711 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 18:17:25
中華料理店で食事中

嫁「そういえば、キクラゲってクラゲなんでしょうか? それとも海草なんでしょうか?」
俺「・・・キノコだよ?」
嫁「またまたwww」
俺「・・・・・・」
嫁「・・・・・・ホントに?」

後日

嫁「俺さん! 調べたら本当にキクラゲはキノコでしたよ! キシメジ科シメジ属!!」
俺「・・・多分だけど、それシメジじゃねぇの?」
嫁「・・・・・・え?」

なぜか1年後に結婚しました。
713 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 18:20:14
>>711
キノコが縁ってこと?
714 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 18:32:10
キクラゲは生のも美味しんだよなぁ・・乾物も美味いけど。
715 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 18:51:10
>>711
いや、嫁は会社の後輩(年は上だけど)で、中華料理店にいたのは会社の忘年会だったから。
お互い顔は知ってたけど、部署が違うからその時初めて喋った。
上のやり取りがあってから、社の食堂とかでやたらと喋りかけるようになってきて、
俺が嫁の部署に異動になってからは、嫁に誘われるままに一緒に飯とか食うようになった。

当時俺24、嫁26。
俺は事故で左足の膝から下が無いから、恋愛対象になってるなんて露ほども思ってなかった。

で、嫁の誕生日(3月)の時に、飯奢ったらいきなり一足飛びに「結婚して下さい!」と言われた。
驚くべきことに、嫁はその時まで俺が年下だと認識していなかった。

若い女性.が事情アリな男と付き合うことなんてないと思い、その時は断ったんだが、2週間後に結局押し切られた。
で、あれよあれよという間に半年後には結婚した。


>>712
キノコっていうか、なぜか嫁は普通の人が知ってるような知識が所々抜けてて、
天然でとんちんかんなこと言って、俺が突っ込むという図式が成立してた。

そのうち嫁がふと疑問に思ったことを俺に訊いてくる、というコミュニケーション(?)が最大の縁なのかも。
「なんでカナヅチのことゲンノウっていうの?」とか、
「井戸端会議っていうけど、なんで井戸端なの?」とか。
716 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 19:55:27
>>715
クソ!可愛い嫁じゃねぇか!
だから、レス番一つズレてると突っ込んでみる。
717 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 20:13:54
>>715
なんで嫁さんは715に興味持ったんだろう?
足の事で達観してたのが、大人の余裕に見えたんだろうか?
718 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/02(土) 23:26:06
匂いじゃね?
719 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/03(日) 01:23:26
>>715
嫁さんの知りたいという欲求を
715が満たしてあげたんだろうね
これからも嫁さんと二人三脚で幸せになってくれ
721 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/03(日) 01:39:12
>>717
少なくとも容姿ではないな~。
足の他に髪で隠してるけど左耳も半分くらい無いし、左肩とかケロイドひどくて夏でも長袖だし。
本人は、「歴戦の戦士みたいで格好良い!!」とか笑ってくれて、それが結婚しても良いやと思えた理由なんだけど。

本人からは、「私の頭がこんがらがった時に整理してくれるから好きになった」って言われた。
何というか、嫁は決してバカじゃないんだが、頭の中の考えをアウトプットするのが絶望的にヘタ。

俺と嫁の仕事は、業務内容が担当者のセンスとか閃きに大きく左右される職種で、
嫁の頭の中身を俺が形にするって感じで今も仕事してる。
何だかそれが嫁にとってはすごい新鮮な感覚だったらしい。

俺から見るとあれほど分かりやすい人間がいないと思うんだけど、周りからは「よく(嫁)さんの発想を企画書に出来るな・・・」って
感心されるから、妙なところで波長があってるのかも。

>>719
ありがとう~。
まあ、二人二脚だけどねww
722 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/03(日) 01:53:49
嫁さんの両脚とお前の片脚でちゃんと三脚になってるじゃないか
応援してるよ
723 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/03(日) 05:53:17
>>721

結果としてお似合い夫婦ということで。
お幸せに。
724 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/03(日) 14:04:54
>>721
イイハナシダナ~
お幸せに!
他サイト生活系人気記事