いい話

    734 :可愛い奥様 2013/05/05(日) 00:51:57 ID:+MD0gRGMO
    うちの旦那は顔は怖いし喋らないし、たまに喋ると口調がキツい。
    付き合ってても、結婚が決まってもそのまんま。

    お金だけ渡されて
    「指輪はこれで適当に買って。いくつもマージン取られた屑石に興味ないから」
    っ言われた時は、好かれてないのかなって思った。

    いきなり旅行に連れて行かれて、それも何にもないド田舎。
    結婚したら毎日こんななのかなってしょんぼりしてたら夜空を見させられた。

    空が星で埋め尽くされてて眩しくて、都会育ちの私には宝石箱みたいに見えた。
    旦那が初めて星空に感動した土地なんだって話してくれて
    「俺にはこっちの方がずっと価値がある物だから」って言われた。

    指輪のことだって気付いて
    「他の人がしたらキザだけど、この人は本当にそういう人なんだよな~。この人のそこが好きなんだよな~」
    って、星を見ながら宇宙の話や神話の話を聞いてた。

    今でも月が綺麗な夜は、部屋の明かりを消して二人で見てる。
    毎日こんなでしあわせ。

    545 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/10(日) 09:50:09 ID:edeGOxng
    最近のホテルの不祥事なんかを見ると思い出すガキの頃の出来事。

    当時は景気も良くて、月一ぐらいの頻度で家族で通うステーキ屋があった。
    ある日、いつものように食事していると、いつものように給仕長が
    挨拶に来て「お味はいかがでしょうか?」と聞いた。
    オヤジとかは普通に返してたんだけど、俺はボソッと
    「いつもよりちょっとかたいかも」って言っちゃったんだよね。
    そしたらいつも笑顔の給仕長の顔からすっと表情が消えて、
    「ちょっと失礼します」というと、テーブルの上の俺が食べてる
    ステーキを一切れ食べちゃった。
    そして、びっくりして固まってる俺ら家族に
    「そのままもうしばらくお待ちいただけますか?」と言って
    足早に厨房に入っていた。

    分けます

    527 :おさかなくわえた名無しさん 2010/04/11(日) 13:16:56 ID:0vYBY4mM
    「私ちょっと本格的に減量する」と宣言・実行し始めてから五日、父がやたらお土産にアイスやマックを買ってくる。そして勧める。
    おk、宣戦布告と受け取った。

    という冗談はおいといて
    母曰わく「お父さん子供の頃は食事で苦労したからね~自分の子供にお腹空かせて欲しくないんだわ」とのこと。

    確かに
    「食えよ(・∀・)ニヤニヤ」
    ではなく
    「食えよ…(´・ω・`)」
    って感じだ。

    個人的には嬉しいし和む。だけどお父さん、私はどこに出しても恥ずかしい上級者デブなんです、しばらく見守って下さい。
    差し入れ以外の方法でorz

    741 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/26(日) 13:19:22 ID:nn+7woym
    武勇伝て言えるかわからんけど…

    さっき電車の中で6人用の座席で寝転がってる男の人がいた。
    周りの人はざわざわするけど注意する気配なし。
    誰かが勇気ださないと…と思って
    「混んできたし、ちゃんと座らないと迷惑ですよ」って起こした。
    無言で体を起こして座り直してくれた。

    けど怖かったから1つ前だけど次の駅で降りちゃったw
    チキンすぎwwwまだ手足ふるえてるわwww

    288 :名無しさん@おーぷん 2015/11/03(火) 11:03:16 ID:yBQ
    シモの話があります。苦手な人はスルーして下さい。
    高校生の時に、知らない男忄生に襲われて(結局未遂に終わりました)、そのトラウマで男忄生と忄生交渉が出来なくなりました。
    それに気がついたのは大学生のとき。初めて彼氏が出来て、そういう雰囲気になったときにフラッシュバックが起こって
    「ごめんなさい。できない。」
    と言い、そういうことがあったことを話すと、
    「ごめん、受け止められない」
    と言われて別れを切り出されました。
    結局、カウンセリングなどにも頼りましたが、手をつないだりは出来ましたが、キスが限界で、それ以上は本当に無理でした。
    その後、自分からはお付き合いをお願いすることは無く、告白されてお付き合いすることになった人には、その旨を伝えたのですが、結局はどの人からも別れを切り出されました。
    更には、途中で一度、無理矢理されそうになって、結局トラウマは深まるばかりで、男忄生とお付き合いするのは、この人で最後にしようと決めた人が今の旦那でした。
    いつも通り、
    「昔こうこうこういうことがあって、キスまでしか無理です。それでもよければお願いします。」
    といって、
    「分かりました。ありがとうございます。よろしくお願いします。」
    と言ってもらえたので、お付き合いをはじめました(この段階で、やっぱりいいですと言われることもありました)
    これまでお付き合いした人は、やはりそういうことが出来ないので、二三ヶ月で別れを切り出されることが多かったのですが、旦那とはそうはなりませんでした。
    折角忄生格も顔もいいから、もっといい人と付き合えるはずなのにと思い、申し訳なくなって、
    「失礼だけど、私もこんなのだから、風イ谷とかなら行ってもいいよ。でも、浮氣はやめてね。その時は身を引くから、伝えてね。」
    と言うと、
    「行かないし浮氣なんかしないよ(笑)別に出来なくても良いし、そんなこと気にしなくていいよ。」
    と言われて、こんな人もいるんだなって思いました。
    結局一年半くらい経って、プロポーズされましたが、本当に大好きだけど、私とは子供も望めないし、あなたの人生をまきこんでしまうのは流石に申し訳ないと、一度はお断りしましたが、結局は、旦那に押し切られて結局結婚しました。
    もちろん結婚しても初夜もなく、寝る前にキスだけして、手をつないで寝る毎日でした。
    結婚から3年くらい経って、旦那の誕生日に、私が、
    「誕生日に何欲しい?」
    と聞くと、申し訳なさそうに小さな声で
    「欲しいものは別にないけど、ギュッて抱きしめさせて欲しい」
    と言われました。
    最初は少し戸惑いましたが、旦那となら何故か大丈夫な気がして、OKしました。
    それで、その日の夜に初めて抱きしめて貰ったのですが、息苦しくなったりするのかなと思っていたのですが、むしろ本当に安心して落ち着いて、本当によかったです。
    その後は寝る前にキスをして、強く抱きしめて貰っていたのですが、何ヶ月かした後に、そこで本当に安心して大泣きして、大丈夫な気がして初めて夫婦生活をしました。
    途中も旦那は「大丈夫?」と小まめに聞いてくれたのもありましたが、フラッシュバックも起きませんでした。
    終わった後、お互いワンワン泣いたのも覚えています。
    その後、旦那とは夫婦生活が出来るようになり、それから1年くらい経って、妊娠することができて、旦那は泣いて喜んでくれました。
    旦那も私も出来るようになってからは、
    「子供欲しいね」と言っていたので、本当に良かったです。
    今でも、旦那に抱きしめて髪を撫でてもらっていると、本当に落ち着いて、そのまま寝ちゃいそうになる。
    もしかしたら、今までお付き合いした人でも、同じ結果になったのかも知れません。でも、色々迷惑をかけて旦那には申し訳なかったですが、旦那とで本当に良かったと思います。

    このページのトップヘ