ウト

    491 :名無しさん@HOME 2014/07/24(木) 13:41:17 0
    義実家でたまたま義兄嫁に会った
    大学時代の恩師の家に中元を届けた帰りだったので
    一張羅のスーツを着ていた
    それを見て義兄嫁が食いついてきた
    私はもっさり系で普段からおしゃれ感ゼロ
    普段着てるのもしまむらやイオンの量産品
    でもスーツは子供の入学式や卒業式にとデパート勤めの友人に選んでもらった
    確かに値段は高かった
    それを見て義兄嫁が
    「私さんのくせに良いスーツきてるのね」
    と言った
    馬鹿にされたんだろうと言うのは分かったけど、
    普段が普段だけに仕方ないかなと思ってたら
    義父が義兄嫁に「あんたはスネ夫か」と突っ込んでくれた
    その後義兄が義兄嫁を呼ぶときに「スネ夫」と言ってたので、ちょっとスッキリした

    69 :名無しさん@HOME 2007/09/02(日) 05:59:00 O
    結婚早々やっちまった。
    新居に越して一段落。両家両親を招いて食事をすることになった。
    人当たりのよい義両親だったので、なんら心配はしてなかった…が。
    私の手料理を振る舞い、しばらく談笑したところでウトがいきなり言い出した。
    「確かお宅はご両親二人とも高卒でしたね?」
    私の母が「そうですが…それが…?」と躊躇いがちに返した。
    ウト「いえwなんてことはないんですがね。あ、私は中央出なんですがねw
    何て言うか…やはり高卒の方は素朴だなと思いましてw」
    この辺でウト以外気まずい空気。
    トメが「ちょっあなたっ!?」と慌てるも、ウトは続けた。
    「いやー、高卒でお嬢さんを大学に行かせるのは大変だったでしょう?素晴らしいw
    家はね、家系的にまぁ大学にやるのは当たり前なんですがね。
    お宅はお嬢さんが家へ嫁いで家系的にも、ランクアップと言いますかw
    お嬢さんを大学にやってよかったですねぇ。三流とはいえ。
    …息子の選んだ方ですから、文句はいいませんがね…」
    一瞬の沈黙の後、怖い顔で聞いていた私父とポカーンと聞いていた旦那が
    ほぼ同時に勢いよく口を開こうとしたのを遮って言った。
    「お義父さん、大変回りくどい言い方でしたが、ようするに格上の家庭に拾ってもらって
    感謝しろと言いたいんですね?私達が気にいらないってことですね?よくわかりました。
    一生その下らない価値観で生きてみればいいと思います。
    お葬式に誰も会いに来てくれないような寂しいことにならないといいですね。
    少なくとも私は今日から一生あなたに会いに行くことはありません。葬儀にも出ません。
    お帰りください。今すぐ。」玄関へ続くリビングのドアを開けて促した。
    トメは慌てて「も、申し訳ありません…今日のところは、あなた、帰りましょ?!さぁ!」
    とウトを立たせようとした。
    ウトは思わぬ反撃だったようで言葉が出ないようだった。
    真っ赤な顔で「何を…!ななんまいきな…!」みたいなことを言い、
    それ以上言葉にならずプルプルしながら逃げるようにトメに連れられ帰って行った。
    旦那には私と両親に土下座して謝られた。
    …と、昨晩のことでした。興奮して眠れなかったよ。
    もっと言ってやりたかったけど私にゃこれで精一杯でしたわ。

    737 :名無しさん@HOME 2018/02/15(木) 12:04:46 0.net
    建売住宅を買うことになって、いいなと思って第一候補にしてたところを義父が一人で内見してた。
    不動産屋にあれこれ値段交渉とかもしたみたい…
    中を真剣にご覧になってましたよと言われて恥ずかしかった
    結局義父が中を見て回ったっていうのが嫌でそこはやめた
    ちなみに同居できるような大きい家ではないし資金援助もないので相談もしてません
    候補にした家を夫がいちいち鳩ってたみたいで最悪

    282 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:50:19 0
    セク八ラウトと良トメコトメと同居中。
    夕飯の支度中に被害に遭うのでその場で〆てくれるのがトメさんだけなのをいいことに日に日にエスカレート。
    旦那とコトメちゃんも知っていて〆てはくれているがあまり効果なし。
    私が昼から出かけなくてはならず夕飯の支度ができないのでコトメちゃんに交代してもらったある土曜日のこと。
    私とコトメちゃんは背格好や服の趣味が大変似通っているので台所で料理をしているのが私だと思い込んだウトはコトメちゃんのお尻をさわさわ鷲掴み。
    振り返ったコトメちゃんに「気持ち悪い…。」と真顔で言われてからはセク八ラはなくなった。
    生まれたときから蝶よ花よとそれはもう溺愛して育てた実の娘に気持ち悪いと言われたのは大変ショックだったようだ。
    セク八ラを除けば良ウトなので現在は快適な同居生活です。

    780 :名無しさん@HOME 2010/07/20(火) 00:20:37 0
    甥っ子(義兄の子)が、ウトに
    「どうしておじいちゃんはおばあちゃんにはすぐ怒るのに自分には怒らないの?
    おじいちゃんが悪いのにどうしておばあちゃんを怒るの?」
    と言った。

    人(特にトメ)に厳しく自分に甘く、の典型なウト。
    ウトが自分のお椀を倒して味噌汁が机や床に広がって、トメに向かって
    「早く拭け!なんで座ってるんだ!」と怒鳴ったときに。きわめて的を射た一言でした。
    溺愛してる跡継ぎ(と本人が勝手に思ってる)に言われて、流石に言葉に詰まってた。
    利発な子なので、ウトに無視されたことで「言わないほうが良かったらしい」と悟り、
    「フローリングだから大丈夫だよ、手が滑っちゃっただけだよね、しょうがないよね」
    と5歳児なりにとても気を遣ってフォローしていた。
    その図のみっともなさにものすごく胸がスッとした(ウトもものすごく屈辱だった様子)。

    このページのトップヘ