2020年08月

    1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/08(土) 22:24:17 ID:pnktAGNZ0.net
    俺が周りからボロクソいわれてるだが

    886 :名無しの心子知らず 2009/11/06(金) 23:09:50 ID:v4fZNEDc
    数日前、ママ友Aに「子を預かって」とメールで言われた。
    今までAのトメさんが保育園に迎えに行き、
    Aの仕事が終わるまでの2時間ほど、子守をしてたが
    Aトメが体調を崩して、近いうちに1週間ほど検査入院するらしく
    その間、お迎え&2時間の託児を頼まれた。
    家には目が離せないイタズラ盛り1歳児がいて余裕がない。
    「悪いんだけど…」と断りのメールをしたら、「了解」と返事がきた。

    なのに今日、上の子を保育園に迎えに行ったら
    先生が「A太くんもですよね」と!
    不意打ち喰らって「いやいやいや」と慌てる私。
    頼まれたがちゃんと断ったことを話し、メールも見せた。
    先生は「Aさんから今朝言われたのに…」と困り顔。
    だがAに餌付けする気はない。
    自分の子だけを連れて帰りました。

    晩ご飯の時にAから携帯にすっごい着信あったけど無視。
    子が寝てからメール見たらAから
    「延長保育でお金がかかった!あんたのせいだ!金払え!」
    「暗くなるまで保育園に閉じ込められてA太がかわいそう!土下座しに今から来い!」
    「職場に電話がかかってきて恥をかいた。慰謝料はきっちり戴くぞ!」
    という内容のメールがたくさん。
    A、こんな人だったんだ~とショックを受けました。
    明日にでも、園長に見せに行ってきます。

    303 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 00:12:23 ID:6SprOBu4.net
    先々月にあった修羅場。
    初投稿なんで読みにくかったら申し訳ない


    10月の暮れにに祖父が亡くなったんだが、
    そのお通夜の時に親戚全員が寿司を出されたんだが
    いきなり祖母が食べ物の乗ってたみんなが食べてる途中のテーブルをひっくり返して、
    「こんなものお通夜に出すなんて非常識だ!
    お父さん(←祖父の事)に顔向け出来ない!平気で食べようとする
    あんたらもあんたらだ!もういい!帰る」
    などと言って散らかったテーブルを片付けもしないまま勝手に帰ってしまった。
    それだけならまだ良かったんだが、親戚一同で帰ってみたら
    祖父の形見にする予定だった物が全て消えてる上、
    祖母が何処に行ったか誰も知らない。
    祖母は携帯を持たされてたんだが全然出ないという状況で、
    本来は家に帰ったらしばらく話たりする予定だったのが
    親戚総出で祖母探しする事になってしまったのが修羅場。

    結局祖母は隣町に住んでいるかつての祖母の同級生だった方が
    祖父の形見を持って佇んでいたらしい祖母を見つけて連絡をくれたので事なきを得たが、
    祖母がいなくなった時は本当に行方不明になったのかと不安でならなかった。

    991 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 18:01:43 ID:2N/lYL5e.net
    セコケチかなと思うママ友

    SNSで「余ってる家電ありませんか~?引越し予定で困ってます~」みたいな投稿
    貧乏なくせに3人もポンポン産むからだわ
    計画性.無さそうだし、実際でき婚だし
    他の人も引いてるのか、いつもは50件以上のいいねが付くのに今回は15件ぐらいしか押してないw

    その後「譲ってくれる人ありがと~泣けてきた~(泣き顔)」とウザい投稿
    図々しすぎて恥ずかしいわ

    454 :名無しさん@HOME 2020/07/20(月) 21:32:30
    引き取り同居してる義母に子連れで会いに来た義妹
    昼時だったけどピザ注文してあるからお構いなくって言われた
    なので私は用事があるのでそのまま出かけた
    帰って来たらピザ代七千円請求されたんだけど
    えピザで七千円?どんだけ食ってるんだよw
    子ども食べ過ぎで気持ちが悪いって言ってるよw
    ご自分の食事代はご自分でどうぞで拒否
    何でもかんでも親や兄が出してくれると思ってるからポカーンとしてたけど私は親でも兄でもないしね
    義母もお金がないからうちで引き取ってるからもう払えない
    給料日まえで苦しいのにって騒いでたけどウチだって同じ払わないよw

    このページのトップヘ