雑談

    410 :名無しの心子知らず 2019/06/06(木) 04:13:22 ID:dUb9feXD.net
    食器洗いをするときに、洗いはじめてから水切りに前回の洗った食器が積んであることに気がつく。
    手を止めて前回の食器を片付けてから洗えばいいのに、それができない。
    そのまま前回の上に積み重ねてしまう。

    460 :スペースNo.な-74 2009/09/01(火) 19:33:35
    マンションのポストに入ってたピンクチラシ。
    女だし正直用はないんだが、表の煽り文句に「美人多数、ブス二人!」って書いてあった。
    「ブス、デブ、ババアいません」はよく見るんだけど、何かこんなことでなごんだ自分が悔しい。

    たまにブスの数が増減したら面白いのにと思う自分はブス
    応募してみるべきだろうか

    309 :名無しさん@HOME 2014/01/24(金) 22:23:25 0
    10歳くらいの時かな。夕食に鍋料理が出て蟹が二匹入ってた
    とても寒い夜だったので体は暖まるし蟹や海老やお野菜やお肉の出汁が良く出ていて
    とっても美味しかった。最後に蟹が残って両親が爪や脚の殻を割ってくれて食べた
    鍋の中には蟹の胴体が二つだけ残り、
    両親「あー食べた食べた。美味しかったー」
    と言ってみんなで手を合わせてご馳走様をした
    当時、蟹の食べ方なんて全然知らなかった私は何気なく
    私「胴体は食べられないの?」
    父「胴体は内臓ばっかりだから食べられないんだ」
    私「食べられないのに何で入れてるの?」
    母「出汁が出て美味しくなるのよ」
    私「ふーん」
    母「ご飯食べたんだから部屋に戻って勉強しなさい」
    私「はーい」

    371 :名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月) 00:00:58 ID:pH0
    今日、仕事帰りに買い物したんだけど、日曜なので家族連れがいっぱいいいた。
    たまたま隣のレジに並んでいた家族はカートの上下の籠に満載の買い物。
    お父さんがレジ台にどっこいしょっで感じで重たいカゴを二つ乗せると、一緒にいた
    小学校低学年くらいの女の子が「ママ、これかたしてこない」と言っていた。
    いやいや、袋に詰めてからも必要だろうよ、と思って聞いていたけど、両親は
    会話に夢中で娘に答えない。娘は壊れたレコードみたいに同じ事を繰り返し。
    会計が始まった頃に父親が気づいて「まだ使うよ」と言ったけど、娘がごねて
    狭い店なのでレジ同士の間に人が通るスペースもないのに、
    私の並んでいた列との間を強引に通ろうとして父親が仕方なくカートを自分でなんとか
    レジ前に移動させて、娘と片づけに行った。
    私のほうが早く会計が済んで、サッカー台で袋詰めしていたら、先にレジを通したカゴを
    父親が私の隣で袋詰め始めた。
    なぜか父親、お菓子をビニールにいれて台の上に置き、娘がレジ袋に入れていたんだけど
    そのうちレジ袋に入れず台の上に並べ始めた。
    母親が会計を済ませて「○○ちゃんどけて」と声をかけたけど、娘無視。
    母親は父親のとなりで袋詰めを始めたんだけど、なんせ荷物も多く、台の上いっぱいに広げる。
    カートもないので、詰め終わったのもカゴも全部台の上。おまけに娘はお菓子広げたまま。
    狭い店だし混雑しているし、かなり邪魔。
    私の反対にいたおばさんが腹が立ったんだと思う。「その子障害があるの」と声をかた。
    母親が驚いて「いえ、違いますよ!!」と答えたら「じゃあ、あなたたち夫婦が障害者なの?」
    だって…。ものすごい失礼なんだけど、私含め、周囲の人がみんなスクスク笑ってしまった。
    父親の方は意味が分かったみたいで、真っ赤になって慌てて荷物をまとめ始めた。
    「それどういう意味ですか」って母親が喰ってかかったら、私のあとに袋詰め始めた人に
    「同じ事繰り返し繰り返し言ってて痴呆症みたいだし、人の迷惑とか考えられないし我慢できないし
    どう見てもマトモな子に見えないのにそれが普通だと思えるならあなたが障害者だと思われてあたりまえ」
    と黙々と袋詰めしながら言った。
    母親は怒りのあまり口パクパクさせて真っ赤になってたけど追い打ちをかけるように
    「普段誰も口に出さなくたってみんな同じ事を思っている。何をやってもあー、やっぱりあの家族
    おかしいよね、って思われてるのよ。良かったわね、今日周囲にどう思われているかわかって」って
    言いながら、さっさとカゴ片づけて出て行った。
    最初のオバサンも私もレジの人もみんな笑いをこらえていた。
    父親は口をパクパクさせている母親を「いくぞっ」って怒鳴って、両手は袋で塞がっていて
    すんごい重そうなのに速攻で出て行った。
    私はパンの景品の皿もらってたんだけど、サービスカウンターのお姉さんも聞こえてないふりしてた。

    34 :名無しさん@おーぷん 2015/07/23(木) 03:25:41 ID:???
    洒落怖まとめとかで、知ってる人がほんの数時間いなくなる→見つかったら別人みたいになって帰ってきた、って話あるじゃない
    なんとなく洒落怖読んでて、私にもあったのを思い出した。

    下に弟がいるんだけど、当時三歳でめちゃくちゃやんちゃで活発。おまけに私の友人の乳まで触るようなエ□ガキだった。
    そんな弟が自転車に乗れるようになって、歪なこぎ方(片足でガゴンガゴンってこぐ感じ)ながらもちゃんと自転車で走れるようになってて、近所では有名だった。
    で、弟がある日自転車に乗って遊びに行って、門限の誤字になっても帰って来なかった。
    祖父母があちこち探して、いつもは帰りの遅い両親も早くに帰ってきて、最終的には警察にも頼って弟を探してた。
    私は妹と家で待ってたんだけれども、その時に電話があって、とってみたら弟だった。
    「姉ちゃん?」って聞くから、怖くなってそのまま電話切った。
    なんでって、当時の弟は小銭持ってなかったし、
    例えば私の名前が花子だったとしたら、「花子!」って感じで生意気にも私を名前で呼んでたので。
    弟はそれから間もなく戻ってきた。

    冒頭にもあった通り、弟の性格はそれから変わった。
    今までは活発に自転車乗りまわしてたのに全然乗らなくなったし、公園とかにも遊びに行かなくなった。
    友人にもセクハラしなくなったし、それどころか女嫌いになってた。
    私の事も妹(弟から見たら姉)の事も、名前で呼ばなくなって、「姉ちゃん」って呼ぶようになった。
    大きくなってからそうなるのはまだ分からんでもないが、昨日今日までぎゃーぎゃー言って騒ぎまくってた三歳のお〇ぱい星人が人が変わったようになって、幼心に少し怖かった。

    このページのトップヘ