泣いた…。

    34 :名無しの心子知らず 2018/08/31(金) 21:53:48 ID:mu18bvDS.net
    ステンレスの水筒をぶん投げられて私の手の甲にヒット
    めっちゃ腫れてきて痛い。痛みと情けなさで涙が止まらない。

    30 :名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土) 05:21:03 ID:Z5q
    仕事の待ち時間中に書き逃げ。
    ほぼ夜勤で平日休み。年末年始GWも土日祝日もない底辺仕事の俺が、昨日誕生日だったんだ。
    帰宅時間は日によってまちまちで明け方から昼前になるんだけど、誕生日の日は帰宅したのは朝の5時半くらい。
    当然嫁は寝てる時間だから、そーっと中に入ったんだ。

    299 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/14(土) 22:37:33
    毎日必タヒに仕事して
    昇給のための勉強のため晩酌もせず
    飲みにも行かず
    毎朝嫁の分の弁当も作り
    晩飯も作り
    家事もやり
    優しく接しているのに

    愛してくれない。
    マジで愛してくれてない。
    態度冷たい嫁。

    悩んだ。
    悩んだ。結果。わかったこと。

    簡単な話、俺に魅力がない。
    そして、俺が嫁のタイプでないwwww

    そりゃ、瑛太と俺を見比べて
    「整形したら??」
    って俺に言うよwwww
    タイプじゃないもんね。

    色々嫁からきつい事傷つく事言われてもさ、
    結婚しようと思った女性.だけあって
    愛してるのよ。
    確実に世界で一番。

    でも、愛されてない。


    ふぅ・・・
    結婚って苦しいわ。

    550 :名無しさん@HOME 2017/01/24(火) 01:40:25 0.net
    25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
    「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
    気づいたら身体が動かないし声も出ない
    私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
    看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
    5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
    医者の話だと私は2年意識がなく遷延性意識障害と診断され
    この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

    私は転んで後頭部を打ち気絶
    脳内出血で手術をしたが意識戻らず
    3ヶ月目で遷延性意識障害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽タヒか選択したら
    みんなが諦めて安楽タヒを選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
    これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

    そして2年間妹が婚約者との縁談を断り私の介護をし続けていた
    妹は会社を辞めこの病院の食堂と清掃婦として働いていた
    慰謝からはなしを聞いて妹が駆けつけてきて手を握って「よかった!よかった!」と
    何度も囁いていた
    それからリハビリ受けて半年で退院
    生活に多少師匠はあるが一人で生活できるレベルにはなっていた
    私は妹の元婚約者のところに謝罪しに行った
    元婚約者は「元気になって良かったです」と言うと
    そのあと信じられない事を言った
    「もう一度妹さんにプロポーズします。妹さんを僕に下さい」と
    婚約者はずっと妹を待っていた。影でも妹にわからないように助けていた

    私は即答で「もちろんだ!妹をよろしくお願いします」と返した
    気づいたら号泣していた

    そして先月妹が式を挙げた
    妹は世界一綺麗な花嫁になった

    893 :おさかなくわえた名無しさん 2005/08/19(金) 20:04:26 ID:htJdzJoM
    大学生で禿げてる俺は一度だけ合コンに誘われた。
    イケメングループからメンバーが足りないから頼む!と言われたので仕方なしにだった。
    けれど、だんだんわくわくしてきて服を買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
    親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。
    当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
    遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
    「うっそ~!!ほんとに禿げてる!!」
    「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
    「うわ~キモイwww」
    俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
    「ほらこの頭見ろよ!すげー!!」
    とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
    「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
    俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

    家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
    もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
    家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
    母親も泣いた。俺も泣いた。

    このページのトップヘ