感動

    664 :名無しさん@おーぷん 2015/07/29(水) 06:56:56 ID:U2W
    猫とか性的な話題とかがあるから苦手な人はスルーして欲しいんだけど、数年前にオスとメスの猫を引き取ったら
    不思議なことが起こった。


    うちの親戚が空いた一軒家を人に貸してたんだが、海外転勤になったとかで急に退去することに。
    ばたばたしながら退去確認を済ませて、さあ掃除しましょうと大家が家に入ったら、鳴き声に気づいたという流れ。
    当人は既に海外へ発っていたので連絡すらつかず、保証人も「困ったなあ」でアテにならず。
    大家からヘルプをもらった猫好きの私が見に行ったら6匹の猫がいて、何日閉じ込められてたかわからないくらい
    ひどい状況だったので、慌てて動物病院に連れて行った。
    元気になった子から順次引き取り手を探してもらわれていったんだけど、最後の2匹は元々の持病があったせいで
    なかなか引き取り手が現れなかったから、最終的にうちで飼うことにした。

    獣医さんの見立てでは多分どっちも5~10歳くらいじゃないかという感じ。
    オスのほうは一応去勢してあるみたいなんだけど、そのわりにニャン玉が一般的なサイズ。
    メスも卵巣を取る手術痕があったけど、色々検査してみたら復活?してるっぽいと。
    ↑卵巣が復活することはたまにあるらしい。
    でもまあ妊娠することはないでしょうということだった。
    事実、発情みたいな声を出すことはたまにあっても、マーキングや生理はなかった。

    と思っていたら、引き取って半年後にはメスのお腹がぽっこりorz
    獣医の先生も「ありえない!」とびっくりしてた。
    だって、いわゆる発情期とはまったく違うタイミングだったし、そういう行動も一切見てないんだよ。
    生理だって形跡すら見つけてないし・・・
    「去勢、避妊手術が不完全だった」&「元々栄養失調気味で子作りする元気がない状態だったのが、うちにきて元気になった」
    →「生殖能力が復活!」
    ということが可能性として考えられたけど、正直、言ってる先生自身が信じられないって感じだった。
    色々調べてみてくれたみたいだけど、やっぱりわかんないって。
    不完全でも不妊手術してたら、普通は妊娠なんてありえないんだってね。
    ただ状況から見ても他の猫が入り込んで妊娠させたってことはありえないから、この2匹の子供には間違いない。
    だから、よくわからんが何らかの理由で生殖能力が残っていたんだという結論になった。

    その後、無事に子猫が3匹生まれて全部うちで育ててたんだが、その私自身に不思議なことが起こった。
    私は後天的な疾患でホルモン異常があって、自然妊娠は限りなく難しいといわれてた。
    夫は先天的な理由で男性不妊で、こちらも自然妊娠は限りなく難しいと(ry
    その私が妊娠した。
    最近メス猫がやけに私のお腹に頭こすりつけてくるなぁ~もしかしてご利益分けてくれてんの~?って笑ってたら
    生理が来なくなって、調べてみたら本当に妊娠してた。
    疾患のために無事に出産できるか不安だったけど、経過は順調で、生まれてきた子も超元気。
    念のため検査とかしてみたけど、大きくなった今もアレルギーひとつない超健康体。

    猫たちは最近ちょっと年取ったなあって感じがするけど、孫猫とたまに遊んでやってるのを見るとまだまだ現役みたいw

    115 :名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火) 08:49:46 ID:AxR
    娘が結婚したの。
    娘と言ってもね、婆とは血が繋がってないのよ。
    娘が4歳の時、婆がママになったの。(本当の母親は1歳になる前に他界したのよ)

    爺は子供がいることで婆との結婚になかなか踏み切れなかったみたいなのね。
    婆はそんなの関係なく爺と結婚したかったのだけど。
    ある時婆と爺と娘とで買い物に出掛けた時に、爺が急用で30分ぐらい会社に行ったの。
    その間娘と一緒に本屋さんで時間潰したんだけど、とっても良い子だったから
    「一番欲しいの選んでいいよ。お姉さんがプレゼントする」って言ったのね。
    そしたら俯いて婆の手をギュッと握ってプルプル震えてるの。
    「遠慮しなくていいよ?選んでいいよ?」って言ったら更にギュッと握ってきたの。
    ちょっと出過ぎたことしちゃったかなーと思いながら、そうこうしてるうちに爺が戻ってきて。
    娘の様子がおかしいと気付いてどうしたの?って聞かれて、そのことを話してたら
    今度はしゃくりあげて泣き出したのよー。
    その日はそれでお別れして、婆すごく落ち込んだわ。
    あー娘に嫌われちゃったらもうダメかもーって。
    そしたらその日の夜に爺が「ちょっとだけ出られる?」って電話掛けてきて
    近くの公園で話したのね。
    そしたら娘が“一番欲しいの”は婆だったのよ。婆にママになってほしかったんだって。
    でも言葉にできなくて、気付いてもらえなくて、悲しくて泣いたんだって。
    それ聞いて婆の涙腺は破壊されたわ。そしてプロポーズされて結婚したの。

    式の間中その時のこと思い出して、涙が止まらなかったわよ。
    ずっとずっと良い子だったわ。妹のこともとっても可愛がってくれて一生懸命面倒見てくれて。
    ああ、あの時本屋さんで気付かなかった鈍い婆の代わりに、ちゃんと爺に気持ちを伝えてくれて良かった。
    おかげで爺と夫婦になれて、ふたりの娘の母親になれた。
    ありがとうと崖から叫びたいわ。

    9 :名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木) 10:28:02 ID:UJs
    私、コミュ障。困ってる人がいたら、声をかけていいのか、そもそもなんて言えばいいのか、迷惑になるんじゃ…と悩んでるうちに他の方が助けに行ってしまうこと多数。
    当然恋人もなし、結婚願望もなし。ただひたすらせめて仕事だけはと頑張ってるだけの状態

    先日、会社を出てからめちゃくちゃ体調が悪くなった
    時間的に病院も空いてないし、休めるような場所もないし、帰宅するしかないと思って電車に乗った
    電車はそこそこ混んでて座れなかったから、立って吊革につかまってた
    そしたら、私の顔色見て「よかったらどうぞ」って少し離れたところに座ってた、眼鏡をかけた優しそうな男の人が譲ってくれた
    その人は笑顔だったんだけど、その笑顔がなんていうかものすごく安心する感じで、体調不良ってのもあって、ものすごくホッとしたんだよね
    お礼を言ってありがたく座らせてもらったんだけど、なんでか分からないけど胸がいっぱいで泣きそうだった
    毎日仕事漬けで人の優しさに飢えてたのかもしれない。割とブラックだし
    その事があってから、電車で私の前に立ってる人が少しでも体調悪そうだったら、あの人みたいに笑顔で席を譲れるようになりたいと思ってた

    そんで昨日。電車で運良く座ってたら、前に妊婦さんが来た
    今だ!と思って、勇気を振り糸交って立ち上がった
    コミュ障なりに頑張って笑顔で譲れたと思う。ちょっと声裏返ったけど
    妊婦さんからお礼を言ってもらえて、ちょっと誇らしい気持ちだった。私もやれば出来るじゃん!って

    結局最寄り駅まで立ちっぱなしだったんだけど、妊婦さんと降りる駅が一緒だったんだ
    何となく気にかけながら歩いてたら、その人の旦那さんが迎えに来てたみたいなんだけど、なんとあの眼鏡の男の人だったんだよ!
    こんなことある?!と思った
    二人ともにこにこしてて、穏やかな感じで歩いていった

    この興奮を誰かに伝えたかったけど伝える相手もいないし、ここに書いてる
    なんかあのご夫婦見てると結婚したくなってきた
    婚活頑張ってみようかな。まずは笑顔の練習からだけど

    201 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:51:28 ID:hw/bEikM.net
    結婚式のBGMを決めようってときに彼とドライブ中ラジオから
    聞こえたクラシックが良かった
    モーツァルトのなんちゃららって聞き取れなくて、
    でもすっごいよかったので二人で忘れないように口ずさんで覚えた
    すぐ渋谷のタワレコにいってモーツァルトで歌えるんですが曲がわからない
    って相談したら
    「少々お待ちください」といわれて出てきたのは金髪ベリショ耳にピアス
    だらけのパンクっぽいお姉さん
    その人の前で♪ちゃちゃん♪ちゃちゃんちゃちゃちゃちゃちゃん、かっこー♪
    って歌ったら、レオポルトモーツァルトですね、お父さんですって
    言われてCD探してくれた
    衝撃だった

    764 :名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木) 10:02:28 ID:Ayf
    俺は花屋の三代目。暇と花を売ってる。
    バイトなんか雇うなんて出来ない零細店舗
    中学生の職業体験を受け入れることになった。
    女の子が二人割り当てされたがする事ない。
    真面目な二人は、掃除なんか頑張ってくれた。
    ニコニコ笑顔で接客する姿勢は好感が持てた。
    数日のお手伝いだか、花束の作り方を教えたりして売れ残り花をあげたりした。好きな人にプレゼントしなよとか囃し立てからかった。
    それから、一年後に高校生になった所でアルバイトをしたいと相談しにきたが給料払える程忙しくもないし諦めてもらうために早朝の仕入や、葬式の納品だったりと華やかな仕事でないことを水仕事、手や腕は傷だらけになることを教えた。
    二人の女子高校生は、それでもやりたいと言ってきたがお小遣い程度の給料しか払えないことを理解してもらい、学業に差し支えない程度に働くことになった。二人とも大学卒業までの7年定休日意外は程毎日交代で店番をやってくれた。
    それから、彼女らは同じ時期に結婚をする事になったと報告と招待をしたいとの事だった。

    俺んちみたいな小さい花屋でも、結婚式場の出入りはあったので式場に花を添えたいと彼女らには内緒でということでお願いしました。
    色んな、花を式場に運んだ。花粉対策で水洗いしたり飾り付けなどで前日の夜から本気のセッティングをかましてやりました。
    花の仕入料金は懐が痛かったが今までの感謝と御祝いで三万本以上飾った。
    余り多すぎる花が式場でははじめての事でパンフレットの表示なる位に凄く喜ばれた。
    ちなみに、祝儀は一万しか払えないかった。
    それから、二回も同じ事したので開業以来の大赤字を出して小遣いがなくなった。
    その代わり、結婚式場の依頼が少し増えた。
    結婚式に花嫁は花が良く似合うと思った。
    いまだに、二人が店番を手伝ってくれている。
    感謝してますよ。

    このページのトップヘ