黒い話

    660 :名無し 2017/04/30(日) 20:28:05 ID:9Is
    先月、子供が巣立っていった
    子供が一歳のとき離婚して、五歳のとき今の夫と再婚した
    夫とは子供をつくらなかった
    表向き「私が出産に耐えうる体力がないから」といったけれど、夫は私より一回り上だったので障/害を心配してのことだった
    幸い夫は己の子供にはこだわらなかったのと、自分の趣味(アウトドア、主に釣り)についてくる私の子供が可愛くて仕方なかったようで、色んな場所へ旅行に連れていってくれた
    学校の参観日や行事にも積極的に参加してくれて、子供のためにと様々な気遣いをしてくれて早15年経った
    子供にとって最高のお父さんだった。
    でもそんな最高の夫を私は男として初めから少しも愛してはいない。

    32 :本当にあった怖い名無し 2008/03/22(土) 19:27:40 ID:GF0enr080
    小学生の頃から付き合いのある親友とも呼べる奴がいるんだが、そいつが結婚してから3年くらい子供ができなかった。
    ソイツの嫁さんは本当に子供が大好きな人で、近所の小さな子供とか見ると「私も早く母親になりたい」とよく言っていた。
    ある日、嫁さんの母親が怪我をしたという事で、ソイツの嫁さんだけ実家に帰ってる時に友人から「相談に乗ってくれないか?」
    と電話。 最初は二人でビール飲みながら最近仕事がどーたらこーたらとくだらない話をしていた様な気がする。
    だいぶ酔いが回ってきたかな?という頃になってようやくソイツが相談を持ちかけてきた。
    話の内容は、子供ができない原因は友人が20歳の頃におたふく風邪にかかって、それが元で精/子が全部タヒんでしまったという事。
    (今もセ○クスしていて、イったら白いモノは出るが精/子はいないらしい。精/子が入っていない為かちょっと黄色いと言っていた)
    だけど、それを嫁さんに言ったら別れを切り出されそうで怖くて言えないという事。
    でもこのままじゃ、子供好きの嫁さんの事だから不妊治療にでも踏み切るんじゃねーの?と俺が聞くと、実は最近その話を嫁さんが
    よくする様になったと言った。
    ここまで話せば創造は付くだろう。なんとソイツは俺に嫁さんを抱いてくれと頼んできた。ホントそういう話はエ□本の中だけの話だと
    思ってたから本当に焦ったよ。最初は冗談じゃない!とか言って断ってたんだけど、2週間くらい毎日のように電話で「頼む!」と必タヒに言われ
    ついに折れてしまった。

    340 :可愛い奥様 2018/08/23(木) 22:15:22 ID:+kdAAS1w0.net
    高校生の頃に1番仲良かった女の子
    少しだけ頭弱い感じだったけどモテる子だった
    私が好きだった人もその子のこと可愛いって言ってて悲しかった

    卒業間近に出来た彼氏に会いに行ったりプレゼント買いたいから、と
    援爻でお金稼ぐことにしようかと思うって相談されたとき
    止めずに、良いんじゃない?気を付けてね、て背中押してしまった

    実行してしまったその子は、一晩で3人に回されて
    財布や携帯、貴重品も全部奪われて
    知らない土地まで車で連れてかれて
    道端に捨てられたらしい

    ネ果じゃ無くて良かったけど
    警察に頼るしか無かったから親にバレてヤバい、ショック、て泣きながら電話してきた時
    気の利いたこと何も言えずそれから疎遠になった

    誰にも言えないけどたまに
    あの子今頃どうしてんのかな、て思い出す

    153 :可愛い奥様 2010/01/17(日) 14:52:22 ID:zvyR0ibS0
    職場の同僚AとBが勤務時間中抜け出したり、カラ出張したりとやりたい放題。
    見かねた別の同僚Cが行政トップに投書した。
    AとBは逆ギレして密告者を探し回り
    上司、管理職は自分の責任を問われるから私に「そんなことはないと証言してほしい」と
    それとなく遠回りに言われる。(はっきりいわないのがミソ)
    私は期限付き臨時職員。
    当然見て見ぬ振りで正直なことを証言しなければ雇用期間の延長あり…のような
    ニュアンス…生活もあるしでもうそはつけないし…「何も知らない」と行政トップに
    証言した。
    告発したCさんは組合やいろいろなところからも嫌がらせを受けて退職。
    AとBは未だに不正してぬくぬく公務員生活続けてます。

    55 :名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金) 16:43:32 ID:???
    この場を借りてグチらせて頂くわね
    なんだか一人じゃ涙の収拾がつかなくなっちゃったの

    婆のお友達のお子さんが結婚なさってね、お相手の方がとてもかわいいって褒めるのよ
    その方、娘さんの旦那さんもすごく褒めるのよね
    で、婆も昔のことを思い出しちゃったの
    もう亡くなって随分経つ婆の母の言葉が棘の様に刺さって見ないフリしてたけど幸せそうなお友達を見て、婆も母にこんな顔をして欲しかったなとグリグリ抉られるのよ

    それはね、爺についての言葉なの
    若かった爺は親戚の年上の方に評判が良くて、マメで、悪い人じゃないのよ
    ただちょっとノリが田舎で合わない人もいるかもしれないそんな人なの
    交際の挨拶に行ったときも結婚の挨拶に行ったときも…両家の顔合わせでも言わなかったけど婆に男児が生まれて初めて言われたの
    あの男の血が流れてると思うとおぞましいから今後顔を出さないでと
    父はその時既に亡くなっていたから何でもしてくれる爺が妬ましかったのかもしれないわ
    でも実の母に鬼のような顔をされて…孫の顔すら見たくない
    あの男(爺ね)、初対面から大っ嫌いよって言われて何も言い返せなかったの
    爺もその場にいたから不本意ながら聞かせてしまったわ
    自宅に帰って爺に変えていく努力はするけれど、もうあの感情は覆せないかもしれない
    もしそうなったときも今のままなら君の家族は戸籍上この三人だ
    母と相容れられなくても大丈夫か確かめられたの
    婆はそのとき爺と子供を選んだわ
    近付く努力はしたけれど結局婆の妹に母は危篤でもタヒんでも我が家に連絡はしないように言い残して亡くなったの
    妹もそれを守って葬儀が終わって相続時に全放棄の印をくれとだけ連絡してきたの

    婆は子が連れてきた人が例え気に入らなくても、犯罪に関わったり子の苦労が見えるような人でない限りは墓まで持って行くわ
    あんな思いは子にも相手にもさせてはならないの

    母の別離の言葉のあと孫の写真が見たいと一度言われたわ
    素直に婆は子が遊んでいる写真を送ったの
    すぐに封書で何か送られてきたわ
    …写真の燃えカスよ
    何の写真家わかるように全部は燃してなかったわ
    それ以来、婆も連絡が取れないようにしてしまったの

    長々とごめんなさいね
    どうしても吐き出したくなってしまったのよ

    このページのトップヘ