鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    感動

    761 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 14:29:50 ID:i5ZrWkOA.net
    ながーーーいので分けます。
    長文嫌いの方はスルーでお願いします。

    来年、結婚が決まった。
    昨日、母の再婚相手で私が高校生のころから一緒に暮らしてる養父と二人でコタツで飲んだ。

    養父のことは大好き。
    母を大事にしてくれるし、いきなりできた女子高生の私を本当に気遣いながら大事にしてくれた。

    本当の父親は所謂モラ八ラで、母が泣くまでやり込めるような人で、父親は私が小2の時に女を連れてきて「来月からこいつとここで住むから今月中に出て行け」と言って本当に追い出された。

    母方の祖父は障碍があってあまり実家を頼れず、本当に貧乏で育ちました。
    お風呂も毎日入れない、制服もおさがりのみ、1つの袋麺を母と二人で分けて食べる夕食も普通、靴下も穴を縫って履き潰した。

    高1の時に母が仕事先の社員さんに結婚を前提に付き合ってほしいと言われたので会ってほしいと言われた。その時は母が幸せになれるとかじゃなく、この貧乏から脱出できる!と思った。

    それから養父のマンションに二人で引っ越した。
    一人部屋を与えられて嬉しくて仕方なかった。
    高校2年にして新しい制服、ローファー、初めて携帯も買ってもらった。
    バイトもやめて大学にも行きなさいと言ってくれた。
    特別お金持ちではないんだろうけど大金持ちになった気分だった。

    浮かれた生活が続いたある日、家族みんなで朝寝坊をした。
    バタバタとみんなで準備してて、母が養父の仕事行く用意してる時、養父は母に一つ一つ「ありがとう」と言ってた笑っていた。
    ネクタイを手渡しては「ありがとう」朝ごはんがわりのおにぎり握ってる母を見ては「ありがとう」と。

    その光景を見た時になぜか涙がどばどば出てきた。
    なんて優しい人なんだろう。お母さん幸せそうだな。好きな人に尽くしてるお母さんかわいいな。
    そう思うと涙が止まらなかった。

    養父は突然泣き出した私を見てあたふたして「大丈夫だよ!!急げばまだ間に合うから!一緒に駅まで走ろう!!」と、私が遅刻しそうだから泣いてると感違いしたみたいでしたが、その養父の慌てっぷりがまた嬉しくて涙が出てきました。

    631 :名無しさん@おーぷん 2020/10/02(金) 09:47:45 ID:hv.sk.L1
    何をするをするにしたって子供心にドンピシャな人って本当にすごいと思う。
    それがまさに私の妹なんだよ。普通にアラサーなんだけど、なんというか
    プレゼントにしても遊びに連れていく場所にしても、子供心を掴んでいくんだよね。

    例えば去年の秋頃、旅行をした時。
    子供は3歳で、私は動物好きだし牧場に連れて行こうかなって思っていた。
    そうしたら妹が提案したのはテーマパークというか遊園地だった。
    私はまだ子供に乗れないアトラクションが多いからきっと楽しくないんじゃない?
    と言ったら「こういうのは世界観だよ」と言い、結局乗ったのはメリーゴーランドとか
    回るティーカップとか観覧車とかそういうの。
    ジェットコースターとか乗ってみたい!っていう娘を「もうちょっとお姉さんになってからね」と宥めながら回った。
    ほら見ろ、乗りたいの乗れなくて結局こうなるんだよ…と思っていたが、
    それから1ヶ月は寝る前に「遊園地楽しかったね」「お姉さんになったらジェットコースター乗りたいね」
    「次はいつ行くの?明後日?」「また〇〇ちゃん(妹)に連れて行ってってお電話して」と言っていた。

    そして今年、コロナでなかなか外出できない中、妹が突然持ってきたのはキャンプ道具だった。
    うちは田舎で旧家の方に田んぼを持っていて、父がそこへ通って農業をしている。
    なので妹はその旧家の方にお弁当とおやつ持っていって、テントを張ってピクニックしようと言い出した。
    いやいや、それなら大きい公園で恐竜の滑り台した方が喜ぶんじゃない?って思っていたら、娘はテントに食いつく食いつく。
    結局2週連続でテント張ってピクニックに行った。
    確かにテントの中だと子供から目を離していてもどこにも行かないし、おもちゃを持っていけばそれで遊んでるし、自分もすごく楽だった。
    思わず「なんでそんなことポンポン思いつくの?」って聞いたら、「なんとなく?子供って秘密基地とか好きじゃん?」だって。
    それにしたってその発想力よ…絶対真似できないって思った。

    さらには10月になったら妹発案でハロウィンをする予定。
    どうせお菓子なんてたくさん食べられないからって、山程お菓子を用意してお菓子バイキングにしようって言い出した。
    余ったら日頃のおやつにすればいいし、と。
    先程も言ったように、私たちは田舎育ちだからハロウィンなんてイベントしたことないから、自分もハロウィンをしようなんて発想がまったくなかった。
    今から子供は楽しみにしていて「お菓子いつたくさん食べられる?明後日?」とワクワクしている。
    いや、本当にすごいよあの人。脳内どうなってるの?見てみたいんだけど、とすら思う。

    758 :名無しさん@おーぷん 2020/05/03(日) 21:34:53 ID:???
    最近体調良くなくてもしかしてと思って妊娠検査したら妖精だったわ…今まで何度も何度も泣いてたけど初めて線が入った事にまだ現実感がわかないわ…!
    ただ今連休中だから病院どこもやってないのよね…早く行きたいけど終わるまで我慢かしら。
    分からないことだらけで不安でしかないわ
    まだ検査薬で反応でただけだし初めてのことだからとりあえず病院行きたくて仕方ないわ…早く連休終わらないかしら…

    74 :名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木) 01:12:10 ID:5Z5
    高校の家庭科でお弁当を作る授業があった
    ルール
    彩りのあるお弁当にすること
    3品目以上
    食材は余らせない(余らせたら点数半減)
    材料は自分たちで購入

    俺達の班には主婦力の高い主婦子がいて、メニューを全部考えてくれた
    代わりに男である俺とA男が前日の放課後の買い出し担当
    主婦力ゼロのB子とC実が当日早朝下準備担当になった

    授業開始後
    ご飯が炊けたが大変なことになっていた
    芯が残ってるのにベッタベタ
    原因は簡単だった
    炊飯を押さずに保温を押したから
    これでは減点どころか成績1を覚悟せねばならない
    確実に受験に響く
    主婦子は咄嗟に機転をきかせ、「プチホワイトグラタン作る予定だったのを変える」と言い出した
    料理名はよくわからないけど、小麦粉とコンソメと牛㲗を混ぜたもとのベタベタのご飯を混ぜて、それにパプリカとベーコンとチーズを混ぜて焼いたものを作った
    味見をしたらご飯の食感はなかったものの、芯は消えて甘みの強いグラタンみたいになってた
    一難去ったと思ったら、今度はB子とC実が三本入りの人参全部のヘタをスパーンと切り落とした
    手を出した食材は全部使わなきゃならない
    人参は元々一本の予定だった
    主婦子はほうれん草のおひたしを取りやめ、ほうれん草のバター炒めを作り出した
    切ってしまった人参と、隣の班余ったコーン缶のコーンを分けてもらい、ハムも入れて見事に一本使い切った
    もう一本は予定の料理に使ったが、一本余る
    俺が「グラタンの代わりに人参の甘いやつ作ろう」と提案したら、B子とC実が笑いだした
    「何人参の甘い奴ってw」「お子様?w」
    俺が恥ずかしくて赤面してると、主婦子は「人参グラッセだね、付け合せにぴったりだよ」とフォローしてくれた
    そして笑った二人に「人参をオリーブ剥きして」と伝えた
    二人は目を瞬かせる
    「オリーブ剥きも知らないの?そっか、人参グラッセも知らないもんね、ごめんね」
    と主婦子は役に立たない二人に言い放ってさっさと人参を調理していった
    調味料なら使い放題なので、人参とバターと砂糖を鍋に投入してグツグツ
    その間に俺たちは洗い物を済ませ、詰められるぶんを詰め、時間ぎりぎりになんとか人参グラッセが間に合って弁当が完成した
    先生は一部始終を知っているので、主婦子を褒め称えた
    主婦子が作っている間に黙々と洗い物をしていたA男
    主婦子の指示を聞きながら次の料理の下ごしらえをしていた俺
    双方いいチームワークだったと評価をもらった
    B子とC実はレシピも見られないダメ女の烙印をクラスから押され、家庭科の成績も悪かったらしい
    ベタベタご飯はその不味さから学年中に噂が広まり、大学も同じ学校の人が多く行った私立だからか、女子力が低いと噂になっていた
    主婦子は大学在学中に中身も外見もイケメンな彼氏ができた
    ふと彼氏のFBを見かけたので挨拶がてらのぞいてみたら、どうやら今は主婦子と同棲中らしく、毎日の弁当が記載されている

    278 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/06(月) 17:44:58 ID:Mo5kEXyO
    宝くじで100万円当たったこと。

    窓口でポンと百万出されたあの瞬間が衝撃的だった。今までに見たこともない大金が、直に目の前に出され脳内パニック。
    分厚い札束を家に持って帰る事を考えたら怖くてしょうがなくなって、速攻で自分口座に移し替えてもらい、その手続きの間ちょっと百万円の札束触ってドキドキ。持ち上げたり、横から眺めたり。

    くじが当たった瞬間もちろんうれしかったけど、「どうせなら一等当たればな」とか考えていたの、とんでもなく罰当たりだった。百万円は十二分な大金だ。あの重みは忘れられない。

    自分の貯金目標額が数千万なので、そのまま100万は貯金にスライドしたけど、400円くらいする高いアイス買ってお祝いした。うれしかった。

    このページのトップヘ