毒親

    546 :おさかなくわえた名無しさん 2012/10/07(日) 21:02:45 ID:GbtCavli
    今、相談よろしいでしょうか。
    母親の立場の意見が聞きたくて・・・

    256 :名無しさん@HOME 2016/07/01(金) 12:36:50 0.net
    母親がうつ病になったことが、自分の人生で最大の修羅場というか衝撃だった。
    自分にとっては明るくて楽しくていつもふざけて歌ってるような母親だった。
    それが父親の不倫を機に、1週間起き続けて何かをやっていたり、そうかと思えば2週間寝っぱなしだったり。
    炊事や家事もめちゃくちゃで、急に料理の味付けがとんでもないことになったりして、
    中学生の自分もサポートしたんだが、それまでろくに手伝ってこなかったから、冷凍食品や店屋物ばかりになって。
    家も掃除が行き届かなくなっていって、ますます父親が不倫相手にのめり込み、
    そうすると母親が輪をかけて悪くなって、風呂にも入らず着替えもせず、食事も食ったり食わなかったりで表情も言葉もなくなって。
    何週間も風呂に入っていない母親を、半ば無理矢理起こして食事させようとしたら、
    母親さ、箸もフォークも持てなくなっていて。
    腕をあげてらんない感じ?
    無表情の母親の顔が困った感じででも半笑いみたいになって、目から涙が出てて、
    それ見たらこっちも悲しくて苦しくて母親がタヒぬんじゃないかって大泣きした。
    父親にはもう相談せずに、母方の祖父母に連絡して、
    母親の兄弟が家に来てくれて、精神科に運んで入院になった。

    276 :名無しさん@HOME 2012/06/28(木) 22:55:36 0
    今から30数年間の修羅場。
    当時、私は12歳の中学受験ど真ん中。
    塾から帰ると両親が鬼の形相。

    「お前、塾をサボって万引きしまくっているんだって?」

    と父が私をグーパンチした。
    勿論冤罪。
    私の鼻血に興奮したらしい母は、父の竹刀を持ち出して私を乱打。
    「違う」と言う余裕もなく、私は頭をかかえて丸くなり身を守る。
    両親益々ヒートアップ。
    私は両手足を縛り上げられ、殴る蹴る、竹刀乱打のサンドバック状態。
    ついには、髪をバリカンで丸坊主にされた。
    翌日、全身痣だらけの坊主頭の私は、縛られたまま隣町の文房具屋に連れていかれた。
    勿論初めて行く店。
    両親は私を店主の前に転がし、2人で土下座。

    「この子・・・誰ですか?あの万引き犯はこの子じゃないですよ。
     名前が一文字違いの子ですよ。」

    両親、なんだ~人違いか~で満面の笑み。
    私は何故か縛られたまま再び車の後部座席に放り込まれ、帰宅。
    ちなみにこの時の記憶は、両親の頭からまるっと消えている。

    10年前の私の結婚式で、父が
    「娘に手を挙げることなく、育て上げました」
    とドヤ顔で語ったときは、流石に杀殳意が沸いた。

    381 :名無しさん@HOME 2012/12/13(木) 19:01:34 0
    私が小学生の頃の修羅場。
    姉は当時大学生。
    父親が私に家族旅行の話をしてくれた。
    何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。
    小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。
    前日、母と「楽しみだねー」と話してた。
    当日の朝、父方の祖母と伯母が来た。
    父「じゃ、行ってくるよ。お土産は買ってこないからな」
    母「え?」
    私「いってきまーす」
    父「お前、ついてくる気か?」
    私「え・・・だって家族旅行って・・・」
    父「俺の家族の旅行。こっちの家族旅行。お前は姉ちゃん(母方伯母)とおふくろ(母方祖母)と家族じゃないだろw」
    姉「何それ?家族って言ったら私たちのことじゃないの?」
    私、大泣き。

    姉はこっちの予定も聞かずに勝手に父がサクサク計画を立てたとブツブツ言ってたけど、まさか家族旅行の「家族」に自分たちがメンバーに入ってなかったとは思いもしなかったらしい。
    当時の私は知らなかったけど、祖母は母に嫌がらせをしてたらしい。
    伯母も嫌がらせしてたらしい。
    私はよく伯母と祖母から「あんたのお母さんはだらしないからねー」と言われてた。
    母がお味噌汁を吹きこぼしたことがあるから、そのことを言ってるのだとずっと思ってた。
    何年も話題のネタはそれしかないあまり会話が上手くない祖母と伯母なんだと思う程度だった。
    母と姉が父に言っても「どうせお前らが悪いんじゃね?」だったらしい。
    そんな父が家族旅行を計画してくれたので、母も姉も父を見直して、勝手に進める計画にも反対や意見を言わないようにしてたそうだ。
    ようやく家族に向き合ってくれたと喜んでもいたそうだ。

    965 :名無しさん@HOME 2018/03/16(金) 18:54:39 0.net
    サイコパス兄をあぼんさせかけたこと。
    ちょっと痛い系かも。

    実家は所謂長男教に近いけど、ちょっと違う感じ。
    兄が優秀で、しかも八方美人で周りに媚びる媚びる。
    私は人見知りで兄にイジメられて育ったもので暗かった
    それが兄妹差別を加速させた感じ。
    完全無欠くらいの祭り上げ方された兄の唯一の発散が、なにも言えない私への暴言暴力嫌がらせだったんだろうし
    家族の誰一人それをとめなかったし、外にももらさなかった。
    兄は外ではめっちゃ優しくて妹思いwのお兄ちゃんだった。

    兄は8つ上で、母に似たゴリラ体型。しかも鍛えてる。
    私は父ににてチビガリで体弱い。
    そんなある日兄が私に、普段無視して悪いな、遊んでやるよとプロレス技かけてきた。
    私はまだ小学校中学年くらいだったけど相手はもう体できかけてる感じ。
    やめてよ、の一言も息苦しくてやめ、や、くらいにしか音が出なくて泣いたら
    遊んでやってるのにうぜーと離れてから蹴られたのでその足を掴んでみた。
    何回もげしげしやって、踏みつけるように蹴ってたから。
    そしたら、驚いたのか転んだんだけど、角度が最悪だった。

    受け身も無しに後頭部テーブルに思い切りぶつけて、良くあるドラマみたいに動かなくなったから
    お腹を思いっきり蹴り倒して罵倒した後に近所のおばちゃん呼んだ。

    一応命は取り留めて数ヶ月入院後助かったけど、その間母親は兄に縋り付くことに必タヒで私の存在なんて目に入ってなくて
    それがものすごく辛かった修羅場。
    そのままタヒんじゃえばよかったのに。

    このページのトップヘ