にいた兄に聞くと、兄は下を向き
    「わからん…」とだけ言った。妹はちょっとトイレ、とホムセン内のトイレに行ったが20分以上待っても戻らない。
    何かあったのでは、と私が見に行くと妹はトイレにいて、顔を真っ赤にして泣いていた。
    私が驚いて「何あったん?!妹ちゃん誰かに何かされたん?!」と言うと
    「違う…あのアビシニアン、ヒック。・(ノД`)
    可哀想、、あんな狭いとこ閉じ込められて売れなかったら、、○されちゃうかもしれない」と途切れ途切れに言った。
    「もしあのアビシニアンを飼うなら、アメリカンカールは飼えんよ?しかも子猫じゃないからなつかないかも
    知れないし、妹ちゃんに噛みつくかも知れない。それでもいいなら兄ちゃんに聞いてみよう」
    「いい!妹子がぶがぶ噛まれてもいい!妹子があのこのお母さんになる!」とかやっていると兄からメールがきて
    「アメリカンカール、今売れてった」。
    結局兄も賛成したのでアビシニアンを連れて帰った。
    猫は家族になり今年10才、妹は隣町で結婚して昨日女の子を出産した。
    妹が本当に母親になったので書いた。
    ちなみにアビシニアンは普通になついてくれたので、誰もがぶがぶ噛まれる事はなかった。

    このページのトップヘ