いい話

    68 :名無しさん@おーぷん 2017/10/28(土) 12:14:21 ID:???
    大学時代、近所の酒屋でアルバイトしていた
    一日あける感覚で、日本酒を買って行く陽気な親父さんがいて意気投合
    「じゃ、いつか飲みに行こう」「そうですね」でお別れするスタイル
    その日は店長が体調よろしくないということで、夕方前に店じまい
    「あー 今月の儲け少なくなるなあ」と思いながら歩いていると、陽気な親父さんとバッタリ
    「良い機会だ、飲みに行こう」となって、隣町のちょっと御高めな店で良い酒を久々に味わった
    親父さんの奢りだったのもあるかも
    翌日、講義を終えて酒屋に行くと、店長から「親父さん、2日前の深夜に心不全で亡くなったそうだ」と言われる
    正直、混乱。昨日の夕方に道でバッタリ、お店で良い酒飲んだばかり
    良くしてくれた人なので、喪服をレンタルして店長に住所を聞いて線香上げに行った
    すると、親父さんの妻は誰?という顔だったが、婆さんが面識もないのに「ああ、(私)さん? 主人が生前、お世話になりました」と。
    内心、えっと婆さん知らないんですけど思いつつ、線香上げて帰ろうとしていたら、
    婆さんが「昨日、主人が夢に出て来てね、貴方が来るからって。それと卒論、頑張ってくださいね」と一言。
    このサプライズに涙してしまったわ。
    親父さん、無事大学卒業して、酒繋がりで酒蔵の経営スタッフしているよ。
    ふらりと飲みに来ないかなあ

    190 :名無しさん@おーぷん 2014/11/07(金) 16:18:51 ID:FkbKCyRy0
    私の両親の話です。フェイクあり
    父の実家は当時その地では割と有名な着物店だった。母方祖父はそこの従業員。
    母は16ぐらいから好きあって交際していた男性がいたんだけど、父がたまたま弁当を届けに来た母を見かけて一目惚れ。
    父方祖父母が我が子可愛さに母の気持ちや都合を無視して結婚しろ子供を作れとしつこく迫ったらしい。
    結婚しなければ母方祖父をクビにすると脅され、警察に駆け込むが門前払い。
    どうやら警察上層部と深い関係があるらしくて警察に縋っても無駄だと鼻で笑われた。
    母は泣く泣く父と結婚して姉をもうけるが、何故男を産まないのかと詰られまくり。父は嫁を支配する立派な男子だぜフフンといった感じで助けることもしなかった。
    父は、もう一度チャンスをやる。次こそ男梅と、いかにも女を産んだ失敗を許したうえにもう一度チャンスをやる心広い優しいボクチンな態度をとったという。
    しかし孕んだのは女だった。それが私。
    母は無能だ無能だと罵られ、挙句の果てには浮気。
    母は泣いて浮気を責め立てるが、浮気した証拠がない、名誉毀損だと妊娠中の母を追い出した。慰謝料はいらんけどそれ相応の責任を取ってもらうと母方祖父を解雇。
    母方祖母は専業だった為、食うにも事欠く生活を強いられる母一家は、父の浮気と不当な解雇を訴えようとしたが、あそこの家は専属の弁護士がいるし関わったら職を失うと父一家の名前を出すだけで断られた。
    お金もないしどっちにしろ訴えはりなんてできないんだけどね。

    714 :おさかなくわえた名無しさん 2004/07/22(木) 00:25:00 ID:54bQOJU0
    彼氏のお父さんの趣味が女装だったこと
    23年生きてきて一番衝撃だった
    初めて家に行ったとき、仮装でもてなしてくれてるのかと思ったw
    みんなに反対されてるので家だけでやってるんだけどね
    でもやたら気があってしまって、今では2人で化粧品買いに行ったり
    お化粧の練習したりしてます
    彼と彼のお母さんは「理解ありすぎ」って笑ってるw

    31 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
    さっきあったこと

    今日も疲れて帰ってきた俺
    子供も寝てるからそっと帰宅。
    台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
    どうもハンズフリーでの会話らしい

    耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

    嫁友「あー…もうほんとムカつく!
    年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
    嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
    嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
    嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
    嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
    「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

    もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
    確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
    それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

    「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

    嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
    嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
    嫁友「う…それは…」
    嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
    手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

    と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
    今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
    10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
    もちろん台所で泣かせてきたぜ

    61 :なご 2008/08/16(土) 17:27:47 ID:uM5gds4kO
    なごむか分からんが投下

    今帰省の途中で、天候の影響で駅に足止め中
    待合室みたいなところで大勢で待ってるんだが
    弱一時間バスが来なくてみんなイライラモード
    そんな中俺の前に立ってた女親子2人がお互いの肘さわり始めた
    娘「プヨプヨwプヨプヨしとるww」
    母「ちょっとwwあんたなんてブヨブヨじゃないw」
    娘「うはwwお母さんwwww柔らかwすぎwww」
    ちなみに小声。んで娘は多分高校生くらいの今時な感じ
    肘で盛り上がってる…幸せそうだなあとか思ってたら
    斜め前にいたヤンキーっぽい兄ちゃん2人がそれをすごい凝視してる
    イライラしてるのかな、怖いなあって思ったら次の瞬間
    ヤンキー1「…(触りながら)俺の肘かてえ…(´・ω・`)」
    ヤンキー2「…(触りながら)…結構かてえ…(´・ω・`)」
    1「お前のも硬い?…あぁ…硬いわ…(´・ω・`)」
    小声だったけど全部聞こえてしまったw
    一見怖そうなのにショボーン具合に和んだww
    ちなみに、結構ハマったのか今も触りあってる

    このページのトップヘ