武勇伝

    222 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/16(水) 20:15:36 ID:ddvl8w8H.net
    前の会社に気分屋でパワハラセク八ラ上司(課長)がいた。
    そいつのパワハラに、耐えれず事務員が辞め中途で入った子がギャルっぽいけどサバサバした明るい子で、ある朝痴/漢にあったらしく警察と話をするから遅刻すると連絡があり、遅れて出社してきた。
    課長が彼女を見るなりニヤニヤしながら「触りたくなるほど魅力的だったってことだね~、女性.冥利に尽きるね」と、痴/漢にあったことが名誉なことみたいな言い方をした。

    そしたら彼女が「そうなんですか?じゃあ課長の娘さんと奥さんが痴/漢に遭いますようにってお祈りしておきますね。」と返した。
    次の日も出社するなり「昨日の夜も暇だったんで課長の奥さんと娘さんが早く痴/漢に遭いますようにって4時間ぐらいお祈りしておきましたよ!早く痴/漢に遭うといいですね!」と言い
    それから数日間は毎日「おはようございます課長!昨日も奥さんと娘さんのことお祈りしておきましたよ!娘さん、そろそろ通学中に念願の痴/漢されてるかもしれませんね!女性.冥利ですね」
    「課長、奥さんはまだ痴/漢に遭われてませんか?毎日毎日お祈りしてるのに、まだなんですね…明日も頑張ってお祈りしておきますね!」と、まるで呪われたみたいに爛々とした目で嬉しそうに報告していた。

    週が明けて月曜日、また課長出社してくると彼女はニヤっと笑って「課長~!」と声かけたら、課長が突然土下座して「悪かった!あんなこと言って悪かった!もう嫁と娘を呪わないでくれ!頼む!」と絶叫した。
    結局、土下座事件が広まって話が大きくなって社長案件になり、課長は違う土地に飛ばされた。

    課長の土下座も、彼女のニヤっと笑った顔も土下座した瞬間に冷たい真顔になり細い目で見下していたのも衝撃的だった。
    彼女とはお互い会社辞めた今でも今でも仲良しだけど、あれ以降あんな彼女は見たことない。

    351 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 02:29:14 ID:umurIsgJ.net
    私のスマホにアダルトサイトの架空請求業者から料金が未払いだと電話がかかってきた。
    アダルトサイトなんて見ないし、口調も893みたいだからすぐ詐欺だなってわかった。
    そこで、架空請求業者と意気投合してみようと思って
    「実は私も一ヶ月前まで娘の友達のフリして受け子やってて捕まっちゃってさ~、
    私は書類送検だけで済んだんだけどおたくも気をつけたほうがいいよ~」
    と言ったら、明らかに焦った声で「…マジっすか!?それヤバイじゃないっすか」と言われたw

    448 :名無しさん@HOME 2009/04/13(月) 08:50:03 0
    義兄の発言。

    新婚当初、計画して避妊しているのに私だけになると
    延々と子作り説教されるトメ。
    正月に帰省していた義兄はいつも無言。
    私がトメにやられてても、まぁスルー状態だった。
    旦那がいたら旦那が止めてくれるけど、義兄の時は
    トメも調子にのりまくって散々言われ放題だった私。
    で、トメに「生理ある意味なんじゃない?」とまで言われた時に
    義兄がトイレからちょうど部屋に入ってきた。
    どうせまたスルーだろうと思っていると、義兄が一言
    「こんな母親だから俺は結婚しねーって、まだ理解できねーかな?」
    とポツリとつぶやいた。
    普段何も言わない義兄の発言にトメも私もビックリ。
    トメは「何言って・・え?おにぃちゃん?」
    とか言ってたけど、今度は私の方をチラリと見て
    「あんたもさ、なんで嫌なら帰らないの?自分の事でしょ?弟何してんの?
     ずっと思ってだけど、我慢する必要あんの?
     今まであんたらに口出しになるから黙ってたけどさ」
    で私の荷物をまとめてハイと渡してくれたので目が覚めた。
    荷物渡してくれる時に
    「自分の身は自分で守りなよ、あと弟言う事きかねーなら俺に言えよ」
    といつもと同じぶっきらぼうに言ってくれた。
     普段はめったに感情を出さない人の怒りは冷静で怖かったらしく
    あれからトメも旦那も謝罪の嵐だった。
    俺は不器用で弟みたいに感情出したり優しくするのがヘタだから嫁を守れないと
    今でも独身してるけど、こっそり応援させて貰ってる。

    146 :名無しさん@おーぷん 2018/01/19(金) 18:42:23 ID:wBj
    昨年、姑が亡くなった。
    うちの夫は三男なんだけれど、長男は再婚で前妻さんのところにもう成人した子が二人いる。
    今嫁さんにも子供がいるんだけれど、盆正月は今嫁さんは実家に帰るらしく
    うちが義実家へ行くと前妻さんの子にはよく会うけれど、今嫁さんとその子には
    たまにしか会わない。

    姑の危篤状態が思いがけず長引いて、親族は出来る限り病院へ通ってはいたけれど
    仕事や学校もそうそう休んでもいられず、連日泊まり込んでいたのは舅だけ。
    実家ではペットを飼っている事もあり、舅は誰かがやってくると帰宅して
    風呂やペットの世話をしていたんだけれど、いよいよってなった頃に
    役所へ行って亡くなった後の相談とかもしていたらしく、それを長男がすごく怒ってた。
    結局、姑は家族全員に看取られて亡くなったんだけれど、
    その後、長男が酷く舅を中傷した。
    確かに舅はKY発言も多く、言わなきゃいい事も言うけど、次男や夫は聞き流すのに
    いちいち突っかかる長男とは頻繁に喧嘩になる。
    病室~葬儀社の打ち合わせ(もう舅が葬儀社を決めてた)の間、長男とその息子が
    ずっと舅に嫌みをチクチク言っていたけれど、舅は黙ってそれを聞いていた。

    翌日斎場に親族が集まったところで、また長男が嫌みを言い出した。
    そこで長男の息子が「昨日、家でお母さんに言われたんだよ」と話し始めた。
    姑はこの一年入退院を繰り返していてその世話はほとんど舅が一人でしていた。
    その負担っていうのは大変なものだし、葬儀の費用も舅もち
    何の負担もしない人(元嫁さんから見て息子)が文句を言ってはいけない。
    それに葬儀が質素と言うけれど、内容はほぼ生前の姑の希望どおり。
    長男は姑の話を覚えていないだろうけど、舅の行動は姑の希望通り。
    この一年の間、特に病院に泊まり込んでいた一週間、昏睡状態の妻を看ながら
    舅がどれだけの事を考えていたのか。
    今生きている舅さんの気持ちを考えなさい。
    と言う内容を言われて、一晩考えたらしい。
    「オヤジは文句を言うだけ。もしばーちゃんが助かっても介護なんかしないだろ」
    その一言で長男は黙り、舅は泣き、長男の今嫁さんが号泣。
    今嫁さんも祖母の介護をしていたお母さんが祖母が亡くなった時に
    親族にいろいろ責められたそうで、長男の言動に一言いいたかったけれど
    実親を亡くした直後で我慢していたらしい。

    長男夫婦は私夫婦が結婚前に離婚・再婚していので元嫁さんには会った事はないけれど
    離婚の原因は長男側なんだろうな、と思った。

    696 :おさかなくわえた名無しさん 2010/02/10(水) 20:18:51 ID:Q7aN02Vc
    武勇伝と言うかなんと言うかよくわからん話を一つ
    昔バイトでスーパーに勤めていた時、たまたま早上がりで、
    高校生の子と帰りが一緒になった
    この子は仕事も真面目であいさつもできる良い子だったんだけれど、
    更衣室から出てきた姿を見て、驚いた

    制服をだるっだるに着崩して、
    180近い身長も相まって、見るからにDQNという格好で出てきた
    俺が呆然としてると「お疲れさまでした―」って帰ろうとしたので、
    思わず「ちょっと待て、その格好はなんだ」と呼びとめてしまった
    彼もこういうことは言われまくっているのか、
    「あ? なんなんすか?」と不機嫌そうだったが、構わず言ってやった
    「着崩すなら恰好よく着崩せ! いいから、ちょっと鏡んとこ来い!」

    高校生はポカーンとしてたが無視して、鏡の前に連行
    「いいか? シャツを出すなとは言わないけど、お前シャツにアイロンかけてないだろ?
     シワッシワのシャツなんて出すだけ恰好悪いって解るよな? 出すならアイロン、基本だぞ。
     次、ボタン開け方がハンパ。ネクタイと首の間にボタンが見えるのはカッコ悪いだろ?
     やるならもっと思いっきり開けるなり、止めるなりしてメリハリをつけろ。
     上着は……ダブルの制服は難しいんだよな、まぁいいや、鏡見てみ? さっきよりマシだろ?
     これ以上はちょっと自分で家に帰ってから研究してみろ、帰ってよし!」

    とそんな感じでまくしたてたら、相手は怒るどころか、
    「あ、はい、有難うございました」って頭を下げて帰って行った

    次からはもっとカッコよく着崩してくれるだろうと期待してたんだが、
    翌日会ったら一切着崩さずにピッチリと着込んでいた
    制服は着崩さないのがカッコいいと自分で気が付いたらしいんだが……
    なんか残念だ

    このページのトップヘ