鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    浮気

    3 :名無しさん@おーぷん
    需要あるか分かりませんが書き留めてあるので勝手に投下していきます。

    279 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/29(日) 08:56:19.98 .net
    オレ40前半
    ヨメ30後半

    今年1月にヨメ出会い系に登録してるの発覚
    ヨメ、もう二度としないと誓う
    2月に出会い系で知り合った男と毎日電話でやりとりしてるの発覚
    ヨメ、会った事はない
    向こうが一方的に入れあげて、それに応じてただけ
    もう二度としないと誓う
    昨日
    ヨメが夜10時過ぎに仕事帰りから戻る途中
    俺に電話がかかる
    帰りに用事があるから、遅くなると
    その電話がキレた後、すぐに再度ヨメから電話がある
    「もしもし」って言っても通じない
    知らぬ間にボタンを押して掛けてしまったようだ
    しばらく聞いてると、男とのやりとり
    明らかに男の部屋にいる
    ふきんは拭くためにあるんだよ
    このDVD見ないの?
    そんな会話
    男の声もよく聞こえる

    460 :名無しさん@お腹いっぱい。
    流れを読まずに投下する。俺が嫁にやった復讐(完結)

    俺が単身赴任で離れてる間に嫁が浮気。寂しかったからという理由で、半年も男をとっかえひっかえ喰っていた。

    任期完了後、半監禁開始。嫁の貯金を取り上げ。小遣いなし。嫁が稼いだ金も取り上げ。外出は仕事とゴミ出しの時のみ。携帯の使用禁止、嫁実家への連絡も禁止。私物の購入禁止など色々と条件をつけた。

    女の友人と遊んでる様を見せつけたり、人生の一番大事な時を台無しにしたりした。

    子供が出来ると、病院代がプラスされたが、金は全額嫁に工面させた。

    716 :名無しさん@おーぷん
    頼りない旦那と4年、自営で頑張っていた。
    旦那は、技術があって仕事だけはできたから、サラリーマン以上の収入があったけど
    服装やら身なりを気を付けてやらないといけない男だった。
    テキパキ仕事をこなす私と、じっくり仕事するいい関係だと思っていた。
    面白味はない男だけど、それなりに愛情があったから支えていたつもりだった。

    私の知り合いのAから、A嫁が浮気をしていて、A嫁がその相手が旦那と暴露したと
    連絡してきた。
    A夫婦とはよく飲みに行ったりしていた、旦那は自分ではあまり話さずに聞いているだけだったけど、
    酒を飲まないので運転手として一緒に連れて行った。
    A嫁が旦那と二人で話しているのも見たこともなかったので、その二人が浮気するなんて考えられなかった。
    Aの友人からA嫁が男と白い車でホテルに入るのを見たと言うので、AがA嫁に問い詰めたところ
    相手は旦那だと告白した。
    Aと相談して、私は旦那と離婚して、共有の貯金を貰ってAに旦那からの慰謝料として500万渡す、
    A夫婦は、子供もいることから再構築するので、私とは絶縁し知らないところに引越す事を決めた。
    私が夫婦の財産を管理していたので、Aに500万を渡し、Aから領収書を受け取ったのち
    A夫婦は引っ越していた。
    旦那にA嫁の浮気の告白を録音した音声を聞かせて、離婚届を突き付けた。
    旦那は最後まで認めなかったが、毎日責めたてて判を押させて100万とAからの領収書を渡して追い出した。
    離婚後は3年間量販店の派遣販売で働いた、10分の1に減った収入に離婚したことを少し後悔していた。

    69 :本当にあった怖い名無し 2013/05/01(水) 01:04:08 ID:ZHc7RJHBO
    旦那が浮氣してからびっくりするほど愛が消え失せた。

    今はノイローゼのふりしてめっちゃまずいご飯出したり、
    家事をさぼったりしてる。

    浮氣って一度でもされると駄目だね。
    旦那の為にしてきたこと全て否定された気分。
    自分は食べずに節約してそのぶん旦那の弁当を豪華にしたり、
    疲れがとれるようにマッサージしたり、
    趣味で稼いだお金で旦那の欲しがってた物をプレゼントしたりしてきたけど、
    そんなもんより目新しい女の方がよかったんだ。

    離婚して働くのもだるいし、
    この先適当に家事をやって友達と遊んで暮らす。
    もう将来のための節約はしないよ。
    これから先ATMとしてよろしく。

    このページのトップヘ