いい話

    684 :名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月) 19:38:04 ID:6eZ
    娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われたことがある
    相手は知的な障害のある人だったんだけど、ふいに何かがスイッチになってパニックになったらしくて
    周りにたくさん人がいる中で、私の娘を標的に定めて襲ってきた
    とっさに娘を抱え込んで亀みたいな体勢になるのが精一杯だった
    結果的に私は肋骨と骨盤を骨折して内臓が一部破裂したけど、娘は服が汚れただけで済んだ
    精神的な傷が怖くてずっと経過を観察してきたけど、特に記憶にも残らなかったみたいで
    トラウマめいたこともなく、無事に成人してくれた

    それから20数年たって、娘が嫁いでいくことになった
    結婚前にお婿さんがうちに来て、お酒を飲みながら皆で娘の小さい頃の話なんかしてたんだけど
    娘が「小さい頃、お母さんに襲われたことがあったよね」って言い出してええってなった
    話を整理すると、
    ・デパートの前で大きなぬいぐるみを見てたらいきなりお母さんが抱きついてきた
    ・苦しくて離してって叫んでたのに離してくれなくてすごく怖かった
    ・お母さんの顔がすごく険しくて、かっと見開いた目が怖かった
    娘の見た光景は、確かに暴漢に襲われたときのものと一致してた

    これまで娘の傷を刺激してはいけないと思って当時のことは話したことがなかったんだけど
    まさかそういうふうに記憶していたとはorz
    真相を話したら驚いてたよw
    そのあと披露宴で、母への手紙でその話に触れて
    「私に子供ができたら、きっとお母さんみたいに命がけで子供を守れるような母親になります」
    って言ってくれて泣けたw

    すごく痛い思いをしたけど、今じゃ笑い話にできてよかった

    115 :彼氏いない歴774年 2012/04/23(月) 06:29:02 ID:gJF98Yev
    うちにはうさぎの巨大抱き枕(ほぼぬいぐるみ)がいる。
    そのうさぎが大好きすぎて、動いたらいいのにってつい言ってしまったら夢の中で遊んでくれたこと。

    ここまでだったら良い話なんだけど、
    数日立ってからまた同じようなことを言ったら、やはり夢の中に出てきてくれた。
    でも今度は、「初回は無料サービスやったけど、二回目からは寿命三か月分もらっていくで」
    と、超流暢な関西弁で言われたこと。

    うちのうさぎは関西人だったのか…知らなかった…

    588 :名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火) 11:54:57 ID:etj
    小学生低学年の頃、両親共働きで学校から帰ってたら一人で留守番する事が多々あった
    自分達が帰ってくるまで小腹がすくだろうと、私の為に母はよく菓子パンを買っておいてくれていた
    買ってくる菓子パンはほとんどクリームパン
    何故かと言うと、母は私が好きだと思っていたから

    保育園児の頃から大人の顔色を伺う子供だった私は、親に対してもそうで
    母に「クリームパン好き?」と聞かれ、本当はそんなに好きではなかったのだが
    ここで私が「好きじゃない」と言ってしまうと、がっかりするだろうと思って「好き」と答えてしまった
    当然母は、私がクリームパンが好きだと思って、それを買ってくるのだが
    毎日のように出てくるクリームパンにうんざりしつつも、食べないと母ががっかりすると思って、無理に食べていた
    そのせいで、大人になった今でもそのパンは苦手である

    ある日、子供の頃よくクリームパン買ってきたよねと母に言ったところ
    「だってあんた好きって言ってたでしょ。子供一人で留守番させて可哀相だったから、せめてあんたの好きなもの置いておこうと思った」的な事を言われ
    母にはタヒぬまでクリームパンが苦手と言う事を言わないでおこうと思った

    692 :素敵な旦那様 2006/02/04(土) 22:56:01
    遠くに住むひとり暮らしの祖母と毎日携帯メール交換している。
    交換といっても、「会社でこんなことあったよ。こんなもん食べた」
    みたいなささいなことを自分が4、5行メール。
    それを祖母が読んだら全文引用でそのまま返信、というもの。
    ある日祖母からの返信が来た。ふと見るとタイトルがついている。
    あわてて本文を見ると目にも鮮やかな絵文字を駆使した流麗文章。
    どうやら近所の高校生の訪問ボランティアさんが打ってくれたようだ。


    毎日お仕事お疲れさま
    あなたはそんなたいした仕事ではないと言うけれど
    毎日働いているということが本当に本当に尊いのです
    おばあちゃんはココアを飲んだことがないけど
    とっても美味しそうですね 今度チャレンジしてみようかな
    庭の冬青が赤い実をつけています メールに写真をつけてみます
    毎日メールありがとうありがとうありがとう


    自分のなんてことないメールに、こんなに色々考えてくれていた。
    今度の休みに会いに行くよ。ココアを作ってあげたい。
    (絵文字は祖母の希望で高校生がつけてくれた模様です)

    270 :素敵な旦那様 2005/04/21(木) 15:33:06
    長文ですまんがどうしても言いたい!

    今日、会社の改装工事により、突然午後からが休みになってしまった俺。
    それで突然家に帰って嫁さんをランチに誘おうと、うきうきで帰った。
    そしたら、自宅の前にタクシーが停まってて、丁度そこから嫁さんが降りるところ。
    手にね、ケーキの箱みたいなの抱えて、俺に気付くことなく、ゆっくり自宅に入っていく嫁。
    最近ますます綺麗になったなぁなんて見惚れつつ、驚かすつもりで俺もこっそり帰宅。

    で、いつ声かけようかと迷ってる俺に気付かないままの嫁は、おもむろに料理開始。
    こっそり見てたら、大鍋出してきてね、シチューみたいな煮込み料理を作ってる。
    昼から煮込まなきゃなんない料理なんて、記念日ぐらいしかないんだけど
    嫁さん、にこにこしながらそれを作ってるわけ。

    おかしいな、って思った。
    シチュー(?)に、ケーキに…今まで見たこともないぐらい晴れやかな嫁の横顔。
    でもどっちかの誕生日でもないし、結婚記念日でもないし…
    俺的には全然、その「特別な日」の予感に思い当たる節がない。

    とりあえず隠れてるのもなんだし、腹も減ったし、で…
    俺、思い切って嫁さんにそっと声かけたのね。
    「ただいま~」って。

    48 :名無しさん@おーぷん 2018/07/03(火) 12:44:45 ID:V0T
    うちは犬を飼っているんだけど、超大型で珍しい事もあってか散歩に行くと沢山の人が話しかけてくれる
    触らせてくださいって来てくれる人も多くて、どうぞどうぞと触ってもらう
    知らない沢山の人との交流はとても楽しいんだけど、小さな子供を連れた親子の会話を聞いてるのが結構好き
    その1 お母さん、娘1 園児位 娘2 2歳位
    母 おっきいわんわんだね!
    娘1.2 おっきいわんわん!!
    母娘 おっきいねー!!すごいねー!
    娘1 ママ?あのわんわんは本物なの?きっと違うよ?(真顔
    母 爆笑

    その2 お父さん、息子 園児位
    父 わ!おっきいわんわん!!すごいね!
    息子 おっきい!!!
    息子 でもパパ、あれはわんわんじゃなくてう!ま!だから!
    父 笑!!ちがうよー、わんわんだよー!
    息子 ちがう!う!ま!って言うんだよ!!
    父 わんわんだよー、じゃあ飼い主さんに聞いてみる?
    息子 トコトコこっちにきて…これはうまですか?
    私 これは、大きいわんわんなんだよー
    息子 驚愕の顔をしながら父の元に戻り、わんわんだった…
    父 爆笑
    お父さんと笑顔で会釈してその場を離れたけど、園児位の子はホントに面白いしかわいい

    405 :名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火) 08:00:58 ID:EsE
    昔の話だけど、当時付き合いたてだった彼氏とオイスターバーに行った事があった。
    2人ともが牡蠣好きで大喜びで食べたんだけど食べ過ぎたのかあたってしまったのかお腹が猛烈に痛くなってしまった。
    素直にトイレに行けばいいのに、交際1週間?ぐらいだったしまだガチガチに猫被ってたからなんとなくお手洗い行ってくるねってのが言えずひたすら耐えてた。
    店を出てから私が一言も発さないから彼の機嫌を損ねてしまったのか彼も何も話さず、2人とも無言のまま繁華街を歩き回った。
    10分も経つと私のお腹は限界。
    もうトイレに行くしかない!と決心したと同時に彼が脱糞した。
    あああああんんん!!うわああああ!!と言いながらめっちゃ脱糞。
    人通りが多い場所だったけど一気にサーっと彼を中心に輪ができた。
    大衆の視線が一身に注がれる中、彼に触発されて私も脱糞した。
    今では彼から旦那になっています。

    470 :名無しさん@おーぷん 2015/09/13(日) 01:29:41 ID:y3z
    他スレで道案内の話題を見て思い出した、ちょっとだけ図々しかったこと

    ポケベル全盛期、社会人になりたてだった
    その日は社用で新宿駅から徒歩5分程の取引先事務所にお出掛け
    しかし○○口から徒歩なんだけど、○○口が分からず、駅の中で路頭に迷ってた
    そこに声をかけてきたキャッチのおにーさん
    話しかけてくるのを遮り、「○○口に出たいの、連れてって!!」とお願いした
    逆方面にいたらしく、快く道案内してくれた
    おまけに目的地の事務所まで…
    で、自分の用事は書類を届けてまた違う書類を受け取ってくるだけだったの
    優しいおにーさんだったので調子に乗ってしまったのか、「○○線で帰るんだけど改札にたどり着けるか不安 、すぐ済むから待ってて!!」
    無事に○○線の改札まで送り届けて頂きました
    人様の親切心につけこんでごめんなさい
    今思うと図々しかったな、バイト中だったろうに怒られなかったかな、と少し反省してます
    あのときのおにーさん、ありがとう

    15 :名無しさん@おーぷん 2016/01/05(火) 15:29:28 ID:d06
    年末、嫁実家へお土産を渡しに行った。
    お茶をご馳走になり、そろそろお暇しようかと玄関へ向かった時、義父の部屋へ自分一人が呼ばれた。
    何だ?とちょっとドキドキしながら義父の部屋へ。
    中身の見えない黒い袋を渡され、「これ、クリスマスプレゼント!楽しんでね」と言われた。
    嫁が玄関で靴を履いていたのがわかったので、その場では開けずに礼だけ伝え、自分も玄関へ。
    義父が「今度、一緒に楽しもう」と声をかけ見送ってくれた。
    自分の手には黒い袋。中に箱が入っているのがわかる。箱の大きさは…薄めのティッシュ箱の横半分くらい。厚みもある。
    避◯具??夜のオモチャ??ピンクなDVD?義父と一緒に楽しむって何だ?どういう意味??と色々な妄想が頭を駆け巡って、パニックに。

    169 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 09:19:02 ID:R/lKc0tc.net
    今さっき、マックで朝マック食べようと1人で席に着こうとしたら背もたれのついた椅子の上に財布の忘れものが、、、
    背もたれに隠れて店員からも他の客からもタヒ角になっててこの財布の存在は俺しか気づいてなかったんだけど、パッと見いい感じに膨らんでて何と無くお金がいっぱい入ってそう、、、
    昨日パチ〇コで大負けしてた俺はすかさず店員に届けて、1人でソーセージマフィン食ってたら、店員からドーナツのサービスもらった。
    ウサギの絵と良い1日をて文字がチョコで書いてあって、正直こんなに食えねーよと思いながらも頑張って少しずつ食べてると、なんか爺さん
    がやってきて財布届けてくれてありがとうと、お礼を言われた。
    彼女も友達もいないから誰にも言えないのでここに書いておく。良かったな爺さん。

    159 :おさかなくわえた名無しさん 2004/11/18(木) 22:23:03 ID:xdNRSPcB
    初めてバイトした時の事。

    何故かレジで、しかも器用にも立ったまま眠ってしまい。
    怒鳴り声がして起きたらエプロンに涎は垂れてるは店長は凄い表情をしてるはお客はくすくす笑ってるはで
    地獄のような光景が私の前に広がっていました。
    恥ずかしさに手と膝をがくがく震わせて、顔を真っ赤にして会計をすませたら
    そこで店長が一言「もうこなくていいよ」とクビ
    私は涙声で返事して、速攻家に帰って布団に籠もってちょっと泣きました。

    急にバイトを辞めた事を家族は不審に思ってるようでしたが、硬く口を閉ざし、私は真相を闇に葬り去りました。

    ところが暫くしてから何故か弟がその事をニヤニヤしながら言ってきて
    「何で知ってんの?!!」と驚いたら、件の店で弟も働こうとして履歴書を持ち込んだら聞かされたとの事。
    「あんまりうちの名前で恥ずかしい事すんなヨナー」と両手を変な風にパタパタさせながら言われましたが
    非が有る私は何も言い返せませんでした。
    しかしこの一件、これだけでは終わりませんでした。

    何と、弟までまったく同じ風にレジで居眠りをしてクビになってしまったのです。
    しかも、一緒にバイトを始めていた弟の友人から噂は広がり
    うちら姉弟のバカっぷりをいつの間にか母親までが知っていました。

    一応、弟は急に私が店を辞めたのは、店長に何か性的な悪戯でもされたんじゃないかと疑っていて
    それも有って店をバイト先に選んだそうですが…今となってはどうでもいい事です。

    以来、うちら家族は恥ずかしさの余りその本屋の前を通る事すらしていません;
    何も知らない父親だけが通ったり、利用したりしてます。

    407 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 17:31:28 ID:IEf0RL6b.net
    叔父から電話がありお礼を言われた
    なんでも騙されかけたが俺のおかげで助かったそうだ
    なんのことだと聞いてみたら・・・

    前に親戚一同が集まって食事をしてたときに
    知り合いがオレオレ詐欺の被害に遭ったそうで叔母連中は怖がって
    「うちにもかかってきたらどうしよう?」なんて話してたんだ
    俺は適当に「そんときは『お前コータローか?』と聞け」と言っといたんだが
    まさか本当に聞くとは思わなかった
    そして叔母がそう聞いたら「そうだよ」と相手が答えたので思わず吹き出し
    「人間になれたんだね良かった~」と言ってやったんだそうだ

    だってコータローは叔母のところで昔飼っていた犬の名前だったから

    676 :名無しさん@おーぷん 2015/09/14(月) 11:01:18 ID:WKO
    別スレで相談している人の読んでて思い出した。

    私より二歳年上の従兄がいて、その従兄が高校時代、みっちりバイトしてきっちり貯金した。
    そのお金で、免許を取ったその日に車を買いに行った。
    車はRX7。二人乗りの車で、目が(ライト)がかばっと開いてカエルみたいだし
    従兄家は伯母夫婦と従兄の三人家族で両親ともに免許なし
    車に興味のない女子高生の私には二人乗りで実用的じゃないし、何考えてんだろ
    男の考える事はわからんわ、の、まさにスレタイの気分。
    しかも、車の中古車雑誌を見てうちから近い中古車店に行ったんだけど
    年式が古いわりに人気があるので高額で、父がこんな値段払う価値なしと反対して
    その足でディーラーに連れて行って、当然従兄の貯金では間に合わず
    父が保証人になって新車契約した。
    せっかくの新車だからと、大工の父が納車までに突貫工事で叔母家庭に屋根付き車庫を建てた。
    その後従兄家では当然二人乗りでは不便で(でも以前は車すらなかったんだけどね)
    従兄は近距離の親類宅に行く時は往復したり、遠方に行く時はうちの車を借りに来たり
    普通の5人乗りならしなくていい苦労しながらも車を手放そうとはしなかった。
    私も免許を取って、安いコンパクトカーを買って、遅ればせながらやっと従兄の気持ちも
    わかるようになった。
    やがて従兄も結婚して、子供が生まれた。
    出産後はじめて会った時、従兄の車はミニバンになってた。
    その時従兄嫁の台詞にスレタイ
    「新車の納車の日、従兄くんったら下取りの車に突っ伏して泣いてるのよ。
    あんな古くて不便な車、何がよかったのかしらね。新車の方が全然いいじゃない」
    従兄のセブン、10年以上乗ってても傷一つなくてピカピカだった。
    「でもあんなボロでもいい値段で下取りしてくれたのよね。」

    数年して従兄が離婚した時は、何も疑問に思わなかったなぁ。
    ATじゃなかったし今は当たり前の最新の装備なんかないけど
    結婚前は「素敵なオープンカー」って喜んでたのにな・・・








    259 :名無しさん@おーぷん 2016/11/06(日) 00:56:41 ID:???
    ある女性に娘が生まれた時の話。
    娘はすこぶる健康だが、口蓋裂だった。軽いやつだけど、他の子と比べればハッキリ解るくらいに唇が割れてしまっている。

    そんな訳で、出産に立ち会った夫と終わってから病室に駆けつけた実両親は、暗い顔して娘を抱くその人を励ましていた。
    今の医療技術ならきれいに治るよとか、他に疾患は無くて健康なんだから有難いことだとか、必タヒに慰められるほど彼女の気持ちは暗くなっていったそうだ。
    ちゃんと生んであげられなくてゴメンね、これからの治療で痛い思いしたら可哀想…と、マイナスな考えばかり堂々巡りしていたところで、夫両親が遅れて登場。
    良ウトメさんだったが故に、どうにも申し訳ない気持ちだった彼女だが、赤ちゃんを見たトメさんはくわっと目を見開いて駆け寄ってきた!!
    「まあー、まあー、まあ!!ピンク色で!!プクプクで!!見てよお父さん、あのお口、パタ○ロちゃんにソッッックリ!!」
    ポカーンとする面々など目に入らないトメさん、早くも赤ちゃんにメロメロで喋りまくる。
    「かわいいわね、女の子ですってね、健康でかわいいなんてお手柄よ嫁子さん!!
    あ、お手柄って男の子に言うんだっけ。どっちでもいいわ、お手柄よー!」
    ここで彼女は、トメさん以外に誰もまだ娘を可愛いと言ってないことに気づいた。
    せっかく生まれてきたのに、自分たちは何をしていたのだろうと猛省、改めて赤ちゃんを見たら不思議なことに、「ハンデを持つ哀れな子」ではなく「丸々とした健やかな赤ちゃん」に見えたそうだ。
    そこからは可愛い、顔が丸くてほんとパタ○ロに似てる、大物になりそう、などと盛り上がり、誰も後ろ向きなことを言わなくなったそうだ。

    以上、つい最近聞いた、私が生まれた時の話です。
    パタ○ロが舞台化するってニュースを見たあと、「主演のひと、ソックリだねw」と母に言ったら「あんたのほうが似てたよ」と、上記の話をしてくれました。
    小さい頃に通院してたのは朧気に覚えていたけど、口蓋裂だったとは知らずびっくり。
    私が覚えてないことに母もびっくり。
    呆れられつつ、そういうわけだから父方お祖母ちゃんには今以上に感謝しなきゃねと、母娘で語らいました。
    年末年始には祖母孝行しようと思います。

    801 :名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月) 18:17:03 ID:D6E
    今の時期になると思い出す。
    うちは子供が二人いて、下の子が幼稚園の入園が決まった頃、公園でママ友たちと
    幼稚園グッツを作るって話になった。
    うちは二人目なので、もうだいたいの材料は用意してあって、縫うだけって感じだった。
    あとの人たちはみんな初めての子で、みんなミシンも持っていない感じ。
    それで、私のミシンを貸出しする事になった。
    Aはほぼ裁縫は出来ないので迷惑をかけたくないからと一番最後でいいと言う。
    まあ実際には一人あたり10日程のペースで5軒を回り、最後にAに元にミシンが行ったのは
    2月末。それから二週間ほど経ってAが泣き付いてきた。
    A宅を訪問してみると、和室はすごい惨状だった。
    足踏みタイプのミシン(今流行りの手元操作じゃないやつ)なんだし、テーブルにしなよ、と
    言うと、ごはんの度に動かすとわけがわからなくなるそうで…。

    なぜか散乱したキルティングの端は絡まった糸でぐちゃぐちゃ。
    糸調子も合わせられず、ひきつった糸で布がぐちゃぐちゃ。
    裏表を間違えて縫い付けてしまった(なぜかちゃんと縫えている)やつとか、まあ、すごかった。
    針も何本も折ってしまったらしいし、なぜかボビンケースが何個も買ってあった。
    倍の長さで購入した布ももうないとの事で…
    ソーイングショップで委託した方が安上がりだったねとご主人に言われたと泣いてました。
    でも、どうしても作ってあげたいんだって。
    ママの身体の都合で二人目は望めないとかで、出来るだけの事はしてあげたいと…
    私も暇だし、手とり足とり教える事にした。子供たちは毎日一緒に遊べるので喜んでいた。
    まずは布の失敗部分を切り落としてリセット。実際には3セット分くらいの材料があった。
    だいたい一日1つ完成させるペースで、10日程で全部完成。
    私の上の子が春休みになったのでそこで終了。
    Aはその後一人で黙々と作業して、3セットしあげました。
    子供も大喜びでとても大切に使ってくれたと卒園前の最後の懇談会で涙ながらに語っていました。
    小学校の入学準備にまたミシンはアチコチに出張し、今度はAも全て自力で作成。
    防災ずきんカバーは見事な出来でした。

    子供たちはもう大人なんだけど、高校生くらいの時にAに会った時、
    息子くんはママが大変な苦労して制作した事をちゃんと覚えていてくれて、
    スクールバックや上履き入れも大切に保管してくれていると言っていました。
    その時Aは鞄の中からあの時初めて完成させたコップ入れの巾着を取り出して、
    なかなか捨てられないわよ、と笑って中のキャンディーをくれました。

    よくクレクレの記事なんか読んでいると、この人たちはずいぶん損しているなぁとよく思う。
    苦手な事にでもチャレンジできるのが子育ての醍醐味でもあるのに。
    市販品にワッペンや名前シールをつける、たったそれだけでも子供にとってはママが自分の為に
    用意してくれた世界でたった一つだけの特別なものになるのにね。

    355 :彼氏いない歴774年 2012/12/24(月) 09:16:16 ID:rTEDPwYW
    両親の溺愛の対象はつねに妹と弟で私には目もくれなかったけど
    大学院時代の友人と起こした会社に利益が出始めてからはまさにコペルニクス
    「あのね〇〇ちゃん、実は家をリフォームしたいと思ってるんだ」
    とリフォーム費用をたかることにはじまり妹と弟の大学費までせびりやがった
    私の大学費用は自分でどうにかしろと冷たく突き放した態度はどこへやら
    まあこいつらがタヒんでも流す涙がもったいないと思うぐらいなので親とは絶縁した

    妹と弟は学費の出所が私だったことを知って返済しようと金をもってきたけど追い払った
    それでも年末になると実家ではなく私の家に妹と弟が許可なく居座りやがるしコタツがせまくて迷惑

    506 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 05:40:13 ID:CQxiYe+C.net
    汚い話だから、嫌いな人はスルーで


    会社の洋式トイレで、う○こ中に力んだらそのまま、ぎっくり腰になった
    便座に座ったままのかっこうで動けないし、腰が滅茶苦茶痛い
    10分ほど痛みが治まるのを待っていたが、痛みは治まらない

    昼の休憩時間も、そろそろ終わり仕事の時間になるのに席に居ないのも問題なので
    仕方がなく、同僚の携帯に電話してトイレまで来てもらった
    お尻は、かろうじて自分で拭けたがパンツやズボンが上げれない

    同僚に笑われながらパンツとズボンを上げてもらって
    抱えられながらトイレから脱出、病院へ

    同僚は、ズボンを上げる時にギックリになったと周りに言ってくれてたみたいで
    あまり恥をかかなくてよかったけど
    同僚に、パンツを上げてもらってる時がものすごく恥ずかしかった

    663 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:38:13 ID:fayNr7hA
    高2の時、「公開告白」というのがあった。
    「学校へ行こう!」の世代だったので、そこから来た流れだと思う。
    (学校へ行こうは、テレビ番組の名前。学校の屋上から言いたい事を言うコーナーがあり、そこで告白する子も居た)
    私がそれを見たのは2回。
    1回は、転校する女の子が、HRで挨拶するときに、同じクラスの男子、朔ちゃんにその場で告白。もちろん玉砕。
    2回目は、↑の次の日、Aさんが、ギャルに命令されてのこと。

    この時も、朔ちゃんがターゲットだったんだけど、この朔ちゃん、結構なイケメン。
    文化祭で、朔ちゃんが朔ちゃんをやって、大盛況。後日、学校宛に朔ちゃんへのファンレターが届くほどだった。
    分け隔てなく接するタイプで、DQNから優 等生まで、朔ちゃんの友人の幅は広かった。
    特に、女子からは絶大な人気で、どこに行くにも人の目がある感じ。これなんて少女漫画?って感じだった。

    対するAさんは、川村エミコにそっくり。
    話しかけると優しそうなん感じだけど、主張が少なく「暗い」って誤解されるタイプ。
    いつもギャル集団からからかわれてて、「Aさんさぁ、○○(流行りモノの名前)って知ってる?」「マジ?知らないの!?やばくない!?」を繰り返す感じ。

    で、昼休みに、またギャルがAさんに話しかけてきた。
    ギャル「Aさんさぁ、最近超可愛くない?輝いてるって言うか。もしかして恋!?あ、分かった、相手朔ちゃんでしょ!」
    ギャル「絶対そうだよね!朔ちゃん彼女居ないし、告っちゃいなよ!今!Aさんなら 絶対大丈夫!」
    ギャル「昨日○さん(転校した子)振ったとき、好きな子いるって言ってたじゃん、それ、Aさんのことだって!」
    と、Aさんの机囲んで笑う。もちろん、彼女たちは、本気でAさんのこと褒めてるわけじゃない。

    机で俯くAさん。見てられなくて、割って入ろうかと思ったら、急にAさんがガタッと立ち上がって、教室の反対側に居た朔ちゃんに直進。明らかに自棄だった。
    「え!?マジでマジで!?」とはしゃぐギャルたち。ポカンとしてる朔ちゃん。
    泣きたいの堪えてか、緊張してか、めっちゃ怖い顔して朔ちゃんを睨みながら、Aさんは告白した。

    Aさん「朔くん、私と付き合いますか?」
    朔ちゃん「うん。Aさんの彼氏にしてください。お願いします」

    212 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/11(土) 18:57:34 ID:QPCiOJxr
    十数年前姉が病タヒ、姪っ子は私達の母親の養子になった。
    そんな姪っ子は当時幼稚園児。
    両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、
    仕事を辞め姪っ子のケアに専念。
    そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。
    しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。
    夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と
    思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
    慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
    『どうぞ』とお茶を差し出してた。
    最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。
    元々ホームレス自体少ない地域だったので、姪っ子は気になってたようで
    いつも座ってるホームレスが喉乾いてると思ったらしい。
    ホームレスは戸惑い『貰っていいのかい?』と私の方に問い掛けてきた。
    姪っ子はホームレスにあげたいからお茶を欲しがったので、
    『良ければ貰ってください』と答えるとホームレスは泣いてしまった。
    『こんなゴミに優しくしてくれるなんて…』泣きながらお茶を受け取ってくれた。

    358 :名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金) 10:54:25 ID:k6z
    庭のアネモネを見てふと語りたくなった
    小学1、2年の頃、学校帰りに知らない家の庭で初めてアネモネを見た
    中心から黒、白、そして赤青紫と変化する色のコントラスト
    そして丸みのあるかたちが何とも言えず愛らしくて
    子ども心に「なんてかわいいお花だろう…!」ととても感動した
    しばらく眺めてから帰宅するとたまたま母親が在宅していた
    当時、クズだった父と離婚した母親は
    借金を返しながら私と姉を育てるために馬車馬のように働いていた
    そのせいか性格もよく言えばサバサバ、悪く言えばそっけなく男っぽい雰囲気で
    多忙のため構ってくれることも少なく
    間違っても「優しいお母さん」という感じではなかった
    でも私はその時どうしてもアネモネを見た時の感動を伝えたくて
    「今までで一番きれいな花を見つけた」とつたない言葉で母に訴えた
    夜勤明けで疲れていただろうに、母は熱心に私の話を聞き
    私が語った特徴から「たぶんアネモネっていう花じゃないかな」と教えてくれた
    そして「一緒にもう一度見に行ってみよう」と私を連れて外に出た
    暖かな日差しの下を、母と手をつないでゆっくりと通学路を戻った
    「これ!これ!」と花を指さすと
    「やっぱりアネモネだよ。あんたはこういう花が好きなんだね」と母が笑った
    2人で花を眺めていると家の人が出てきて
    母が「娘が今までで一番きれいな花だと言うので見せていただいていました」と話すと
    喜んでアネモネを数本分けてくれた
    それを手に持ってまたゆっくり歩いて家に帰った
    いつもの通学路が、母と歩くだけで特別に感じられた
    私が感動した気持ちを母がしっかり受け止めてくれたこと
    その感動を共有しようとしてくれたことが嬉しくてたまらなかった
    それから何十年もたって母は悠々自適の生活になり
    今日は山野草を見に行く、今日はどこどこの植木市に出かけると忙しい
    そして暑い日も寒い日も嬉々としてガーデニングに精を出している
    実は昔から花が大好きだったらしい
    きれいなものやかわいいものなんて少しも興味がないような顔をして
    いつもひたすら働いてばかりいたから全然気づかなかった
    本当に他愛ない思い出だけどアネモネを見に行った日のこと覚えているだろうか
    聞いてみたいけど忘れてたらちょっと寂しい

    このページのトップヘ