義兄弟義姉妹への愚痴

    35 :名無しさん@おーぷん 2019/03/16(土) 11:33:24 ID:???
    聞いて欲しいの
    爺の弟の子が大学入試に受かったんだけど、まだアパートも決まって無いらしいの
    大学はうちからバスで30分くらいなので、住まいを契約するまで下宿させてですって
    うちは旦那実家だけど姑舅二人とも十年近く前に鬼籍に入って、会期法要もお盆も寄り付かなかったから、ほぼ没交渉で接点なしよ
    昨日が二次募集の合格発表で、今から探してもマンモス大学だからアパートが見つかるかどうか
    学生課に相談したらしいけど、四月中旬以降じゃ無いと物件が少ないので通えるなら自宅から通って下さいと言われたって
    うちは息子が早くに家を離れてるから今は爺と二人きりで、部屋は複数あるし、自宅警備員兼飯炊きおばちゃん兼運転手の婆が常駐なんだけどね
    今更十代男子の飯と洗濯やるのは嫌、我が子一人でヒイヒイ言ってたのに、もう何年も会ってなかった青少年の育成は嫌じゃー
    と破れ饅頭の皮に包んでお断り申し上げました
    通って通えない距離じゃ無いんだけど、JRとバスで二時間強で、なら車買ってやれよと言いたい

    662 :名無しさん@おーぷん 2017/06/01(木) 03:04:25 ID:cEg
    意見分かれそうですが…コトメの神経がわからん

    コトメはシンママで小2の息子と小6の娘がいる
    うちには小6と中学生の娘が二人いる
    先日儀実家(コトメからしたら実親)の正体で一緒に旅行に行ったんだけど
    その時コトメは小2の息子も女湯に入れてしまった
    父親がいないので一人で洗えないとかいう事情は分かるけど今回は男湯には義父とうちの夫がいた
    コトメ息子一人で入るわけじゃないのにわざわざ女湯……
    実の姉のコトメ娘だけとか大人だけの時に入れるならまだしもうちの娘二人がいるのに……
    (娘が入ってなくて私のみであと知らない人とかだったら許容はしてたかも)
    確かに小2だと男湯女湯分けるかどうかは人によりけりなラインなんだけどやっぱやだ
    コトメは最初男湯に入れと言ったらしいけどコトメ息子が「(子供が)全員女湯だからぼくもそっち!」と騒いだんだって
    それが余計に嫌だ
    何で風呂まで女の子に混ざりたがるんだろ……
    なんかアヤシイよ

    480 :名無しさん@HOME 2019/02/25(月) 11:33:55 0.net
    今年義兄の子供が高校受験と大学受験でてんやわんやらしい
    義兄が「嫁が夕飯作る時間がないからここで食べさせてもらえと言った」と
    わが家にアポなしで来るのが苦痛
    馬鹿正直にくる義兄もアホンダラだけど
    たかだか子供の受験ごときで家事放棄する専業主婦ってどうなのよ
    塾の送り迎えでもしてるのかと思ったら
    車の免許がないから友達の親に頼んでるっていうし頭おかしすぎる
    もちろん義兄の事は最初の1度だけ食べさせてあとは追い返してる

    850 :名無しさん@おーぷん 2015/09/19(土) 17:37:29 ID:FE3
    高校生のブラコンコトメちゃん。
    大好きなお兄ちゃんを奪った私が嫌いらしくて突っかかってくる事が多々ある。
    先日の事、コトメちゃんに約1年ぶりで彼氏が出来たらしい。
    美容院店長でイケメンな26歳だそうだ。
    コ「私カレシィ↑が出来たんだ~(はあと)あ、羨ましいからって嫉妬しないでね~んw見苦しいから~んw」
    私「大丈夫だよ。私、彼氏はいないけど夫がいるからね。」
    コ「自慢すんなぁぁぁ!!馬鹿ぁぁぁ!!(´;ω;`)」
    毎回こんな感じで自爆して帰ってくコトメちゃんがばかわいい。
    仲良くしたい。

    106 :名無しさん@HOME 2015/04/08(水) 09:02:18 0.net
    体調を崩した私のお見舞いに、義母、義妹、義弟が来てくれた。
    その義弟が、横になっている私をよそに、家中を覗く。
    各部屋に勝手に入り、棚、引出し、シンク下、食器棚、冷蔵庫、押入れ、洗濯機、クローゼット、小物入れ…とにかく、全部開けて覗いては、「へーこうなってんだー」「ここ何入ってんの」「きれいにしてんじゃん」ってバタバタ家捜し…。
    義母、義妹は「やだぁー義弟ったらー」と、かわいい末っ子のイタズラ~というかんじで微笑みながら見守ってた。
    義母義妹たちにとってはかわいいかわいい末っ子でしょうけど、私にとっては2回しかまともに会ったことない、他所の成人男性.。気持ち悪いし怖いですよ。躾し直して欲しい。

    このページのトップヘ