2017年11月

    190 :名無しさん@おーぷん 2017/11/18(土) 08:18:58 ID:DbM
    昨夜リアル”豚カツでいいよ”をされた

    生理が重くてゴロゴロしていたら「明日は俺の実家に泊まりに行こう。あと昼は豚カツがいい」と夫に突然言われ、
    魔の2日目にキビキビ動ける自信がないので急遽支度開始
    フラフラしながら買い出し&仕込みをしていたら
    「そんなに具合悪いなら明日は俺が起きるまでゆっくり寝てなよ」と気を遣ってくれたんだけど、
    洗濯機回して買い出し行って仕込みして風呂洗って洗濯物干して調理して食べさせてる間に支度して食器片付けてはい出発
    をあなたが起きる14時頃から始めたら実家行くの夕方になるんだけど?
    と言ったら「それもそーだね」と
    そこは「豚カツ無しで」と言って欲しかった
    手料理食べたがってくれるのは嬉しいけどさ、専業だけどさ、小梨だけどさ、スーパーマンではないんだよ…

    212 :名無しさん@おーぷん 2015/07/18(土) 17:33:41 ID:7pZ
    初歩的なこと聞くが洗濯に風呂の水再利用する?しない?
    俺母が節約のために風呂の水は再利用しなさいって言ってるんだが嫁はハイハイって返事はするが実際にはやらない
    やれよって言ったら風呂の水使うと臭くなるから嫌だってのが嫁の言い分
    俺は実家で洗濯して臭いと思ったことないけど気付かないだけ?気になる人はなるの?
    俺家事しないからさっぱりわからんのよ
    どうすればいいの?

    633 :おさかなくわえた名無しさん 2007/01/21(日) 08:52:25 ID:BVri1Ack
    うちの兄が子供の頃、家に、「おたくの息子さんが女の子に怪我をさせました、骨折です」
    と担任から電話が。
    おとなしい子なのに、とママンが理由を聞くと、顛末はこう。
    兄か休み時間に図書室にいたところ、始業ベルが鳴ったのにそのメスガキが外から扉を
    押さえつけて意地悪心で閉じ込めた、と。
    で、あせった兄が力任せに戸をあけたところ、指をはさんで骨折。
    ママンは言った。
    「じゃ、原因は向こうじゃないですか!!」
    「でも、怪我は怪我ですから、向こう様に謝ってください。」
    ママンは担任もメスガキもその親も徹底無視で放置プレイを決め込んだ。
    メスガキの親は、近所でも評判のDQNだった。
    …だが、うちに全く文句を言ってこなかった。
    さすがに分が悪かったのだろう。

    359 :名無しさん@おーぷん 2015/01/16(金) 05:01:59 ID:Liq
    私ではなく母がやってくれた復讐話。

    小学生2年の頃、地域のバレークラブに入りました。
    活発で運動神経も良い方だったのでコーチにも気に入られ3年生に上がる頃には他の上級生を差し置いてレギュラーとなりました。
    しかし、そのことがきっかけで上級生数人からイジメを受けるようになりました。

    ・部員全員の前で下着をずり降ろされそのままズボンと下着をはぎとられる
    ・時にはそのまま捕まえられ電気アンマ
    ・真冬の雪が降っている日に外に練習着のまま放り出されて泣いて入れてと言ってもいれてもらえずそのまま家まで凍えながら30分かけて帰らされる
    ・練習中コートに一人立たされ腕が腫れ上がるまで何十分も上級生の強烈なアタックを受け続けさせられる
    などなど

    コーチがいる時は練習と称していじめられ、いない時はもっと過激なことをされました。
    母はイジメられていることはなんとなく気付いていたようですが、私はその頃負けん気が強くて絶対にイジメのことは母に言いませんでした。
    その後バレー部は上級生が卒業しようやく自由だと思った時部員がたりず廃部に。
    私は表面上は普段通り明るいけれど、あまり人を信用できなくなり家では母にベッタリのマザコンに。

    456 :名無しさん@HOME 2010/01/04(月) 22:43:47 0
    ちょっと前の話なんだが聞いておくれ、
    自分は、初めて逢ったときから元妻が大好きだった。
    色々と海外に連れて行ったり、テーマパークに連れて行ったりしたな。
    元妻はディズニーランド関係が好きだったからだ。
    そして、料理は壊滅的に下手というか、レパートリーが少なく、料理を作ろうとしないから、
    休日にはかわりに自分Yが料理を作っていた。
    元妻は子供は嫌いというので、結婚生活6年間の間ずっと避妊してて子供は作らなかったな。

    或る年の冬に、元妻と何時もの様にディズニーランドに行った。
    その3週間後、女子高時代の友人達と一緒にスキーに行くというので、自分が持っていたカメラを貸したんだよ。
    その週以降、元妻は頻繁に「女子高時代の友達3人」と遊ぶんでといい、土日は自分とは別行動になった。
    でも、学生時代の友人は大切にするよに常々言っていたから、自分Yは別に咎めはしなかった。
    今にして思えば、このときに不貞行為をしていたんだよな。
    元妻の「女子高時代の友達3人」には、自分Yは会った事がない。
    自分Yが会ったことがあるのは元妻の中学時代の友人のみ。
    だから体よく不貞行為の口実に使えたんだろうな。
    元妻が自分と別行動というのが何週目かになったとき、あれっと思った。
    何時もならば、一緒に週末を過ごしていたのに。
    そして、同時に元妻が自分の些細な行動をなじり、けなすことが多くなった。
    しかも自分がそう思うという言葉ではなく、元妻の兄(=義理兄)や、元妻の母(=義理母)の言葉としてけなすんだ。
    その行動というのも、
    「あなたは冠婚葬祭のときに○○すべきでだったのに、常識がないと義理兄に言われた」という言葉なんだが、
    ○○すべきだなんて、そんな常識あったか?
    今、あらためてぐぐってみたがヒットしない。
    元妻の場合には、そういう風にオブラートに包みながら、自分の本音を吐くんだよな。
    「あなたが嫌だ」という本音を。

    このページのトップヘ