修羅場

    131 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 12:52:34 ID:Jojjeha5.net
    私はインディアンジュエリーの収集が趣に味で、彼氏が婚約指輪の代わりにずっと欲しかった巨匠のバングルをくれた。
    本来コレクションとして飾って身につけない様な値段のものだが、婚約指輪の代わりなんだからとそれはそれは大事に扱って着けていた。
    電車で座っていた時のこと、目の前に立っていた男性.が「それって◯◯◯のバングル?」と聞いてきた。
    何か嫌な予感がして、「あぁ、はぁ…まぁ」みたいな受け答えをした。
    そして電車が次の駅に着いた途端、目の前の男性.が私のバングルを着けた腕を猛烈に引っ張ってきた!
    「え、ちょ、やめてください!」「うるせぇ寄越せ!」とガンガン腕を引っ張ってくる。
    でもその巨匠のバングルは女性.や子供向けに作られているものが多く、手首周り13センチの私の腕でガッチリピッタリの代物で、そう簡単に外れるものではない。
    バングルの開いている部分が2センチしかないので、きちんと手順を踏まないと外れるわけがない。
    周りは「何だ!?痴/漢か、誘拐か!?」みたいな変な空気に。
    サラリーマンのおじさまが「君、何をしているんだ!」と強い口調で問い詰めると舌打ちをして電車を降りようとした。
    が、結構長い時間引っ張り合っていたので降りようとした瞬間ドアが閉まった。
    強盗未遂?の男性.が降りるまで心臓がバクバクしっぱなしだった。
    婚約指輪の代わりのものを強奪されそうになったという私のプチ修羅場でした。

    605 :名無しさん@HOME 2013/10/07(月) 03:57:27 0
    夜中に投下する

    嫁と一緒の会社なんだが、嫁は事務方で内勤、俺は外回りが多い
    ある日、役員から
    「ちょっと、会議室まで来てくれるか・・・」て呼び出された

    で、会議室に行ったら嫁も居る
    役員が「君は外回りと言いながら、いかがわしい所へ行って何をしているんだ?」と・・・
    何の事やらさっぱりわからないし、
    「は?・・・」って黙ってたら
    「君の営業車のナンバーは○○-○○だね、何度もホテルで発見されてるんだよ!」

    俺、そんな事してないし、嫁は役員の横で泣いてるし
    いつ、誰がそれを見てるのかの報告を求めたんだが「それを言う必要は無い」と
    どこで?と聞いたら、近くのホテル街で通りに面した駐車場で何度も目撃されていると

    その日から営業日誌はより事細かに記載して提出
    おそらく、同僚か上司が俺の営業車を見たと嘘を言って陥れようとしていると思ったから

    数日後、営業先から帰社する際にふと思い立ってそのホテル街に寄ってみた

    そしたら、俺の営業車と同じ車種で同じナンバーの車がホテルにあった

    地域は同じで3桁数字は違い、ひらがなも違うが、大きい4桁は完全一致
    すぐさまそのホテルの駐車場に入り、同じ車種の同じナンバーの車の横に駐車
    通行人に頼んで俺が2台の真ん中に立ち、写メ撮って嫁と役員に送信

    どうにか、誤解は解けたが
    あの数日間は、会社にも家にも居場所が無くて
    悪いこと何もしてないのに逃げ出したい気分だった
    あと、俺を陥れようとしてるなんて思った同僚や上司に心の中でごめんってあやまった

    確認はしてないがナンバーさらしてホテルに駐車するって事は多分業者だろうね
    カローラワゴンなんて腐るほどあるからこんな事もあるんだな、気をつけろよ

    241 :おさかなくわえた名無しさん 2005/01/24(月) 13:59:22 ID:2xgyLU94
    武勇伝とはまた違うかもしれないけど。

    旅先で、遅くまで飲んでたら細い路地で高校生くらいの集団に囲まれた。
    キャッシュカード渡して暗証番号教えないとコ□す、とか言っていた。
    こちらが二人なのに対して相手は6,7人。渋っていると突然殴られた。

    その時、パンッ!と火薬のはじける音が聞こえ、
    「警察だ。お前ら何してる」と大声で言いながら走る足音が近づいてきた。
    若者どもは走って逃げていき、自分達がホッとしていると
    近づいてきたのは警官じゃなくホームレスのおじさんだった。

    暴力を出すまでは見逃そうかと思ってたらしいが、
    こっちが殴られたのを見て助けようとしてくれたらしい。たった一人で。
    火薬の音は懐かしいカンシャク玉だったそうだ。

    ナリはぼろぼろで髪もボサボサだったけど、やけに格好よかったな。
    礼にと酒と食料と生活雑貨を買って渡したけど、今も元気でやってくれてるといいなと思う。

    162 :名無しさん@おーぷん 2014/12/29(月) 12:13:04 ID:MEk
    毎年年末になると旦那が中学時代からの親友ABの2人と飲みに行っていた。
    3人の住まいがバラバラなので市の中心地の駅近辺の店で飲んで
    いつも夜遅くまで飲んでて、Aの奥さんが車で迎えにきて
    同じ方向のBも乗せて帰っていたそうだ。
    うちの旦那だけ駅から2人と逆方向なのでタクシーで帰っていた。
    ある時A妻が運転していた車がカーブを曲がり切れずに電柱に正面衝突。
    3人とも亡くなった。
    ずっと一緒に飲んでた旦那も警察に呼ばれて事情を聞かれたりして大変だった。
    旦那のショックは相当なものだった。
    お葬式の時、お焼香する旦那にB妻が突然立ち上がって近づいてきたかと思うと
    いくら親友でも余所の奥さんに運転させてわざわざ遠回りして遅らせたりせずに
    いい大人なんだから自分で帰れと(うちの夫に)言ってやってほしかった。
    逆恨みだと分かっているけど、親友同士として一言注意してくれれば
    こんなことにはならなかった、と要約するとそのようなことを言っていた。
    旦那はひたすら「すみません。すみません」と謝ってた。
    とても気の毒な状況だし、きっと怒りや悲しみの持って行き場がないだけなんだろうけど
    うちの旦那だって親友を一度に2人とも亡くして本当にショック受けているのに、
    それはないよーと言いたいのを堪えなきゃいけなかったのが私の心の修羅場。

    1 :名無しさん@おーぷん 2017/04/18(火) 15:22:35 ID:qNU
    LINEで女に私のことを何から何まで愚痴ってた
    もしかして捨てられちゃう…?

    このページのトップヘ