59 :名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 19:43:27
自分は叔母(父の妹)夫婦に育てられました。母がいなかったんです。
父(仕事忙しすぎて育児は無理だった)も時間のある時はできるだけ
会いに来てくれたし叔母夫婦にも彼らの実子と変わらぬ
愛情を注がれて何不自由なく育ってきました。
母は自分が小さい時に病気でタヒんだと聞かされてて
ずっと信じていたんだけど去年育ての親である叔母が癌で亡くなる寸前に教えてくれた。

母親は自分を妊娠中にタヒんだらしい。そんで
緊急措置で助かった胎児が自分なんだって…。
何で母親がタヒんだのかは教えてくれなかった。
病気なのか事故なのか犯罪に巻き込まれたのか…。
今は自分も大人になって父と暮らしているが毎月の母の
月命日の早朝に仏壇に線香あげて静かに祈っている父には
どうしても聞けない…
60: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 20:28:20
なんかお父さん可哀想だね…
でももう聞いてもいいんじゃないかな

61: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 20:32:30
>>59
なんかお母様のこと考えると、切ないねぇ・・・。
事故でなくとも妊娠中毒症で妊娠中亡くなることはある。

62: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 20:41:55
>>60>>61
ありがとう。叔母も大分体力なくなってから
息も絶え絶えに教えてくれたのですがニュアンス的に
何か大変な事があってタヒんだっぽいんだよね。
父は内助の功が必要なくらい忙しい仕事だったにも関わらず再婚もせず
今でも定期入れに母の写真を入れてるくらいだから
もしかしたら自分が助かる代わりに母がタヒんだんじゃないかと思うとどうしても聞けません…

63: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 20:47:04
お父さんカワイソス(><。)。。

66: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 21:40:11
>>65
うわあああああ、悲しすぎる。

67: 名無しさん@HOME 2006/12/26(火) 22:54:09
62
もしかして、赤ちゃんのとき、生まれてすぐ外国に行きませんでしたか?

68: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 00:42:07
>>67
その事件なら、子どもは男の子だよ。

69: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 01:34:11
>>67-68
どの事件のことか激しく気になる。

70: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 01:44:18
>>67
私も一瞬、頭をよぎったが、それは68が言うように男の子だよ。

71: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 02:14:36
>>68
どの事件かわかんないけど>>62は文体的には女っぽいけど
少なくとも書きこみ自体は女か男か明確な表現がないような?

72: しゃちほこ 2006/12/27(水) 07:43:16
それ、自分も思った。
地元の事件で驚愕したもんだ。

73: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 07:48:15
つーかあの時の赤ん坊は、もう2chに書き込める様な年なのか?
まあとにかく、今まで生きてこられて、本当に良かったな。

74: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 08:23:56
何の事件?

75: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 09:48:20
>>74
妊婦の腹に電話機詰めたってやつじやない

76: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 10:15:16
なっなにそれ?!

77: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 10:15:25
もういいよ。>>59が本当にそうだとしたら残酷だ。

78: 59 2006/12/27(水) 10:39:52
すいません、妊婦に電話って話知らないんですが事件ですか?
それから自分は男です。
子供の頃海外にいたかどうかは分かりませんが物心ついた時からずっと
叔母夫婦の家にいました。でも父は海外転勤を何回かしてました。
だから自分と暮らせなかったんです。

79: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 10:45:09
>>78
知らないほうがいいこともある。
愛情もらって育ててもらったんならそれでいいじゃない。
強くいきて。

80: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 10:47:51
>>59
知らない方が幸せって事もあるけど・・・
上記の事件は、妊婦が無残な杀殳され方をして胎児が助かったって話。
この事件は貴方とは全く関係無いかもしれないよ?
真実はお父様に聞くしかないと思う。

81: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 10:55:19
って、キーワード出ちゃったしちょっと調べればわかっちゃうでしょ。
父親に聞くのは辛すぎると思う。違うことを願う。

82: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:05:46
私も初めて知って今ググってきた。
吐き気がしたわ。。。しかも未解決なんだね。

83: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:07:51
時効になったんだね。>>59もたどり着いてしまったのかな・・・

87: 59 2006/12/27(水) 11:21:20
Wikipediaで読んできました。
多分違います。
事件が起きた年と自分の年齢合いませんから。
でもすごく近い年齢なので妙に自分の感情に当てはめてしまって
涙が止まりませんでした。
自分の母親に会いたい…
産んでくれてありがとうっていうセリフは言えないけど
お腹にいさせてくれてありがとうって言いたかった。

父に聞くと父を悲しませる気がして聞けないんです。
叔父さんに聞くべきかな?

88: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:30:08
>>87
もらい泣きしてしまった。
私も下の子を妊娠中に高血圧のせいで
「自分の命を取るか胎児の命を取るかになるかもしれませんよ」
と医者に通告された時、迷わず自分の命を捧げても子供を産みますと答えたよ。
結果的に2人とも助かったけどさ。
あなたが生きている事がお母さんの愛情の証。
お父さんを大事にね。

89: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:32:07
>>87
違ったみたいで良かった。自分のことだから知りたいという気持ちはわかります。
上記のような事件の可能性もあるけど、覚悟あるなら叔父さんに聞いてみては?

万が一犯人がこのスレを見ていたら、時効に関係なく自首して欲しい。

90: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:39:10
お父さんに聞くべき。
親子の問題なんだしさ。

91: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:48:42
多分違うとあるだけで本当に事件の子だったらどうすんのさ。
第一発見者の父親に聞くなんて相当だよ。
まあ実名出てるから違うっつったら違うんだろうけど。

92: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:52:53
年齢違ういってるやん

93: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:54:55
そんなに59を事件に関連づけたがるのはなぜ?

94: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 11:58:46
面白いからでしょ。
父親に聞くは賛成です。叔父さんだって結局は
部外者だしね

96: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 14:13:02
でも聞いた方がいいと思うよ!

97: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 14:20:14
どういう経緯があったとしても自分の母親のことなんだから
知る権利があるよ。父に聞け。

98: 名無しさん@HOME 2006/12/27(水) 14:35:57
産むときに亡くなったなんて良くある話なのに
さも事件があったかのように考える住人は
つくづく腐ってるね 
引用元:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1164125882/
他サイト生活系人気記事