10 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/03(日) 21:48:18
    もう十年くらい前だけど俺の高校時代の同級生の話。奥さん不倫してて、相手は同級生が勤める会社の社長。
    証拠不十分で浮気を追及したものだから、奥さん逆切れして、家を出て行った。そして離婚。会社社長と再婚。
    おまけに会社社長から直々に解雇(それも不当な理由で)を言い渡され、同級生は自杀殳未遂まで起こす。
    一命を取り留めた奴は、その後、全く人間が変わってしまい、俺の勤める会社に転職した後は、
    仕事バリバリのエリートとして、ヘッドハンティングを経て、金融関係の幹部になった。
    で、つい最近、リーマンショックによる不況の影響で、同級生のかつて勤めていた会社が傾き始める。
    そして、奥さんの不倫相手である会社社長が追加融資を土下座して頼み込んだ際、
    何の因果か応対した同級生が無碍に断る。(勿論きちんとした理由はあったみたいだけど)
    それどころか、すでに融資していた資金を取り立て、あっという間に会社倒産、社長破産。
    現在、社長は無職になり、狭いアパート暮らし。不倫した奥さんは社長のDVに悩まされているとのこと。
    最近、奥さんが同級生のマンションにまで押しかけたらしいが、当然無視だってさ。
    さっきまで久しぶりに、その同級生と飲んだ際、サディスティックな表情で以上のことを誇らしげに語る奴に、怖気だってしまった。
    ま、因果応報っていうか、社長と奥さんに同情はしない。従業員は可哀相だが。
    ただ、テストのとき、俺が消しゴム忘れたら、頼まれる前に気付いて「貸そうか?」とか、他人の悪口言う際、
    「本人を前にして言えないことは、他人にも言わないほうがいいよ。卑怯じゃん」って言ってた純粋な青年が、
    今じゃ正反対の男になってしまったことに、一抹の寂しさと悲しさを感じる。
    因みに同級生は再婚していない。する予定もなく「裏切られるくらいなら、最初からしないほうがマシだ」と言ってた。
    それ聞いて、なんか泣けちまったんだが、「俺のために涙を流しても疲れるだけだぞ」とか言われちまったよorz

    531 :名無しさん@HOME 2010/04/18(日) 23:04:38 0
    誰もいないかな?
    投下!

    出会ったのは東京だけど、実家が同郷の人と結婚したので正月やお盆は家族一緒に帰省する我が家。
    田舎なので、近所中が知り合いみたいな感じ。
    親戚もお互い気心が知れているので和気藹々としてるけど、やっぱり遠慮がないところがあるのが嫌だった。

    ある年、まだ離乳してない我が子を連れて帰省した際に、授乳ショーを強要されそうになった。
    しかも親戚15名が集まって会食している料理屋さんで。
    座敷がたくさんある田舎の料理屋さんで、
    授乳のために空いている部屋を貸してくれるというから席を立ったのに、
    酔ったウトや年配の親戚連中から無理やり押さえつけられそうになった。
    夫も当然怒ってウト達を〆てくれたが、周りが白けた感じに。
    場の雰囲気が悪くなろうが、いくら義理の両親や親戚であってもやっぱり他人、
    授乳を見せるのは嫌だと抵抗していたら、たまたま向かいの座敷にいた女性が、聞こえるように言った。

    女性「ほらね、ああやって公の場で授乳するように強制するのってみっともないでしょ?
    嫌がってるのに!あなたのおじいちゃんもあなた達が生まれたときに私にアレをさせようとしたのよ」
    女性の子ども(高校生ぐらい・女の子)「えっほんとに?!やだーおじいちゃんサイテー!!!」
    女性の子ども(中学生ぐらい・男の子)「うわっ最悪!ただのエ□ジジイじゃんか」

    それを聞いてウト達我に返ったのか、授乳ショー中断。
    私は子どもをつれて夫と席を立ち、別室へ行って授乳、その後は先に帰らせてもらった。
    女性の一声、ありがたかったなぁ。

    113 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 17:18:14 ID:Bn9RsPjZ.net
    3人目の名付けでもめてます。
    私は上二人と通じる名前で字画も気に入っているのですが、長男(小学生)と同じクラスに同じ名前の子がいる理由で夫から反対されています。
    その子とは同じ幼稚園の出身ですが、本人同士も一緒に遊ぶわけでも無く、私と先方のお母さんも会えば会釈をする位の関係です。
    私としては、同じ名前でも気にする事は無いと思うのですが、そこまで気にするべきでしょうか?
    名前を思いついた後に、知り合いと被っていなかったか?と考えた時に、長男の同級生を思い出しました。

    716 :名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月) 01:49:38 ID:K3d
    虫が苦手な人は回避してー。

    仕事帰りに実家に寄ったら妹その1に「お姉ちゃんいつからハリー◯ッターの世界の住人になったの」と言われた。
    は?自分魔女じゃないですし。むしろ喪女ですし。
    何のこっちゃと思っていたら、妹その2と母まで騒ぎ出した。
    妹その2「ヤバイヤバイってお姉ちゃん!」
    母「はやく!はやく!」
    妹その1「ハリーポ◯ターじゃん!めっちゃハ◯ーポッターじゃん!」
    そのまま私はクリスマスイブに寒空の下に叩き出された。文字通り叩き出された。
    何か棒みたいのでバシバシ叩かれた、泣きたい。
    しかも一連の騒動を妹その2に写真を撮られた。動画まで撮られた。
    やっと入れてもらえた部屋の中で動画を確認したら、「ヤバイヤバイってお姉ちゃん!」という台詞と私の後ろ姿が撮れていた。
    正確には、私の背中にへばりついた巨大な蜘蛛がバッチリ映っていた。
    多分私の手のひらサイズの蜘蛛。
    わぁ~いつからくっついてたんだろ~。職場先からずっと背中に背負ってたのかな~。お姉ちゃん気づかなかったなぁ~。
    リアル秘密の部屋体験をしたのが衝撃的だった。

    507 :名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土) 10:29:54 ID:sP4
    餃子が嫌い。
    そばに存在して欲しくもない。
    でも旦那が餃子大好き。
    なので最大の譲歩として食べたいと言われたときに冷凍の王将餃子を焼く。
    できれば外で食べてきて欲しいけど、それはそれで体臭が餃子になって家に帰ってきてほしくないからどのみち家で食われてもかわらん。
    ホントは餃子の存在抹消したい。


    今朝起きたら家中吐きそうなほど餃子臭い。
    手作り餃子がどうしても食べたくて夕飯のために餃子の種仕込んだんだって。
    冷蔵庫には三キロくらいありそうな種。
    くさいくさい気が狂いそう。夕飯までこのにおいで生きてくの?
    てか食べても体臭3日餃子コースだよ。これ。
    夕飯別のもの作ったら一週間ふて腐れコースだから必然的に私の夕飯絶食コースだよ。
    こんな臭いものよく家に置いておけるってか口に入れられるよな。
    ニンニクとか単品は嫌いじゃないけど
    臭いもの詰め込んでブレンドされた餃子はマジで無理。なんでさらにタレにニンニク入れてんの?
    まじむり今から1ヶ月くらい家でていたいけど、その間さらに餃子臭くなるだけだろうからやめとく。
    臭い。臭い。しにたくなるほど臭い。

    84 :名無しさん@おーぷん 2017/08/04(金) 10:43:00 ID:maS
    妹が結婚して一児の母になり、実家に帰省した時の話
    私も丁度仕事が休みだったので、実家に帰省
    3歳の甥っ子に合うのを楽しみにしてた
    甥っ子は愛想がよくて人懐っこく
    周囲が「抱っこしよう」と声をかけると抱っこさせてくれる子だった

    私は小さい子供なんて扱いなれてないものだから、ずっと抱っこしなかったけど
    3歳くらいなら大丈夫かな?と「おばちゃんにも抱っこさせて」と声をかけた
    甥っ子は喜んで抱っこされたが、持ち上げた時に「!?」と驚いて、私の胸に手を置き固まった
    「どうした?おしっこか?」と思ったが、甥っ子は次に母親である妹を見て、私を見て妹を見て…と交互に何かを見比べていた
    暫くして気づいたが、胸の大きさに驚いてた様子w

    私ハリセンボンの春菜体型でデブ巨乳
    妹ハリセンボンのはるか体型で貧乳

    いつも抱っこさせているメンバーが
    母と姑(スレンダー)、義弟(普通)、父(がっしり)ばっかりだったので
    私の胸に「何これ!?」となったみたいで、その表情に大爆笑した
    妹は「貧乳で悪かったねえ」と苦笑いしていたが、あんなに驚いた表情の甥っ子は初めて見たw
    デジカメで撮っておけば良かったと思うくらい

    571 :名無しさん@HOME 2012/01/13(金) 12:01:46 0
    ちょっとどうしたらいいものか吐き出し。
    兄夫婦は実家で同居してくれていて、兄嫁と私は今までトラブルはなし。
    特に親しくもないけど険悪でもない、うまいこといってる方だと思う。
    兄夫婦には男の子が二人いる。うちは男女の二人。
    兄嫁が3人目おめでたが判明して、お祝いを言いがてら娘を連れて(上の息子は塾)実家へ寄った。
    兄嫁は女の子を欲しがってるのは知ってる。
    女の子の服のコーデや髪を結ったりするのも好きで、うちの娘のこともすごい可愛がって行くとかまってくれる。
    だから3人目は女の子が欲しいんだろうな、と自然にそう思ってた。

    兄嫁に妊娠おめでとうを言ってて、兄嫁が娘に「赤ちゃんがいるのよ」と説明して和やかムードのはずが、
    娘が兄嫁のお腹に耳をつけて「赤ちゃんは男の子だ」と言ったので空気が変わってしまった。
    娘は幼稚園の年少組で園のお母さんでもお腹の大きい人がちらほらいて、園児が中の人の性.別を当てるのが流行ってるらしい。
    4歳児の発言をマジに取られても困る。
    娘の発言聞いた義兄嫁の目がぎゅーんとつり上がって「帰ってくれ」と言われた。
    お茶やお菓子持ってきてくれた母が驚いて、引き止めてくれたけど足をだんだんして「かえって」と言われたので帰った。
    いい大人が園児の前で足をだんだんするとか、私にはありえない行動だから、正直どんびき。
    娘はぽかーんとして傷ついてはいなかったのが幸いだったけど、今後の付き合いが憂鬱。
    それにもし娘の行ったことが当たりで(予言能力があるわkじゃなく二分の一だから)男の子だったら荒れそうで怖い。

    646 :名無しさん@HOME 2017/10/16(月) 15:56:35 0.net
    去年の春先に義兄嫁(妊婦)に頼まれたお下がりを届けに行ったら、放し飼いになってた犬に我が子が噛まれた
    幸い子供の怪我は軽かったから愚痴と怒りを嫁同士スレで吐き出して気分転換できたんだけど
    1年半ほど経った今また、義兄嫁の犬関係でトラブル持ち込まれた
    うちの子を噛んだ時に謝りに来た義兄が犬のしつけ教室に入れたと聞いたのに、また人を噛んだそう
    噛まれたのは義兄嫁のママ友で、義兄嫁は(去年噛まれた)うちの子のせいで噛み癖がついたと言いがかりつけてきた
    うちは1年半前に子供噛まれた時点で縁切り状態なの似、いきなりその電話でびっくりするやら腹が立つやら・・・
    義兄嫁電話はガチャ切りしたけど、腹が立つのでまた書きに来てみました

    343 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/14(土) 21:40:48
    40代のオッサンの愚痴

    下の子が小学生になるので、ちょっと大きな部屋に引っ越すことにした
    3LDKなんで2人の子にそれぞれ自分の部屋を与えると言ったら
    家具のカタログを見て、ベッドや本棚(安い奴だけどね)を
    あれがいい!これがいい!とやるので自分も一緒に趣味の棚を選んだりカーテンを見たりして
    引っ越し前に子どもらを連れて家具やカーテン、寝具を購入した
    特にリビングダイニングはこだわって、
    欲しかったソファーやカーペットや趣味のフィギュアの棚
    好みの広々としたダイニングテーブルを買い込んでほくほくしてた

    そしたら嫁がブチ切れちゃったんだよな
    嫁は在宅で仕事をしてるんだが、その仕事を置く場所が無いとかさ
    PC一台なんだから、ダイニングテーブルでやって食事の時は降ろせばいいじゃん
    書類棚は娘の部屋に置けばいいし、この際だからいらない本は処分すれば本棚もいらないでしょ
    テーブル大きくてレンジも置き場所ないと言うけどさ、ならレンジやオーブンなんて捨てればいい
    いっそ米は土鍋で炊いてくれれば、いつもおいしい飯が食えるじゃん
    そう言ってやったら「私の居場所がここにはない、引っ越したくない」とかおかしいよ
    確かに3つの部屋は俺と息子と娘の部屋だけど、別にどの部屋にも鍵ないし
    日中嫁はひとりでいるんだからどの部屋も使い放題だろうが
    嫁の蔵書はベランダに収納庫があるからそこに突っ込めばいいしな
    とにかく俺や子は喜んでるのに、嫁がひとりで水を差してる状態
    明日には引っ越しでこの家の契約も切るんだが、どうすればいいんだかわからん

    727 :名無しさん@おーぷん 2017/12/28(木) 17:35:47 ID:7pA
    先日、姉夫婦の所に子ども(甥)が産まれた。
    両親族が子どもに会いに来たが、義兄両親が言葉を失う位驚いた。産まれた子がクローンか?と思うレベルで義兄にそっくりだったから。
    当時の写真も見せて貰ったが、思わず笑ってしまうほどだった。
    逆に、姉には余り似ていなかった。その事実を知った姉は思わず「本当に私の子かしら」と漏らした。
    いや、人口受精とかじゃないしどう考えてもあんたの子だよ!と関係者一同突っ込んだ。
    男性が本当に俺の子か?ってのは聞くが、まさか産んだ直後の女性から聞くとは思わなかった

    このページのトップヘ