不倫

    10 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/03(日) 21:48:18
    もう十年くらい前だけど俺の高校時代の同級生の話。奥さん不倫してて、相手は同級生が勤める会社の社長。
    証拠不十分で浮気を追及したものだから、奥さん逆切れして、家を出て行った。そして離婚。会社社長と再婚。
    おまけに会社社長から直々に解雇(それも不当な理由で)を言い渡され、同級生は自杀殳未遂まで起こす。
    一命を取り留めた奴は、その後、全く人間が変わってしまい、俺の勤める会社に転職した後は、
    仕事バリバリのエリートとして、ヘッドハンティングを経て、金融関係の幹部になった。
    で、つい最近、リーマンショックによる不況の影響で、同級生のかつて勤めていた会社が傾き始める。
    そして、奥さんの不倫相手である会社社長が追加融資を土下座して頼み込んだ際、
    何の因果か応対した同級生が無碍に断る。(勿論きちんとした理由はあったみたいだけど)
    それどころか、すでに融資していた資金を取り立て、あっという間に会社倒産、社長破産。
    現在、社長は無職になり、狭いアパート暮らし。不倫した奥さんは社長のDVに悩まされているとのこと。
    最近、奥さんが同級生のマンションにまで押しかけたらしいが、当然無視だってさ。
    さっきまで久しぶりに、その同級生と飲んだ際、サディスティックな表情で以上のことを誇らしげに語る奴に、怖気だってしまった。
    ま、因果応報っていうか、社長と奥さんに同情はしない。従業員は可哀相だが。
    ただ、テストのとき、俺が消しゴム忘れたら、頼まれる前に気付いて「貸そうか?」とか、他人の悪口言う際、
    「本人を前にして言えないことは、他人にも言わないほうがいいよ。卑怯じゃん」って言ってた純粋な青年が、
    今じゃ正反対の男になってしまったことに、一抹の寂しさと悲しさを感じる。
    因みに同級生は再婚していない。する予定もなく「裏切られるくらいなら、最初からしないほうがマシだ」と言ってた。
    それ聞いて、なんか泣けちまったんだが、「俺のために涙を流しても疲れるだけだぞ」とか言われちまったよorz

    137 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/02(水) 14:24:02
    社員旅行先で知り合った女性とアドレス交換し、
    出張と嘘付いて月イチくらいで密会を半年ほど続けた。
    相手は処女だったので、「一生大事にしたい」の言葉でアッサリ落ちた。
    遠距離なのでバレるはずがない、飽きたら着拒にするのみで簡単に切れると思ってた。
    が、ある夜寝てる内に携帯見られて全部バレ、
    しかも処女だっただけに向こうのキレ具合がハンパなく
    履歴から嫁と俺の実家へ怒りの電話までしてくれ。。
    その後修羅場な数ヶ月を経て離婚調停中の俺が通りますた

    874 :名無しさん@HOME 2016/06/28(火) 05:48:23 0.net
    ◆現在の状況 夫が離婚したいと言い出し家に帰ってこなくなった
    ◆最終的にどうしたいか 再構築したい
    ◆私 専業 36歳
    ◆夫 会社員 40歳 年収税込1400万
    ◆持ち家 ローン月々15万茄子月50万完済間近
    ◆貯金額 夫名義のみ 2000万強
    ◆結婚年数 12年
    ◆子供11歳♂
    ◆私両親隣県 私達の自宅は2世帯を用意したが夫両親(同市内)曰く「同居はまだ結構です」
    ◆離婚歴 無し


    先週末夫からメールがあり、離婚したいと言われました
    青天の霹靂で慌てて電話しましたが出てはもらえず
    その日結局夫は家に帰って来ませんでした
    実家に戻っているというので翌日訪問して話をしました

    565 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/13(土) 17:00:49 .net
    気団卒業だあああああ
    まさか俺が赤い彗星の名言を口にしながら離婚できるとは思いもしなかったぜ

    297 :名無しさんといつまでも一緒 2004/09/12(日) 10:05:45
    >>295
    あー、俺がそうだった・・・
    嫁のケータイに男からのメール(こないだホテルで云々とか・・最高だったとか・・)発見して
    それ(ホテル行き)がどうやら毎週水曜日なので、俺はいつもの様に車で会社に行くふりして
    普通に家を出て(会社を休んで)家から少し離れたところに車を止めて嫁さんを監視してた。
    案の定、嫁は少しめかしこんで家を出ると、そそくさと通りの方へ・・・車だと気付かれそう
    なので俺も車から降りて歩いて尾行すると、表通りに出た嫁の前にサッと青い車が来て、嫁は
    その助手席に乗り込むと姿を消した。・・・その日は残念ながら尾行はそこで終わり。
    その夜、晩酌の時に嫁のビールに少し睡眠薬を混ぜて飲ませて爆睡させ、携帯メールをマジマジ
    と見たら、その昼間のSEXの状況までわかるような男からのメールが来ていた。
    嫁が安全日なので避妊道具を付けなくて最高だったとか・・・嫁は嫁で来月の安全日は○○頃だから
    いっぱい出していいよー、などと書いていた。俺は情けなくてその夜は泣いた。
    翌週の水曜日、俺はまた会社を休んで、今度は表通りで車を止めて待っていた。
    嫁は先週より早く、十時半位に表通りに出てきた。そして例の青い車が・・・
    俺は、その青い車と自分の車との間に車両を2~3台はさみながら必タヒで尾行した。
    青い車は40分ほど走った郊外のホテル街に入り、一つのホテルに入って
    行った。俺はホテルの外に車を止めそのホテルの駐車場の中をうかがった。
    青い車は駐車場の所定の場所にとまる・・・運転席から35歳前後位の男が・・・
    助手席からは嫁が出てきて、車の前でキスをして・・・建物の中に消えていった。
    その後、俺も自分の車を中に入れ、その車が見える少し離れたところに車を止めて
    待っていた。・・・しばらくするとホテルの管理人?が出てきて、ここに車を
    止めるな、と言われたので、5000円を渡して黙らせた。

    このページのトップヘ