黒い話

    408 :可愛い奥様 2018/06/10(日) 22:20:15 ID:7TsEmBEj0.net
    昔、バイト先の好きな先輩の気を引きたくて、先輩のロッカーに入って息を潜めてたことがある。
    先輩があけたところを驚かして、、とワクワクしながら、汗っぽい制服のにおいかいでニヤニヤしてたら先輩登場。
    違うロッカーをあけて着替え出した。
    男子更衣室は、特に誰のところか決めておらず、みんな毎回適当にロッカーを使ってたらしい。
    以前に一度覗き見しただけで、仕組みを知らず先輩のロッカーと思い込んでた私。
    ロッカー内を色々見たら、大嫌いなキモい臭いバイト仲間の制服とわかった。
    行き場のない気持ちで血が上ってしまい、先輩が消えてから、キモ男の甘酸っぱい制服や私物を、漂白剤を漬け込んでるバケツに捨てて、しばらくしてバイトを辞めた。
    数年後、街でその男と偶然会ったら、臭くなくなっていて、就職したせいか色々洗練されていて、結局その人に紹介してもらった人と結婚した。
    仲を取り持ってくれたのに、絶対言えない。申し訳ない。今でもたまに色々お裾分けしたりイベント時に車出したりして1人で償ってる。

    110 :可愛い奥様 2018/05/17(木) 23:20:15 ID:L3VB7Yje0.net
    学生の頃3股をされた事がある
    私と1人(以下股子)は友人で二股が発覚した後はお互いショックを受け険悪になりつつも何度も話し合いをしどんどんメンヘラ化していった
    (お互い悲劇のヒロインモードだったので最終的に『どっちと付き合った方が彼は幸せか』みたいな話し合いだったwww)
    そして男(以下A男)はめんどくさくなったのかその時まで存在を悟らせなかった3人目の女と付き合い始め私達を切った

    怒りが収まらなかった私は呪いをかけることにした
    1.民族雑貨店で売ってた麻紐で出来た人型のストラップを買いマジックでA男と書く
    2.手首を切って人形に血を吸わせる(思いのほか量が必要だったので傷口をぐにぐにしたり大変だった)
    3.何日か干してよく乾かした後深夜三時に蝋燭の火で燃やす(なかなか燃えなくて大変だった)

    その後のA男は
    1.運送業をやっていたが仕事車を出すときにシャッターにぶつけ壊す
    落ちた状態で壊れ開かなくなり車とシャッターの修理費+そのせいで他の車も閉じ込められ配達が遅れた分の賠償金発生
    2.運転中に後ろからぶつかられむちうち
    3.配達で重いものを運んでる時に階段から落ちて足を開放骨折+当時は珍しく本人も自慢の種だったスマホが大破+荷物も傷物
    などの不幸に見舞われた
    (人づてに聞いた話でフェイクも入れてるけど、被害は書いたまま)

    A男の女癖の悪さは仲間内で有名になってて(私と股子が相談女だったのもあり)一連の不幸は女達の怨念って事で噂が広がり
    悪癖を知らずに付き合ってた彼女にも捨てられたらしい

    正直私の“呪い”は相手の髪の毛とか使ってないから対象が明確じゃないし効果もなかったはず
    きっと股子か他の過去の女達も影で呪ってたに違いないから私1人のせいじゃない
    と自分に言い聞かせて知らんぷりしたけど、呪いってヤバいなと痛感した黒い過去
    それ以来安易に人を呪わずここぞという時の為にとっておいてる

    944 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 23:58:24 .net
    たいして黒くないかもだけど…
    弟の親友が私のせいでタヒんだ。
    家庭教師してた時に惚れられて、美少年だったから最初は可愛くてちょっと遊んであげたりしてたんだけど、だんだん本気になられてしまい面倒になった。
    束縛しようとするし重たかったからプライベートでは邪険にし始めたら目の前でリスカしたり、シンナーもやり始めた。
    タヒんだ夜電話が来ていつも会ってた場所に呼び出されて泣きつかれたんだけど、シンナー臭かったから冷たい態度で突き放して帰った。
    その場所でタヒんでいたらしい。
    携帯に最後に残ってた番号だったから警察から色々聞かれたけど会った事は言わずに「遅いからまた明日ね」と言いました、と申告。
    人通りが全くない場所だったからバレなかった。
    タヒぬほどのことじゃないだろうと未だに思っているのはちょっと黒いのかも。

    216 :可愛い奥様 2011/02/02(水) 21:08:16 ID:kSpN8NV+0
    携帯ショップで働いていた時のこと。
    昔片思いしていた人が来店して世間話をするうちに
    自分の彼女が携帯を買ったことを内緒にしていた、
    彼女の元彼がやたら彼女に接触しようとしてきている、
    なんて愚痴を聞かせてきた。
    その彼女は私も知ってる人だったのでおもしろくねえなぁと内心思いつつ
    「フーン」と相槌を打ちながら、彼女の携帯の番号を聞き出し
    顧客情報を検索してみた。
    そしたら、契約者名が彼女じゃない。
    「あれー?彼女の名前で携帯契約してないよ」と軽く言ったら
    その彼が「えっ、誰?誰になってるの?」
    と身を乗り出してきた。
    「えー顧客情報だからこっちからは言えないんだけどぉ」
    と言いつつ、契約者は男性.であることをさりげなくしゃべった。
    彼は意気消沈し
    勝手に「元彼だなきっと…あいつまだ切れてなかったんだ…」
    と結論付け、店を去って行った。
    そして数日後に、彼女とは別れたらしい。
    その数年後、私は彼と結婚した。

    でも、あの時見た彼女の携帯の契約者。
    実は彼女のお父さんのお名前だったんだよねーw
    勝手に彼が勘違いしただけだから別に悪いことしたとは思ってない。

    87 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 13:20:43 ID:M5UoeUJp0.net
    受験のストレスで、
    ポストに火をつけた布を入れていた
    距離の離れたポスト5件

    その時に読んでいた小説に、
    そういうくだりがあって、
    どうしても真似したくなり、
    やったらスッキリした
    新聞に載ったりするかなと毎日見てたけど、
    結局載らなかったと思う

    このページのトップヘ