感動

    764 :名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木) 10:02:28 ID:Ayf
    俺は花屋の三代目。暇と花を売ってる。
    バイトなんか雇うなんて出来ない零細店舗
    中学生の職業体験を受け入れることになった。
    女の子が二人割り当てされたがする事ない。
    真面目な二人は、掃除なんか頑張ってくれた。
    ニコニコ笑顔で接客する姿勢は好感が持てた。
    数日のお手伝いだか、花束の作り方を教えたりして売れ残り花をあげたりした。好きな人にプレゼントしなよとか囃し立てからかった。
    それから、一年後に高校生になった所でアルバイトをしたいと相談しにきたが給料払える程忙しくもないし諦めてもらうために早朝の仕入や、葬式の納品だったりと華やかな仕事でないことを水仕事、手や腕は傷だらけになることを教えた。
    二人の女子高校生は、それでもやりたいと言ってきたがお小遣い程度の給料しか払えないことを理解してもらい、学業に差し支えない程度に働くことになった。二人とも大学卒業までの7年定休日意外は程毎日交代で店番をやってくれた。
    それから、彼女らは同じ時期に結婚をする事になったと報告と招待をしたいとの事だった。

    俺んちみたいな小さい花屋でも、結婚式場の出入りはあったので式場に花を添えたいと彼女らには内緒でということでお願いしました。
    色んな、花を式場に運んだ。花粉対策で水洗いしたり飾り付けなどで前日の夜から本気のセッティングをかましてやりました。
    花の仕入料金は懐が痛かったが今までの感謝と御祝いで三万本以上飾った。
    余り多すぎる花が式場でははじめての事でパンフレットの表示なる位に凄く喜ばれた。
    ちなみに、祝儀は一万しか払えないかった。
    それから、二回も同じ事したので開業以来の大赤字を出して小遣いがなくなった。
    その代わり、結婚式場の依頼が少し増えた。
    結婚式に花嫁は花が良く似合うと思った。
    いまだに、二人が店番を手伝ってくれている。
    感謝してますよ。

    595 :名無しさん@おーぷん 2015/09/13(日) 05:17:50 ID:Ort
    自分語りさせてもらいます

    2年半前、学生の時から長年付き合ってた彼氏に突然一方的に振られた
    交際期間中ケンカもなく、そのうち結婚すると思ってたから
    心当たりもなかった
    「何で?」と聞いても答えてくれない
    「他に好きな人できた?」と聞くと「そうじゃない」
    「じゃあ何で?」と聞くと「言わせんな」と

    嫌だ納得できないと騒ぐのはみっともないと思った
    夫婦じゃないんだから、どちらかが別れたいと思ったら交際は継続できない
    納得はできなかったけど、渋々別れた

    出会った頃から3キロ太ったからかな?
    「言わせんな」なんて鼻毛でも出てた?
    悶々とした日々を過ごし、すごく痩せて周りに心配された

    それから2人くらいの男性.と付き合ってみたけどダメだった
    別れた彼氏と比べてしまうと気が合わない、話してても楽しくない
    そもそも好きになれなかった
    昔の失恋を引きずったまま30代になって一生独身は嫌だなーと思っていた

    553 :名無しさん@おーぷん 2015/09/12(土) 13:00:21 ID:5Nq
    決意表明しにきた。

    小学生の頃、名前の由来の話題が仲間内ででた。
    優しい子になって欲しいから優子とか
    背筋を伸ばして美しい姿勢で人生を歩んで欲しいから歩美とか。

    私は夕方の夕で、ゆうって名前なんだけど、
    「ゆうちゃんはなんでその名前なの?」って聞かれた時に
    そのまま「夕方に生まれたから」って答えた。
    親からもそう聞いていたし。

    そしたら
    「そのまんまじゃん」
    「適当につけられたの?」
    「意味のない名前ならカタカナのタでいーじゃん!これからはターちゃんね!」
    など散々な言われようで、その日から名前でからかわれることが多くなった。

    特にカタカナのターちゃん呼びが浸透してしまって、それ関連のからかいはかなり辛かった。
    (同名のアニメキャラがちょっと下品で、私もそういうキャラにされた)

    嫌だと思いつつも嫌われるのが怖くて拒否もできず、
    ただ曖昧に流すだけだったけど、ある日たまりかねて母に なんでもっとちゃんとした名前をつけなかったと怒りをぶつけまくった。

    しかし母は
    「別に名前自体にこうなれ~ああなれ~なんて願いなんてこめなくてもええやないの。毎日元気ならそれでええの。」
    とあっけらかんとしていた。

    納得出来ずにぐずつくと
    「あんたが生まれて、ホッと一息ついた時が夕方で、そん時にこの子を絶対に幸せにするって決めたん。
    別にどおっちゅことない夕焼けやったけどな、その時の夕焼けは今でも記憶に残っとるし、お母さんにとっての夕方は、今もあの時の夕方なん。
    あんたは体重もあんまり増えんし夜泣きもひどーて、
    そらもう大変やったけど、夕焼け見る度に幸せにするぞーって何回も思った大事な名前なんやから、あんまり細かいことは考えんでよろしい」
    って言われた。

    それがもう、とにかく嬉しくって、自分の名前が大好きになって、夕焼けを見ると幸せな気持ちになるようになった。

    そうすると特に意識したわけでもないのに、わりとはっきりと自分の意見も言えるようになってきて、
    いつの間にかからかいもなくなってた。


    あれから私も縁あって子供ができ、
    母と同じような感じで、特にこうなって欲しいなんて意味はないけれど、幸せにする決意表明みたいな名前をつけた。
    お母さんにもらった幸せは、倍返しにしてこの子に返そうと思う。

    891 :名無しさん@おーぷん 2017/10/03(火) 12:10:39 ID:ygn
    10年以上前、3連休の初日に兄嫁がうちにアポなし託児していった
    姪っ子が兄嫁からの手紙を持たされてて、あさってまでよろしく!とのこと
    兄嫁&兄に連絡してもつながらないし、私両親も兄嫁両親も遠方
    当時独身だったのでどうしていいかわからず、警察等への通報という発想もなく
    しかたなく家に上げたけど、子供が楽しめるものが一切ない
    とりあえず朝ごはん行こうかと誘ったら「マックがいい!」と言うので行った
    遠慮してたから「なんでも頼みな」と言ったら信じられない!という顔をしていた
    髪がぼさぼさだったので自分が通ってる美容院にも行ってきれいにしてもらい、
    そうなると服がなんとも小汚いのが目に付いてSC行って全身コーデしてもらった
    おとなしい姪っ子が控えめだけどニコニコ喜んでるのを見たらこちらも嬉しくなった
    時間が余ったのでSC内の映画館で子供向け映画を見てから、チェーンのファミレスに行った
    「いつもお昼ご飯は食べさせてもらえない」と言うので、えっと思った
    普段どうしてるの?と聞いたら、いつも休みのたびに友達の家に行かされていたけど
    最近は誰も遊んでくれなくなった、お母さんはいつもお出かけしてる、お父さんは最近家に
    帰ってきてない、2人とも叩くからいや、学校があるときは給食があるから晩ご飯はない
    などととんでもないことを言ってきた
    自宅に帰って風呂に入れたら肋骨が浮いて全身痣だらけで言葉も出なかった
    晩ご飯に鍋を作ったら小さい体で一生懸命食べてて、見てるこちらが泣きそうになった
    すぐに私両親に連絡したら、翌日両親そろって飛行機で来た
    数年ぶりに会うジジババに緊張してたけど、遊園地に連れて行ったらすぐに笑った
    キャラもののカチューシャを買ってやったら、汚したくないと袋から出し渋った
    「汚れたらまた買ってあげるから」と説得したらようやくつけてくれた
    その日の夕方、両親が姪っ子を連れて帰っていった
    その翌日、私は祝日でも仕事だったので不在だったが、夜になって兄嫁からの着信がすごかった

    そのあと色々あったけど姪っ子の親権は私両親の手に渡り、兄夫婦は今どこにいるか知らない
    先週末が姪っ子の結婚式で、私両親が両親の席に座って私と夫は新婦姉夫婦の席になってた
    育て上げたのは私両親で、私はたまにしか遊ばないおばちゃんポジなんだけど
    「姉さんが手を差し伸べてくれたから今の幸せがあります」って言ってくれた
    スライドであのときの遊園地の写真が出てきたのを見て、人生で一番泣いたw

    446 :おさかなくわえた名無しさん 2002/06/01(土) 19:36:00 ID:O0mIFgqA
    とくに体が弱いわけでもないんだけど、OLの頃、数回電車の中で
    気分が悪くなった。
    そんな時、かならず誰かが、電車を一緒に降りて、駅員室へ連れて行ってくれたり、席を替わってくれて、
    背中をさすってくれたり。
    ある時は、あまりのしんどさに途中下車してベンチで休んでいると、女の人がポカリか
    なんかを差し出してくれて、“買い間違えたから、飲んで?”と。。。
    世間って捨てたモンじゃないなぁ~~っとすごく感激でした。
    しんどくってロクにお礼も言ってなくてごめんなさい。ありがとうございました。

    このページのトップヘ