829 :名無しの心子知らず 2012/07/04(水) 10:35:55 ID:HDo3CmgK
    流れをよまず投下。

    ある日家でのんびりテレビを見てたら、インターホンがなった。
    見てみたら知り合いではないけど、近所でよくみかける女性だった。
    綺麗な人だったから覚えてたんだ。
    どうしたんだろうと、アホな私は無警戒でドアを開けてしまったorz
    最初は「最近引っ越していらした方よね~」から始まるただの世間話で、
    いったい何しにきたんだ??て感じだったんだけど、次第に私の主人の事を
    いろいろ聞いてきたんだ。
    「お仕事は?」「中国の人だって近所の方から聞いたけど?」(引っ越して
    きたといっても半年たってるので、趣味の関係での友達が近所にいる)
    一層何しにきたんだと思っていたら、案の定というか・・・

    449 :名無しさん@HOME 2007/03/27(火) 00:20:38
    待ってる間にひとつコネタを。

    赤がうまれてまもなくのころ、お互い転職したてで、お金が本当になくて、
    畳み掛けるように赤が生まれて、向こうの実家に住んでいた。
    同居のストレス、赤の世話などでタヒぬほど疲れていたとき、
    赤を寝かしつけつつそのまま私もみさえのように畳で寝てしまった。
    しばらくしてフと目を開けると、なんと同居してたクソエ□セクハラウトが寝ている私の上に
    四つんばいになって顔を近づけている。
    心の中で「ぎゃー!」と悲鳴を上げつつ、体は冷静に男の弱点である
    キンタマを渾身の力で蹴り上げた。(ウトは私の体を跨いでいた。最悪)
    「亜くぁw背drfgtyふじこ?!!!!!!」
    声にならない声をあげのたうちまわるウトを尻目に起きて泣き出す赤を抱え
    車で脱出。途中で役所に寄り緑の紙GET。
    実家へ戻り旦那に写メで名前を書いた緑の紙を送り、「実家へ来い」メール。

    ウトには余罪があったので、私の証言はすんなり信じてもらえ、
    ウトもよっぽど痛い目をみたのかその後の交渉には口を出してこなかった。
    お金がなかったのもあり旦那はいまやマスオさん。
    ざまーみろ盾にならなかったからだ。
    子供も両親に懐いてくれたし、二度とあそこにはもどらん。

    549 :名無しさん@HOME 2010/04/22(木) 20:35:58 0
    夫は3兄弟の3番目。次兄も夫も既婚で、最近長兄が結婚した。
    その長兄のお嫁さん、本人曰く「言葉を選べない人」らしい。
    義実家で嫌みったらしいトメと接触すると、爆弾発言の嵐となる。
    たとえば、
    長男嫁「おじゃまします」
    トメ「ただいま、でしょ!ここはあなた達の将来の家でもあるのよ」
    長男嫁「ボロ家潰して駐車場にでもして頂ければ喜んでいただきます」
    トメ「(次男嫁に向かって)香水?主婦の癖に必要なの?」
    長男嫁「うんこ臭いトメさんより、ずっと良いですよぉ」
    トメ「あなた達、子供はまだなの?もしかしたら出来ないの?」
    長男嫁「私はトメさんタヒんだら安心して作ります。」
    こんな感じで、ピッチャー返しみたいに言葉を打ち返すので、トメは
    言い返された言葉の意味が解らず、あとでじわっと怒っている。
    しかし、彼女が現れるまでは、義実家訪問はトメの嫌みのせいで常に
    ピリピリした嫌な雰囲気だったけど、今では「出た~!爆弾発言」と
    盛り上がり、和やかな雰囲気になってきた。
    トメも最近は慣れたみたいで、時々ぷっとか吹き出している。

    891 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/29(金) 19:46:50 ID:/uKvLBYO.net
    体重を聞かれて答えたら、デブじゃねーか痩せろと罵られたとき
    確かに私は160センチ55キロで、数字だけ見ればちょいぽちゃという人もいるかも
    でも実際は筋トレが趣味で腹筋は縦割れしてるし、3サイズはグラ/ビアの公称レベルの体型管理を徹底している
    これまで身体を褒めまくってたのはなんだったのか
    ブスと呼ばれるなら納得できた、事実ブスだから
    でもプライド持って努力してきたことを貶されるとダメだね

    何よりムカつくのはそれを言った元彼が175センチ90キロのデブだということ
    オタク気味であんまり女慣れしてないところが好きだったけど、目の前の彼女より2次元の数字を信じる男なんかいらん

    518 :可愛い奥様 2011/06/18(土) 01:22:29 ID:sjWzgP4p0
    離婚したい。
    「お願いします離婚してください」って何度も言っているんだけど、ハンコ押してくれないorz

    慰謝料払ってでも離婚したい・・・

    どうしてもハンコ押してくれぬ旦那orz

    私の人生が欲しいよーう(´・ω・`)

    828 :その1 2008/09/21(日) 07:24:46 ID:DJAB2SXC0
    流れ読まずに投下します

    彼(26):容姿良し、年の割りに高給取り、有名私大卒で社交的
    私(26):容姿地味だけど普通、と言わせてw、地方公務員、彼とは大学で知り合う
    A子(?):容姿極上、それ以外は知らん。

    彼は20歳の時に彼親の会社が倒産し大学を学費の捻出も含め、
    東京で学生生活をこのまま送れそうに無い状況になっていた。
    同じ学科だったが特に仲良くなかった私だが、なぜか同情してしまい、
    同棲し彼の生活全般のヘルプ&バイト代を彼の学費に当てたりもした。
    私親&彼親とも将来結婚するつもりであると説明し承諾を得ていた。
    もちろん彼も凄く努力して二人とも無事卒業と就職が出来た。

    しかし就職して2年目に彼が暫く自分の時間を持ちたいと言ったので別居した。
    その後互いの部屋を行き来する関係になったが、
    やがて私が日曜日に彼の部屋に行き、家事をするだけの関係になっていた。

    *ここから修羅場話です。
    何時もの様に彼の洗濯物を持って彼の使っている駅で降りると丁度彼がコンビニに入ろうとしていました。
    約束の時間には早かったのですが、暫くぶりに一緒にスーパーで買い物でもしようかと思い声をかけると
    なにやらあわてた様子、どうしたの?聞いている傍からA子が現れた。
    ああ、やっぱり別に女が居たんだなと妙に冷静に挨拶するとA子の方から話をしたいといってきた。
    取り合えず近くのファミレスに移動しA子曰く「決着をつける」事にした。

    793 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/27(土) 12:05:51 .net
    ホワイトデーに香水とアップルパイをリクエストされたので
    部下の女性に頼んで仕事帰りに香水を選ぶため買い物をした。
    部下は嫌な顔をせずにうちの嫁(49才)が好きそうな香水を店員と一緒に探してくれた。
    最終的にHERMESで嫁の好みそうな香水を買った。
    嫁が気に入りの店のアップルパイが売切れで無かったので他のケーキを数点購入。
    嫁が仕事(私立小学校教師)から帰宅したのを待ってリビングに行き香水を手渡そうとした時
    「アップルパイは?」と嫁。
    売切れていた旨を伝えて他のケーキを見せたら「アップルパイがないなら戦争は終わらないからね?」と一言。
    香水を苦心して選んできたよと伝えても反応なし。
    もちろん「ありがとう」の一言もなし。いつもそうだ。だから期待はしなかったが。
    息子はあと一年で大学卒業だし、もう潮時かな…
    こんな結婚は25年にもなる

    775 :名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土) 01:50:12 ID:OdJ
    祖父母はしってるけど故人だからいいよね
    10代に家出してそのまま帰らなかったのが黒い過去だよ。
    両親は駆け落ち当然で親戚や祖父母から勘当されてるのか、見たことがない。
    母親はガチの病弱で家事なんかはものごころついた時には私がやってた。
    小学校卒業間近なのに小柄なのもあるけど20キロ弱しかなくて、栄養が偏って歯が抜けた。
    水でお腹を膨らましていたので噛む力が弱くなったり、ずっと口を閉じているので顎の筋肉が固くなって口が開かなくなったりした。
    今ほど大騒ぎされなかったから担任が数回両親に直談判→諦めるって流れで諦めた
    父はがんばって働いていたけどすごく若いせい?か安月給なのかとにかく貧乏、お祝いやイベントなんてなかった。
    大学行きたかったのに高校資金も危うい言い方されて「このままここにいてもダメだ!」と一念発起して家を飛び出した。全財産は10万ちょい。
    母親の机にあった手帳を取って知らない住所を目指した。
    なんどか補導されたけど途中でひらめいてここの住所に行きたいんです!と話したら連れていってくれた。
    最初は小さい子なんてうちにはいない!と言われてとりつく島もなかったけれど
    私の姿と持ち物を見て(母親のおさがりや私物ばかりだった)家にいれてくれて母親の事を質問攻めにされた。
    後で祖父母だと知ったけどとにかく泣いて抱きしめてくれたのを覚えている。
    そのあと両親は何度か迎えにきたけど祖父母が追い返して私に「両親はタヒんだと思いなさい。」
    「まちがっても戻ってはダメ」と言われ、私が成人するかしないかで母親がタヒんだ、とだけ聞いて葬式にいくか?と言われたがもうどうでも良かった。
    ちなみに祖父母に高校も大学も希望以上の所に行かせて貰いました。
    恩返ししたかったけども大学卒業して半年もしないうちにバタバタと亡くなって、一軒家もいつのまにか私名義になってた。
    遺言もしっかりやっていてくれて知らない親戚が現れたりなんてのもなかったわ。
    後で調べたけど父親も亡くなってた。最近だけど。
    私はイマドキありえないけど義実家や親戚付き合いを密にしてる。
    たよるの前提じゃないけど、何かあったときせめてこっそり心配して通報してくれるような人が欲しいから。
    二人だけの世界を築くのは勝手だけど子供を巻き込むのはだめだよな~と子供たちを見ながら思い出した。

    385 :名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水) 09:16:10 ID:mJC
    小学2年の時に危うく杀殳されかけたこと。
    その日は祖母が急タヒしたので早引けさせてほしいと母から学校に連絡があって
    お昼前に帰ることになった。
    で、走って自宅に向かっていたら突然どこからか男の人が現れて抱えあげられた。
    あまりに突然なことにビックリして大声を出すことも泣くことも忘れてて
    誰!?放して!みたいなことを言いながらただジタバタしてた。
    そしたら急に体が宙に浮いて、直後水に叩きつけられた。
    貯水池に投げ込まれたんだ。
    不幸中の超幸いだったのは、私は小さいころからスイミングスクールに通ってたこと。
    そしてランドセルが脱げていたこと。
    溺れるように泳ぎながら岸辺の方に到着したものの、コンクリートで捕まるところがない。
    でもここでも超幸いだったのはコンクリの裂けめから雑草が生えていて、それに捕まれたこと。
    自分の身に何が起こったのか考える余裕もなくて、そこでやっと大声が出た。
    必タヒで大声で助けを呼び、超超超幸いなことに耳のいい人に発見してもらって助かった。
    警察に色々聞かれたけど、顔を見る余裕なんて全くなかったし
    性別と体型(父より小さくて同じぐらいの太さみたいな)ぐらいしか答えられなかったけど
    犯人は意外とあっさり逮捕された。
    まだ20代の若い男で、ストレス溜まってやったんだって。コ□すつもりはなかったって。
    ただムシャクシャしてたって。
    私も修羅場だったけど、両親にとっては危うく親と子の葬式がダブル進行するところだったから
    もっともっと修羅場だっただろうと思う。
    その頃は車なんて一家に1台あればまぁまぁ裕福って時代だったし
    事情が事情だったから親が学校に迎えにこれなかったのは仕方がないんだけど
    (家から学校までそんなに遠くもなかったし)
    近所には迎えに行かなかった母親の責任と非難する人がいたそうだ。
    しばらくショックでひとりになれなくて、いつも母や父や兄がそばにいてくれたおかげで
    トラウマは克服されたけど、その母を非難した人というのが
    当時一番仲の良かった友達の母親だと後に知った時も別の意味でショックだった。

    395 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/26(火) 09:56:11
    元ヨット仲間の負け組が、貰った嫁が羨ましくてしょうがないんだ。
    趣味でヨットの共同オーナーのチームを組んでいた。その中のAとB。
    AとBは同じ学校を出てて結構仲が良かったけど、俺はBが嫌いだった。
    Aは俺より稼ぐけど、嫁が最悪で家事一切放棄してて子供は引きこもり。
    俺は 鉄道関係に勤めててAより稼ぎはないけど 家庭はまぁ円満。
    Bは会社が倒産して嫁にも捨てられて とうとうヨットチームからも抜けていった。
    Aとはずっと付き合いがあったみたいだけど、俺とは疎遠になっていた。
    この間あったら、50近くになって働きながら大学生やってるとか言ってた。
    正直、馬鹿じゃないかと思ってさ、嫌味言ってやったら笑いながら聞き流された。
    正直情けない奴とか思って見下してたと思う。
    後になってAから聞いた話。
    AはBの家に力仕事の手伝いに行ったらしくて その時に聞いたらしい。
    再就職先は地元ではかなり有名な大手企業だった。
    その後来た嫁は、スゲー美人で仕事上の大会でいくつも賞を取っている才女。
    何枚もの表彰状が部屋に飾られていたらしい。
    しかも、家事を手伝わなくても一言も愚痴いわんとか、料理も美味いとか。
    力仕事なのに率先して手伝うし、時間を見計らって冷たいお茶とか塩分補給とか凄い気遣いしてもらったって感心してた。
    そんな嫁なら、張り合う甲斐もあるだろうな。
    昨日家の前を通りかかったら、車庫にレクサスが止まってたよ。
    俺はというと、職業的にバッシングは多いし、給料は下げられるし、毎日肩たたきに怯えてる。
    嫁は「これ以上給料下がったりリストラされたら実家に帰らせてもらいます」ってさ
    たった数年でなんでこんなに逆転されなきゃならないんだって
    嫁交換したら おれもがんばれる気がするんだ。
    Bの嫁がうらやましくてしょうがないよ。

    このページのトップヘ