363 :名無しさん@おーぷん 2020/03/21(土) 15:13:29 ID:XAT
母が亡くなった。
もう半年以上前に、お医者さんから生きる為の身体の機能が低下していて
いつお迎えが来ても不思議じゃない」って言われたのでずっと覚悟はしてたんだ。
老健で7年暮らしてたけどその時に退所を促され、終末期の老人が入る介護療養型医療施設に移った。
母とは、普通に会話はできたけど声に力がなくて小さな声で
でもどこが痛いとかそういうのもなくて、ただニコニコして私の話を聞いてる感じだった。
亡くなる一週間前ぐらいは病室に行ってもいつも寝てて、手を握ったりすると目覚めて
少し会話はするけど基本眠たそうにしてた。
亡くなった日、朝行った時は手を握ると薄っすら目を開けて、なんだかんだ話しかけたら
眠たそうに目を瞑ったから30分ぐらい母の傍で本読んだりして過ごして
それから「又明日来るね」って耳の傍で言ったら「またね」って弱弱しい声で返事があった。
その日の夜中に病院から電話があって、到着と同時に「ご臨終です」って。
病院側の配慮なのか、たぶんその時にはもう息を引き取ってたんだろうと思うけど
家族の到着を待って臨終の確認をしたような感じだった。
お葬式の間、ずっと考えていたのは、母との思い出とかじゃなかった。
人間って、老衰でタヒぬときはあんなふうに、本当に眠るようにゆっくりと静かにタヒぬのかなぁって。
本人はまた目覚めるつもりで眠たいから寝たらそのまま・・・って感じなのかなぁ・・・とか。
痛いのは嫌だから、私もそんなふうに息を引き取りたいなぁ。
369 :名無しさん@おーぷん 2020/03/22(日) 23:29:29 ID:BzR
>>363
ご冥福をお祈りします
苦しまず亡くなられたのは不謹慎だけど幸せなことですよね
穏やかで優しそうなお母さんと
知的で温和そうなお二人の光景が目に浮かぶ
他サイト生活系人気記事