523 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:21:56 0
あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡ふ。

そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
明かりも点いている。
胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
そして妻と目が合った。

続きます。
524 :523 2014/01/30(木) 21:22:53 0
「俺君おかえり・・・。」何かに怯えているような声で嫁が答えた。
嫁の右手にはハエ叩きが握られている。
俺は何があったのかを聞いたら「部屋の中に大きな蜘蛛が居る。
多分オーディオラックの陰に隠れた。」と言った。
「ハァ?大きな蜘蛛?そんなもん俺が追い出してやる。」と
ホウキを手にとってラックの隙間を突いた瞬間、
「うおわっ!?」予想を超える大きさの掌大の蜘蛛が出て来て思わず俺は逃げてしまった。
その直後、「キャーーーーーーーーーーーッ!」「バッチーン!」
「ガサガサガサガサガサガサ」「ダダダダダダダダダダダダ」
「ガチャッ」「ザーーーーー」
そして嫁が呆然としながらトイレからリビングに帰って来た。
本当に一瞬の出来事だった。

俺が逃げた後、蜘蛛が嫁に向かってきたらしく反射的にハエ叩きで撃破。
ティッシュをこれでもかってくらい出して蜘蛛を掴み
すかさずトイレに流したらしい。嫁、男前だ。

終わり。
525 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:25:52 0
軍曹なんじゃ
558 :523 2014/01/31(金) 19:34:38 0
>>525
レス見逃してた。スマソ。間違い無く軍曹殿でした。
見た目は厳ついけど頑張り屋さんの功績を称え、
2階級特進の上、水葬にて送らさせていただきますた。
527 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:27:44 0
アシダカさん……
ゴキブリ、ヤスデ等捕食してくれるのに
528 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:28:48 0
>>524
たぶんこの後ゴキがどっと増えるから気をつけてね
529 :523 2014/01/30(木) 21:32:20 0
>>527>>528
後日、ネットで検索したら害虫を食べてくれるありがたい蜘蛛って分かったんだよな。
嫁と蜘蛛さんの冥福を祈りながらバルサン焚いた。
535 :名無しさん@HOME 2014/01/31(金) 01:53:30 0
>>529
それじゃあ嫁もタヒんだみたいだな。
他サイト生活系人気記事