衝撃

    350 :おさかなくわえた名無しさん 2010/01/09(土) 22:57:37 ID:o/y8YcZH
    頭ぱっくりで思い出した訳じゃないけど、高校2年の頃。
    文化祭を週末に控え準備中。校門でゲートの設置作業をしてると
    机上に椅子を置いただけの簡易脚立からバランスを崩した友人が頭から落ちた。
    一瞬周囲が固まった中でたった一人、偶然居合わせた友人の兄がさっと駆けつけた。
    ゲート付近に設置する案内所テント等を用意してたらしく、手にはパンフを掴んでた。
    建前は禁止されてる携帯電話ですぐ119。
    「(パンフ見て住所読み上げ)○○高校内にて怪我人1名。高さ2m程の台から頭から転落。
    出血あり。17歳男性、A型。現在呼びかけてますが意識なし。救急車願います」

    とっとと電話を切ると、血溜りを隠す様に友人の頭ごと脱いだブレザーを被せ、その辺の生徒に
    「君と君、悪いが保健の先生を呼んできてくれ、ついでに担架も頼む。君も付いて行って必要な道具を運んでくれ。
    君は同じクラスだったね、担任の先生を探してきてくれないか」
    とパッパと指示し、指された生徒は弾かれた様に走っていった。
    俺他数人は何をするでもなくオロオロと倒れた友人を取り囲むだけだった。

    やがてブレザーを払いのけようと友人の手が動いたが、お兄さんはそれを抑え
    「動くな。気づいたか?(ブレザーをちょっとめくって)見えるか?この指何本だ?」
    「名前は?年齢は?今何が起こったのかどこまで分かる?」と淡々と質問を続け、
    友人もそれに訥々とではあるが答えていた。
    「よし、大丈夫だ。頭は血が多いからちょっと切っても大量に血が出る。心配するな。
    つらいなら目を瞑っててもいいしもう喋らなくていい。だが、きつくない程度でいいから、
    俺の手を握り返してろ。無理しない程度でだぞ」
    お兄さんはいつの間にか友人の手を握っていた。一つ違いのお兄さんがすごく大人に見えた。

    程なく保健の先生が、更にすぐに救急車が来た。んでお兄さんと保健の先生が付き添いで救急車に乗って行った。
    友人の怪我は大した事なく、数針縫ったが骨や脳に異常はなかった。
    友人宅にはよく遊びに行くからお兄さんとも面識はあったけど、この二人は素っ気ないというか
    淡泊な間柄の兄弟だと思ってたし、実際とても冷静、冷淡とも言える反応だった気がする。
    でも、これが兄弟なんだなあと思うと、一人っ子の俺はとても羨ましかったな。

    ごめん長い。

    77 :1/2 2015/06/21(日) 13:05:47 ID:E8H
    父の日で思い出す神経判らん思い出
    ダラダラと長文ですまん

    小学校からの幼馴染みのAの話
    家が近所だったのもあり、ガキの頃はよくお互いの家に遊びに行った
    休日にAの家に行くとご両親が揃ってたりする訳だけど、これが漫画かドラマにでも出てきそうなラブラブ夫婦だった
    お互いを「○○ちゃん」とか呼び合ってべったりくっついて座ってたり、楽しそうにおしゃべりしながら一緒に庭仕事してたりする
    うちは糞親父が浮気繰り返して常に家庭内冷戦状態(後に両親離婚)だったから正直うらやましかった

    その後Aとは高校が別になり、お互い他の事も忙しくなって会うことも減っていった
    そして俺もAも成人を迎えてすぐ、Aの親父さんが急タヒした。まだ四十代の若さだった
    通夜には顔を出したが、ラブラブだった旦那を亡くしたAのお袋さんはかなり憔悴状態
    葬式終わったら後追いするんじゃないかって心配になるくらいだった
    それをきっかけにAとの付き合いが復活、たまに会うようになった
    A自身も親父さん亡くなってかなり落ち込んでたが、それよりやっぱりお袋さんの事が心配らしく
    外に出かけたがらない、ずっと親父さんの遺品見て泣いてる、とか色々言うので
    俺も俺なりに話を聞いたりアドバイスしたりしてた

    そのまま年月が経ちお互い就職したり俺は結婚したり色々あった訳だが
    段々とAの発言の質が変わって来た

    A「最近母さん趣味のサークル入ってさ、来月頭、そこの友達と旅行行くんだとよ」
    俺はお袋さんがようやく前向きになったという話かと思い
    俺「へー、いいじゃん」
    と応じたら
    A「よくねーよ。旅行中に父さんの月命日があるんだぞ。これまでずっと欠かさず親父の好物作って食卓に上げる日だったのに」
    A「どうすんだよって聞いたら『旅行から帰って来てからやる』って」
    A「なんか最近の母さん、父さんの事適当にしてる気がする」
    ちなみに、この時点でA親父さん亡くなって5、6年経ってた
    俺「いつまでも引きずるのもしんどいし、引きこもって泣いてるよりいいじゃん」
    と言ったんだが、なんか不満顔された

    37 :名無しさん@おーぷん 2018/01/26(金) 11:24:53 ID:Kv5
    わたしが小学校に入学したての頃の話。長いです。
    もう10年以上前の出来事だし、変なところがあったらゴメン。
    下校時に友達と一緒に帰っていたら、途中でその子の父親と鉢合わせた。
    父親は自転車に乗っていた。
    乗せていってあげるよと言われたけど、その自転車には補助席も荷台もついていなくて、子どもが2人も乗るスペースなんてない。
    最初は断っていたけど、「大丈夫大丈夫」と押し切られて半ば無理やり乗せられた。
    うまく説明できないんだけど、まず父親が普通にサドルに、わたしがフレームに跨った。友達は後輪のカバー?に乗って、チェーンケースに足をちょこんと引っかける感じ。
    側から見てわたし達は中国雑技団か何かみたいな状態だったと思う。
    でも乗ってるわたし達はプロの曲芸師ではないから幾らも進まない内に破綻した。
    正確に言うと、わたしの足が前輪に巻き込まれて自転車がつんのめった。
    わたしには視界がぐるんと回って道路に叩きつけられたことしか覚えてないんだけど、母から聞いた話によると、
    わたしは前方に投げ出されて顔から道路に落下。
    体の数カ所を打撲&擦り傷、特に顎を強打したせいで大量に出血した。
    友達も詳細は知らないけど入院するくらいの怪我を負ったらしい。
    父親はほぼ無傷。
    その後、誰かが呼んだ救急車で病院に運ばれた。
    病院には先生と母が駆けつけて、みんな大騒ぎだったと思う。
    治療を受けて2週間ほど入院したんだけど、傷は痛むしまともにご飯が食べられなくて辛かった。
    わたしも修羅場だったけど、事故の後始末や対応に追われた母も修羅場だったと思う。
    なにしろ友達の親が入れ替わり立ち替わり病室にやってきて、謝罪とお金の話をしていたそうだから。
    最初二言三言謝っただけで、友達の治療費もあるから慰謝料は勘弁してくれとか、保険を使ってくれとか、まるで誠意が見られなかったらしい。
    わたしは唇が腫れ上がっていて、隙間からドロドロの食べ物を流しこんで食事をとっていたんだけど、そんな時でもお構いなく突撃してきたみたい。
    わたしの両親は凄く怒ってかなりの額を相手から搾り取ったそうだ。
    この一件で友達との縁は切れた。
    何故今更この話を書きこんだかというと、例の父親が自転車の前と後ろに男の子を乗せて走っているのを母が見かけたから。
    全然懲りてない。
    子どもに罪はないから、あの父親だけ大怪我してほしい。
    わたしの歯を返して。

    365 :おさかなくわえた名無しさん 2010/01/10(日) 11:25:58 ID:xhPL0Dya
    湯たんぽをうっかり栓をしたまま
    ガスにかけてしまって
    台所が壊滅状態。
    窓ガラスも全部われ、ガス台は変形し、
    ガスコンロも壊れた。
    壁にも何かがあたって穴が開き、
    反対側の茶の間の引き戸も外れた。
    衝撃だった…。
    もうタヒにたい。

    925 :おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 00:47:41 ID:DxU1azHx
    この前ブックオフでおもろい光景を見てしまった。

    ホームレスと思しき男性が、リヤカーで「山崎パン」って書いてあるでっかい箱に
    コンモリと本を持ってきた。 それも4箱。
    おそらく資源回収の時期を見計らって相当数の民家の玄関前からかっぱらって来たのだろう。
    数百冊はあるようだ。 「おいにーちゃん!金に換えてくれや!」とうれしそうに店員に告げる。
    ドン引きする店員。が、仕事なのですぐに値付け作業に取りかかる。
    彼は「ちょっくら寿司食ってくるわ!」と言って出て行った。
    おそらく隣のかっぱ寿司のことだろう。

    俺がレジの近くで「激!極虎一家」を立ち読みしてると
    30分後、ビールでも飲んでほろ酔いなのか顔を紅くして
    にやにやしながら彼が帰ってくる。
    彼は意気揚々と「いくらだった!にーちゃん!」と店員に告げる。

    店員「本21冊で、しめて270円です。」
    彼「(゜Д゜)ポカーン」
    俺「(・∀・)ニヤニヤ」

    どうやら彼は数千円にはなると思っていたらしく、回転寿司でありったけの金を使って来たようだ。
    顔から笑いが消え、どんどん青ざめてい。
    彼「なんで、なんでだよにーちゃん!もうちょっとくらい金になんだろうがよおぉ(゜Д゜)」

    その後何やら店員と言い合っていたが、俺はバイトがあったのでその場を後にした。

    このページのトップヘ