衝撃

    262 :おさかなくわえた名無しさん 2014/04/09(水) 00:12:45 ID:jnSevc6C.net
    私の父が体験した衝撃的なこと。

    かなり昔、父が高校を出て就職したばかりの頃、
    職場にとても物静かで真面目な、父より5歳上の女性社員がいた。
    他の社員は5時でさっさと帰ってしまうのに、その人だけはいつも遅くまで残って残務整理や道具の手入れをし、
    時には他人のやり残した修繕まで引き受けていた。

    父はその女性社員のことを偉いなと思うと共に、彼女一人に仕事を押し付けている他の社員に憤りを感じていたが
    さすがに先輩相手では言いづらい。
    さらに自分が手伝うにしてもまだ新人でできる仕事が少ないので、ほとんど手伝えなかった。

    ある日、父が倉庫を片づけた後で大分遅くなってから職場に戻ると
    例の女性社員がまだ残っていて、一人で重そうな荷物を運んでいた。
    か細い身体で一生懸命に働いている姿を見て、父は居たたまれない気持ちになった。

    翌日、父は意を決して朝礼の場で
    「彼女にばかり仕事をさせすぎだ、もっと皆で分担するべきだ、
    昨日もたった一人で荷物運びをしていて可哀相だった」ということを発言した。
    まだ18歳の父にとっては、これだけでもかなり勇気を振り糸交った行動だった。
    それでも課長をはじめ皆は神妙な顔で聞いてくれていたので、「思い切って言って良かった」と父もホッとした。

    数日後、その女性社員は会社の資材を持ち帰って横流ししていたことが発覚して解雇された。
    あの重そうな荷物もその一部だったらしい。

    321 :名無しさん@おーぷん 2017/08/01(火) 09:59:30 ID:ZPl
    保育園でプールに入ったときのこと(水深は大人のすねの半ばくらい)
    最後のほうで、先生が水にフラフープを立てて、顔をつけたままそれをくぐるということになった
    私は水にえいっともぐって、大量の水を飲んでおぼれかけた
    S先生とK先生が引っ張りあげてくれて水を吐かせてくれた
    小さい子が見てる中で口や鼻から水を垂れ流した恥ずかしさもあり、思い切り泣いてしまった

    その後、保健室で休みながらS先生に「なんで私だけできなかったんだろう?」と聞いたら
    「あのね(私)ちゃん、お水の中で息しちゃダメなの」と真面目に返された

    え、水の中って息ができないんだ?!と衝撃を受けた、4歳の頃の思い出

    次の授業からは当然息を止めたらおぼれなかったんだけど、息継ぎというものを知らなかったので
    調子に乗って顔をつけ続けてたら苦しくなって、やっぱり泣いたw
    S先生に「(私)ちゃん、お胸が苦しくなったら、水から顔を出そうね」と真面目に指摘されて
    あ、そっかー!ってまた衝撃を受けたw

    391 :名無しの心子知らず 2010/09/28(火) 21:10:03 ID:xKiliW6X
    子供の頃、生活保護とか在日とか何も知らなかった頃、
    父兄参観日に作文を読まされたんだが、同級生のひとりが
    「うちのおかあさんはひとりで苦労してわたしを育ててくれました。
    わたしが家に帰るといつもおかあさんはおやつを用意して待っててくれます。
    おかあさんはせいかつほごではたらいてないから、いつもわたしをお家で待つことができるんだと言います。
    よそのはたらいているおかあさんは、子供を鍵っ子にしておやつも用意しないです。
    わたしは、いつも子供を家で待っているやさしいおかあさんが好きです。
    わたしは大きくなったらおかあさんのような立派なせいかつほごになりたいです。
    (中略)
    せいかつほごにはたいへんです。
    おとうさんと一緒にレストランに行けるのは日曜日だけです。
    ディズニーランドにも月に1回しか行けません。
    おとうさんといっしょにくらしてる事もないしょにしないといけません。
    民生委員のひとが来る前は、パソコンやビデオやおかあさんのシャネルを
    おとうさんのポルシェにのせてかくさないといけないので、
    わたしたちはその間見張りをするのでたいへんです。
    民生委員なんか来なければいいのに。」
    という作文が読まれて騒然となった事がある。

    …公務員の嫁になるのが夢だと言っていたあの娘は、今どこでなにしてるだろう

    285 :名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火) 13:23:53 ID:QT4
    ちょっと前にプロポーズの話が出てて思い出したんだけど、20代半ばの頃、
    付き合ってた彼氏に突然プロポーズされた。
    前述みたいな付き合って一か月wとかではなかったんだけど、まだ半年くらいで、将来の話とかもしたことなかったし、
    まだ結婚をそんなに考えてなくて、
    「嬉しい。でもまだ結婚を真面目に考えた事がなくて、返事は少しだけ考えさせて欲しい」と返した。

    その瞬間、彼が持ってた紙袋(彼の買ったジーンズ入り)をバックハンドに振ってスパーンと顔叩かれた。

    「こういうのは、するとかしないとか、すぐ返事するもんだろ!!じらせる立場かよブスが!!」と吐き捨てて、
    周囲の騒めき(わりと混雑したショッピングモールだった)をよそにスタスタ立ち去って行った。

    当時は「プロポーズをその場で返事しないってそんなに悪いことなの?」と悩んだけど、周囲に相談したら、
    「すっごい男だねw馬脚現すの早すぎww」と笑い倒され、
    怪我はすり傷程度だったので、蜂に刺されたと思ってあの人のことは忘れようと思い、着信拒否した。

    一か月後くらいに、
    「元気かな?あの時叩いたのはゴメンね、それは正直謝るよ(なんか謝ってる顔文字)。
    でもあの時は恥ずかしかったんだよ、結婚申し込むのなんて初めてだったし。そういう男心ってわかるかな?
    で、答えは出たかな?」
    というメールが知らないアドレスから来たので、「出ました。嫌です」と返事して、新しく着信拒否した。
    数回同じやり取り(知らないメールアドレスからry)した後、連絡は来なくなった。

    自分を着信拒否してる女と結婚したいってどんな気持ちなのか、全然わからない。
    ブスな私のことが好きなわけではないのは確かだから、結婚願望がすごいのかな。

    34 :名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 17:10:21 ID:FTZy8Srs
    私は昔、事故で両足と片腕を失った。
    何の役にも立てないのに、私の面倒を見てくれる夫や義実家には感謝してもしきれない。
    私たちは子どもは諦めたけど、近くに住む義弟夫婦がよく子どもを連れて遊びに来てくれて、可愛がらせてもらってる。

    今日は義弟嫁と姪っ子に公園に連れて行ってもらった。
    公園には姪っ子の友達とその妹、ママさんがいて、あいさつをしてきた。
    義弟嫁に気付いて会釈をしたあと、ママさんがこっちを見て目を見張った。
    こういう視線には慣れているが、ママさんはいきなりこちらにやってきて
    「こんにちは、五体不満足の方ですか?」

    びっくりして「はぁ、確かに足りてませんが…」と答えると手を叩いて大ウケ。
    義弟嫁が用事があるので…と帰ろうとしてくれたが、その人はついてくる。

    なにやらまくし立てられたが、要約すると
    「是非道徳教育のためにもうちの娘達と遊んでくれないか」と言うことだった。
    別に遊ぶのは構いませんが、こんな体なので大したことはできませんよ、というと
    「いえいえ、障/害がある方と遊ばせたいだけなので、一向に構いません!」だそうな。
    この辺りで義弟嫁が追い返してくれてたが、生きてる教材として扱われたのは初めてでびっくりした…

    すみません、続きます。

    このページのトップヘ