ずうずうしい話

    129 :名無しさん@おーぷん 2015/11/27(金) 16:22:51 ID:Qsw
    義姉が離婚して地元に戻ってきた。(小梨)
    で、うちに何かと顔を出しにくる回数が増えた。
    もう義父母も他界してずいぶん経つし私たち夫婦が相続した家なんだし
    (義姉も相応の相続はしている)
    帰省してきた頃はまだしょうがないと思ってたけど
    こっちに戻ってきてから当然のように鍵開けて入って来て、我が物顔であちこち開けるし
    息子の部屋のベッドで昼寝してたりとかその神経がわからん。
    あまりに厚かましいので鍵を登録制の簡単に合鍵作れんやつに交換して
    夫が「いつまでも実家だと思うな」と一喝したら発狂。
    「私子さんと結婚してから(夫くん)は変わった」って意味不明のこと言われた。
    いやいや、あんたの弟さん、昔に比べたら
    ずいぶん丸くなったねって(体型じゃないよ)みんなに言われますが何か?
    ていうか、来年には50歳でしょ?
    いい加減自分のこと「ボク」って言うの止めてくれんか?
    耳障りでしょうがないんですが。

    289 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 09:39:18 ID:Qsl+yyl8.net
    昨日はひどい暑さだった
    スーパーに行ってその帰り、前の会社の同僚が買い物袋持って歩いてるのを見かけたので 
    「送るよ~乗りなよ~」と声かけたら本当に乗り込んできたw 
    「ありがとうごめんね~すごい暑いから嬉しい」とか言ってたけど本当に乗り込んでくるとは思わなかった… 

    あんたんちまでもう500mもないでしょうに。図々しい。 

    524 :おさかなくわえた名無しさん 2010/10/23(土) 21:42:21 ID:4g2D2aVQ
    一人暮らししてる友人に、壊れたプリンターの処分のために大型SCまで送迎頼まれた。
    大学からそのSCまで車で10分かからないくらいだから承諾したら、
    調子に乗って勝手に別の友達を誘い、映画見たいとか食事に行きたいとか言いやがった。
    私に無断で人数増やすな。
    見たくもない映画見るのを強要するな。
    21時にならないと開店しない屋台で食事したら私が帰るの何時になると思ってるんだ。
    まったく腹立たしい。

    993 :名無しの心子知らず@無断 2014/04/05(土) 19:38:42 ID:Eu3mzcuQ.net
    放置子って言うには、育ちすぎてるんだけど。
    高校3年の息子の友達、両親は、夜間勤務をしているらしい。息子と、同じバイト先で、バイトを始めた。学校は、違っても息子とはそこそこ仲良くやってるらしい。
    だけど息子も絡んでバイトの親睦会とかその他の趣味の活動で夜遅くなる時は勝手に私が送迎してくれると信じ込んでる。
    朝早く遠出しなければいけない時も息子とウチの車に乗って行く。息子も当日約束してないのに当たり前のようにウチに来るその子にビックリするくらい。ほんと図々しい。
    まだ3回に1回でも相手親が送迎してくれるなら、お互いさまだから。大変だからと思えるけど、相手の親はノーリアクション。2年くらい前にお世話になってるから。となぜかチーズ巻きを差し入れにきた。目が点になったよ、
    一応キツくあてにしないでとは息子にも友達にもいってるのだが、ほんと迷惑

    951 :名無しの心子知らず 2013/06/14(金) 14:03:02 ID:nQaH7lUe
    キチママ、と呼ぶには弱いかもしれませんが。

    私の通っていた○○高校の同級生に、バイオリニストになったAさんがいる。
    ソ□リサイタル開いたりして、地元では、結構名が知られている。
    私は、Aさんと同じ、音楽系の部に入っていた。
    これが前提です。

    姪っ子が音楽教室に通っていて、いつも母親である姉が迎えに行くんだが、ある日、姉に用事ができてしまい、私が代わりにお迎えに行った。
    早めに到着して、待合室で座っていると、私と同じ歳くらいのママさんが話しかけてきた。
    あら、○○ちゃんのお迎えなのね~、なんて言って、とても気さくな感じだった。
    私が○○高校出身という話題になると、同窓ね!とテンションが上がって、

    ママ:「じゃあAさんは知ってる?」
    私:「はい、今度ソ□リサイタルやるそうですね~」
    ママ:「すごいわよね~。私も、もうちょっと続けてればなぁ」
    私:「楽器なさってたんですか?」
    ママ:「そうなの!(ここで内緒話っぽい声で)実はね、私、学生時代に、Aさんとよく弾いてたのよ」

    このページのトップヘ