衝撃

    222 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 15:06:25 ID:h7Djw3Uf.net
    ラインで子どもの写真を大量に送ってくるママ友にモヤモヤ
    誕生日プレゼントをあげたっていう内容に、プレゼント、開ける前の顔、開けた瞬間の顔、開封の様子、遊んでる様子などなど毎回10枚近い添付がある
    身内でもないのにそんなん見せられてもなぁ
    もちろん私があげた物ではない
    写真を送るなとは言わないけど一枚あれば十分です…とも言えないチキンなのでモヤモヤする

    601 :可愛い奥様 2018/07/02(月) 12:15:16 ID:iMFFnxKl0.net
    小学校は新興住宅地のマンモス校だった。
    一学年は8クラス。
    修学旅行は全員が泊まれる宿がなかなか取れなかったらしく
    オンボロで食事も不味い、ちょっと不気味な旅館だった。
    夜、中庭に面した大部屋の女子達が、
    庭の石碑?の後ろから幽霊が出た、と騒ぎ出した。
    騒ぎを聞きつけたほぼ全員の生徒が集まり、
    大部屋とはいえギュウギュウ詰め状態に。
    鈍臭くて最後に部屋に入った私は、皆が怖がっている様子が面白くて
    ホラー映画を真似て「キャー!」と叫ぶと
    約300人の生徒が一斉に「ウギャーーーー!!!」と喚き出した
    怖くなった私は、こっそりと一人だけ自分の部屋に戻った
    翌日の朝食前の時間、大部屋の女子だけが皆の前に立たされ、
    学年主任の先生から説教されていた。
    ごめんなさい

    749 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/13(日) 00:56:40 ID:fb4xb9TZ.net
    近所の大型スーパーで見掛けた70歳くらいの婆さん。
    パンコーナーで立ち止まってじーっとパンを見つめながら品定めと言うか、異様な雰囲気を醸し出していた。
    店内調理の出来立てパンを提供しています、ってうたい文句で、ラッピングもされずに1個1個が剥き出しで棚に置かれているパンコーナー。
    トングでパンを取って袋が箱に詰めてレジで精算する形式。

    自分もパンを買おうと近くまで行ったけど、危ない雰囲気が漂っていたのでその婆さんの様子を見ていると…
    素手でパンを掴んで数秒後、そのまま棚に戻していた。
    そしてその婆さんは別の売り場へと進んで行って、またゆーっくりと品定め。

    自分はパンを買うのは止め、近くにいた店員に事情を説明した。

    万引きや針混入の嫌がらせかとも思ったけど、ソッチでは無く単なる支那・朝鮮老人なのかな。

    29 :名無しさん@HOME 2018/09/01(土) 00:05:38 0.net
    警察に凸られたことが修羅場だった。

    夕飯どきに、チャイムも鳴らさず誰か玄関に入ってきて(寝るとき以外施錠しない田舎)
    慌てて玄関にいくと5人ほどの警察がいた
    「○○さん(うちの名字)?」
    そうですが…というと、結構強引に中にあがってきた
    うちは親父がアル中で外でもトラブル起こしてたし、DVもあったから
    ついに親父がなんかやらかしたのかな…と思って、人生おわった。高校行けないかも。とか考えてた。
    母と祖母も絶望してたと思う。
    「○○さん(父ではない名前)はおるか?」
    え?誰?ってなって場が混乱したのちに
    祖母が「それは裏のお宅のおじいさん」と教えてくれて
    警察は何も言わずにそそくさと帰っていった

    この近辺同じ名字が三軒あったから間違えたみたい。
    親父は丁度入れ違いで帰ってきた。

    614 :1/2 2007/12/04(火) 21:26:40 ID:FIA1fO9F
    2歳の娘と時々市の育児支援センターに通っている。
    そこでよく会う上品そうなAママがいる。子供の歳は同い年の男の子と
    その上にお姉ちゃんがいて物腰が柔らかいというか、人当たりが良い
    感じで会うと話す程度。

    先週の初め、支援センターでAママから娘に、と大きな袋を渡された。
    中を見るとたくさんの子供服の古着が入っていた。
    お下がりの約束も、子供服の話もしていないので驚いていると
    「娘ちゃん、擦り切れた服とか可愛そう。良かったら着せてあげて?」
    と、心底気の毒そうに言われた。
    確かに娘の服は古着っぽいのが多いけど、それは元々そのような加工の
    もので、新品だしそんなに高いわけじゃないけど安いものでもない。
    割と人気のメーカーの物で作りがしっかりしているので気に入って着せている。
    人の好みは様々だけど、同情を買うほどまで・・・とがっくりしたものの
    折角の御厚意だし、と勧められるままに試着した。

    サイズはピッタリだったけど、染みがあったりヨレヨレだったりで趣味も
    合わないしどうしたものか、と考えていたのにAママは大絶賛で「このまま
    着ていけば?他のも見てもらって気に入ったのだけとってもらえばいいから」
    と言われたので見てみたけど、他のも似たようなものばかりで私の視点では
    お下がりとしてもどうなの?レベルでどう断ろうか迷っていると、Aママは急に
    用ができたので、試着した分はそのままでまた改めて後日、と言って袋を持って
    帰ってしまった。

    Aママが帰った後娘を元の服に着替えさせようとすると、服がない。
    どこを探してもない。
    どさくさに紛れてAママの袋に入っちゃったかな?と仕方がないので
    着替えの服に着替えさせて遊んでいると、Aママのお姉さんが来た。
    私はAママの連絡先も住んでいるところも○○町くらいまでしか知らないので
    お姉さんに事情を話し、紛れ込んでいるようなら連絡下さいとメアドを渡した。

    このページのトップヘ